7月4日 at 渋谷クラブクアトロ

7月4日 at 渋谷クラブクアトロ

【ブギ連 ライヴレポート】
『ブギ連LIVE 「ブギる心」』
2019年7月4日 at 渋谷クラブクアトロ

7月4日 at 渋谷クラブクアトロ
7月4日 at 渋谷クラブクアトロ
7月4日 at 渋谷クラブクアトロ
7月4日 at 渋谷クラブクアトロ
 ブルースの巨人、ジョン・リー・フッカーの名曲「ブギ・チレン」から名付けられた“ブギ連”。6月26日にリリースされた1stアルバム『ブギ連』はミシシッピ・ブルースをベースにしたオリジナルのブルースやブギが収録された、テンションの高い歌と演奏が鋭い切れ味で迫るアルバムだ。ブルースバンドとして唯一無二の活動を行なってきた憂歌団のギタリスト、内田勘太郎(Gu)。そして、ザ・クロマニヨンズでカリスマ的な人気を持つ甲本ヒロト(Vo&Hp)。このふたりが結成したブギ連の魅力がさらに増幅されたライヴ『ブギる心』が、7月4日に渋谷クラブクアトロにて開催された。

 ステージに登場した瞬間から大歓声で迎えられるふたり。いきなり内田勘太郎のスライドギターが始まり、すかさず甲本ヒロトがそれに乗せて歌い始めると一気に空気が変わる。どっぷりとブルースに浸りながら、そこから生まれる緊張感と解放感がたまらなく心地良い。特に曲の小節数を気にすることなく、自由に弾きまくる内田のスライドギターはとてつもなくワイルドだ。感情がそのままほとばしるようなプレイに、目と耳が釘付けにされてしまう。そして、ヒロトのセクシーでパワフルなヴォーカル、ダイナミックなハーモニカも強烈な魅力を発揮! シンプルなメロディーから多彩な表情を生んでいく。

 ヒロトの叫びと内田のスライドギターが爆発する「闇に無」、切ない旋律が胸に染みる「軽はずみの恋」など、アルバム『ブギ連』収録曲を中心に披露。妖しげな「ヘビが中まで」、ギターとハーモニカの掛け合いが刺激的な「オイラ悶絶」「腹のほう」といった濃い曲が次々に演奏され、歌もギターも削りたての金属のようにギラギラしている。

 “普段、レコーディングをしますとその曲はそのように定着し、毎回同じように演奏できるはずなんですが、ブギ連に至りましては毎回違うので”というヒロトのMC通り、ライヴごとにその場の空気が反映され、即興が加わって曲のサイズも聴こえ方も異なっていく。それがブギ連の持ち味であり面白さだ。

 日本語のオリジナルブルース満載のブギ連が響かせた、ディープでスリリングなライヴ。次に観る時にはまた違う感動を与えてくれることだろう。

撮影:柴田恵理/取材:岡本 明


セットリスト

  1. 現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」
  • V-MUSIC

新着