配信シングル「Tiny Bird」

配信シングル「Tiny Bird」

GLIM SPANKY、
新曲「Tiny Bird」が
ドラマ『警視庁・捜査一課長』
2週連続SPの主題歌に

GLIM SPANKYが新曲「Tiny Bird」を7月7日(日)デジタルリリースすることが決定! さらに、『LOOKING FOR THE MAGIC Tour 2019 "EXTRA SHOW"』の7月7日(日)新木場STUDIO COAST公演にて同曲を初披露することもアナウンスされた。

「Tiny Bird」は7月7日(日)と7月14日(日)に2週連続で放送される、テレビ朝日系列『警視庁・捜査一課長 新作スペシャルI』と『警視庁・捜査一課長 新作スペシャルII』の主題歌。公開されたドラマのPR動画では、いち早く新曲「Tiny Bird」を聴くことができるので、早速しよう。

また、GLIM SPANKYの楽曲「美しい棘」「All Of Us」「Looking For The Magic」は、これまでにも『警視庁・捜査一課長』の主題歌に起用されている。『警視庁・捜査一課長』は、2012年7月に土曜ワイド劇場からスタートし、2016年4月クールの木曜ミステリー枠で連続ドラマとして羽ばたいた人気シリーズ。“連ドラの鉄人”の異名を誇る俳優・内藤剛志が1年ぶりに、ヒラ刑事から這い上がってきた“叩き上げ”の捜査一課長・大岩純一を熱演する。

この新曲「Tiny Bird」に対して、松尾レミ(Vo&Gu)は“誰もが常に、様々な“はじまり”を経験して生きていきます。何かを始めるには力がいるし、その時の空気ってとっても神聖に思えます。いつでも踏み出すのは恐いもの、でも震えながら進むことが美しいと思っています。誰かの背中をそっと押せたら幸せです”、亀本寛貴(Gu)は“過去3回に引き続き今回も『警視庁・捜査一課長』に曲を書き下ろすことができて嬉しいです。個人的に今回の楽曲はストリングスやピアノをふんだんに使った70年代のロックテイストを現代的に仕上げた楽曲になったと思います。是非聴いてください!”とコメントしている。

なお、GLIM SPANKYは6月22日に台湾で『LOOKING FOR THE MAGIC Tour 2019 in Taipei』を行ない、現地の観客を王道ロックで魅了。6月29日(土)には初の香港TTNで『LOOKING FOR THE MAGIC Tour 2019 in Hong Kong』を開催するなど、海外でも勢いを増している。
■『警視庁・捜査一課長 新作スペシャル』PR動画
https://www.tv-asahi.co.jp/ichikacho_sp4/#/?category=drama
■『警視庁・捜査一課長 新作スペシャルI』
https://www.tv-asahi.co.jp/ichikacho_sp4/#/?category=drama
■『警視庁・捜査一課長 新作スペシャルII』
https://www.tv-asahi.co.jp/ichikacho_sp5/#/?category=drama
(c)テレビ朝日
配信シングル「Tiny Bird」2019年7月7日(日)配信リリース
配信シングル「Tiny Bird」
GLIM SPANKY
『警視庁・捜査一課長 新作スペシャル』(C)テレビ朝日
『警視庁・捜査一課長 新作スペシャル』(C)テレビ朝日
『警視庁・捜査一課長 新作スペシャル』(C)テレビ朝日
『警視庁・捜査一課長 新作スペシャル』(C)テレビ朝日
『警視庁・捜査一課長 新作スペシャル』(C)テレビ朝日

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着