吉田輝星の出場決定! 『フレッシュ
オールスター』の出場選手が発表

日本野球機構(NPB)は、7月11日(木)に開催される『プロ野球フレッシュオールスターゲーム2019』の出場予定選手を発表した。
一流選手が勢揃いする『オールスターゲーム』に対して、若手の登竜門としての意味合いが強い『フレッシュオールスターゲーム』。プロ入り後、頭角を現わし始めた新人スター選手が脚光を浴びる絶好の機会となり、前年のドラフトを賑わせた注目株が名を連ねる。
2018年のドラフト1位選手の中で、出場を予定しているのは以下の選手。
【イースタン・リーグ選抜】
・清水昇投手(東京ヤクルトスワローズ)
・松本航投手(埼玉西武ライオンズ)
・吉田輝星投手(北海道日本ハムファイターズ)
・藤原恭大外野手(千葉ロッテマリーンズ
【ウエスタン・リーグ選抜】
・小園海斗内野手(広島東洋カープ)
・根尾昂内野手(中日ドラゴンズ)
中でも、最も注目度が高いのが吉田輝星投手だ。
吉田輝星投手と言えば、2018年夏の甲子園において6試合合計62奪三振の気迫のピッチングで、秋田県立金足農業高校を準優勝に導いた立役者。ドラフト1位で北海道日本ハムファイターズに入団した後も、その人気は衰えることがなく、6月12日(水)の広島東洋カープとの交流戦で1軍のプロ初登板初勝利を飾っている。その勢いにのり、『フレッシュオールスターゲーム』でどのような活躍をみせるか楽しみだ。
今年は楽天生命パーク宮城(宮城県)での開催となった。監督はイースタン・リーグ選抜が高田誠(読売ジャイアンツ)、ウエスタン・リーグ選抜の監督が平田勝男(阪神タイガース)。出場予定選手は次のとおり。
【出場者】
<イースタン・リーグ>
■投手
戸郷 翔征(読売ジャイアンツ)
清水 昇(東京ヤクルトスワローズ)
中村 稔弥(千葉ロッテマリーンズ)
中川 虎大(横浜DeNAベイスターズ)
松本 航(埼玉西武ライオンズ)
本田 圭佑(埼玉西武ライオンズ)
吉田 輝星(北海道日本ハムファイターズ)
鈴木 遼太郎(北海道日本ハムファイターズ)
■捕手
岸田 行倫(読売ジャイアンツ)
石原 彪(東北楽天ゴールデンイーグルス)
■内野手
宮本 丈(東京ヤクルトスワローズ)
茶谷 健太(千葉ロッテマリーンズ)
伊藤 裕季也(横浜DeNAベイスターズ)
知野 直人(横浜DeNAベイスターズ)
西巻 賢二(東北楽天ゴールデンイーグルス)
西川 愛也(埼玉西武ライオンズ)
野村 佑希(北海道日本ハムファイターズ)
■外野手
山下 航汰(読売ジャイアンツ)
中山 翔太(東京ヤクルトスワローズ)
藤原 恭大(千葉ロッテマリーンズ)
小郷 裕哉(東北楽天ゴールデンイーグルス)
<ウエスタン・リーグ>
■投手
馬場 皐輔(阪神タイガース)
齋藤 友貴哉(阪神タイガース)
吉住 晴斗(福岡ソフトバンクホークス)
板東 湧梧(福岡ソフトバンクホークス)
張 奕(オリックス・バファローズ)
島内 颯太郎(広島東洋カープ)
梅津 晃大(中日ドラゴンズ)
山本 拓実(中日ドラゴンズ)
■捕手
片山 雄哉(阪神タイガース)
石橋 康太(中日ドラゴンズ)
■内野手
熊谷 敬宥(阪神タイガース)
小幡 竜平(阪神タイガース)
増田 珠(福岡ソフトバンクホークス)
三森 大貴(福岡ソフトバンクホークス)
頓宮 裕真(オリックス・バファローズ)
中川 圭太(オリックス・バファローズ)
林 晃汰(広島東洋カープ)
小園 海斗(広島東洋カープ)
根尾 昂(中日ドラゴンズ)
■外野手
根本 薫(オリックス・バファローズ)
正隨 優弥(広島東洋カープ)

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」