全英シングル・チャート、ショーン・
メンデス&カミラ・カベロが1位

今週のUKシングル・チャートは、ショーン・メンデスとカミラ・カベロのデュエット「Señorita」が先週の2位から上昇し、チャート・イン後3週目にして1位を獲得した。カミラにとっては「Havana」(2017年)、メンデスにとっては「Stitches」(2015年)に次ぐ、それぞれ2枚目の全英No.1シングルとなった。
代わって、先週まで8週連続でトップをキープしていたエド・シーラン&ジャスティン・ビーバーのコラボ「I Don’t Care」が2位に後退。同じくエド・シーランとカリードのコラボ「Beautiful People」が3位をキープした。

今週は、ポスト・マローンとヤング・サグの「Goodbyes」が5位に初登場。これら4曲ほか、Lil Nas Xとビリー・レイ・サイラスの「Old Town Road」(7位)、シーラン、チャンス・ザ・ラッパー、PnBロックの「Cross Me」が8位、シガーラ&ベッキー・ヒルの「Wish You Well」(9位)がトップ10内に留まり、今週はコラボが10曲中7曲を占めた。
アルバム・チャートは、ルイス・キャパルディの『Divinely Uninspired To A Hellish Extent』が先週の2位から再浮上し、計6回目の1位に輝いた。先週トップに初登場したカイリー・ミノーグのベスト盤『Step Back In The Time: The Definitive』は2位に後退し、90年代後半、「Lifted」「High」「Raincloud」などがヒットした英国のデュオ、ライトハウス・ファミリーの18年ぶりの新作『Blue Sky In Your Head』が3位に初登場した。

今週新たにトップ10入りしたのは、ライトハウス・ファミリーのみだったが、映画『ボヘミアン・ラプソディ』のサウンドトラックが13位から7位、エド・シーランの『÷』(2017年)が15位から9位に再浮上している。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」