希望と太陽のロックバンド(三宅伸治・石塚英彦・山崎まさよし)

希望と太陽のロックバンド(三宅伸治・石塚英彦・山崎まさよし)

夏フェス『FREEDOM』に
三宅伸治、石塚英彦、
山崎まさよしによる
“希望と太陽のロックバンド”出演

7月20日(土)・7月21日(日)に宮崎・青島こどものくにで、大型野外フェス『FREEDOM beach 2019 in AOSHIMA』が開催。“宮崎を元気にしよう!”という同じ趣旨で2012年に立ち上がったもう一つの宮崎発信の夏フェス『希望と太陽のロックフェス』から、“希望と太陽のロックバンド(三宅伸治石塚英彦山崎まさよし)”が2日目の7月21日(日)に出演することが決定した。

同イベントは、宮崎が口蹄疫や鳥インフルエンザで大きな被害を受けた際に“宮崎を元気にしよう!”というスローガンを掲げ、復興支援イベントとしてアーティストMINMIが中心となり2011年にスタートさせたもの。

2018年に、宮崎県宮崎市の青島リゾートに会場を移し、“日本一ビーチに近いフェス”として装いも新たに『FREEDOM beach』の名称で再出発、今年で9回目を迎えた。

“自由”というコンセプトのもとに、ジャンルにとらわれない多くのアーティストが趣旨に賛同して共演するこのフェスは、今年もHIPHOPテイストのパフォーマンスが魅力のTHE RAMPAGE from EXILE TRIBEといった若き才能から、誰もが知る名曲を数多く抱えた伝説のロックバンドT-BOLANまでが出演。他に類を見ないバラエティに富んだラインナップも毎年話題となっている。

また他県から家族旅行として訪れても楽しめるように、ヨガ体験やリバーSUP、貝の表札づくりなど地元に根ざしたアクティビティ、宮崎牛・宮崎地鶏など、宮崎の名産素材をふんだんに味わえるフェス飯に至るまで、とことん宮崎に特化している。

そんなコンセプトだからこそ、開催を重ねる度に徐々に宮崎で受け入れられ、“宮崎のいいところ=魅力を満点に感じられる”という口コミから、日本各地のオーディエンスが集まる音楽イベントとなった。その風土を存分に感じながら、目の前に広がる真っ青な海と心地いい音楽を楽しめる“地方×夏フェス”を体現したこのフェス。ぜひ体感してみては。

『FREEDOM beach 2019 in AOSHIMA』

7月20日(土)・7月21日(日)
宮崎・青島こどものくに 
開場11:00 開演12:00

<7月20日(土)出演者>
MINMI/RED SPIDER/AK-69Def Tech清水翔太
BESベリーグッドマンちゃんみなNOBUGADORORIRIAwich畠山みれいHAND DRIP/BALLISTIK BOYS/徳田耕太郎(フリースタイルフットボーラー)/天竺鼠(MC)/EXPG STUDIO MIYAZAKI (opening act)

<7月21日(日)出演者>
MINMI/THE RAMPAGE from EXILE TRIBE/T-BOLAN/希望と太陽のロックバンド(三宅伸治・石塚英彦・山崎まさよし)/H ZETTRIOSEAMOシクラメンCOLOR CREATIONIkkyuBUZZ-ER./東京力車/みゆな/徳田耕太郎(フリースタイルフットボーラー)/天竺鼠(MC)

<チケット>
■1日券 前売りチケット
・一般 ブロックA(スタンディングエリア)¥7,800 / ブロックB(くつろぎエリア)¥7,800
・学生(中・高・大 / 学生証提示)ブロックA(スタンディングエリア)¥5,000 ※枚数限定

■2日券 前売りチケット
・一般 ブロックA(スタンディングエリア)¥13,000
・学生(中・高・大 / 学生証提示)ブロックA(スタンディングエリア)¥9,000 ※枚数限定
希望と太陽のロックバンド(三宅伸治・石塚英彦・山崎まさよし)
『FREEDOM beach 2019 in AOSHIMA』
T-BOLAN
THE RAMPAGE from EXILE TRIBE

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」