中国No.1のバーチャルシンガー 洛天
依、初音ミクと初コラボ

中国で人気No.1のバーチャルシンガー・洛天依と日本の人気No.1のボーカロイド・初音ミクが、7月19日に上海メルセデス・ベンツアリーナで行われた中国最大規模のライブイベントシリーズ<BILIBILI MACRO LINK – VISUAL RELEASE 2019>で初めてコラボパフォーマンスを披露した。
<BILIBILI MACRO LINK – VISUAL RELEASE 2019>には、洛天依、初音ミクをはじめ、キズナアイ、白上フブキ、HIMEHINAなど多くの人気キャラクターが出演。
洛天依は作曲・上田剛士(AA=)作詞、大森靖子によるオフィシャル日本語詞楽曲第一弾「ピンクブルー」を含む約10曲を披露した。アンコールで再び登場した洛天依は初音ミクの代表曲「ロミオとシンデレラ」を日本語で歌唱、初音ミクが「四秒之眷」を中国語で披露と、お互いの代表曲を歌い合い、アンコールラストでは、洛天依と初音ミクが同じステージに登場し「B WITH U」「再来一杯」を共演した。

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。