6月22日@東京・代官山UNIT

6月22日@東京・代官山UNIT
andropが全国ツアー『one-man live tour 2019 “daily”』のファイナルを6月22日に代官山UNITで行ない、9月に東名阪のライブハウスツアー『one-man live tour “angstrom 1.0 pm”』の開催を発表した。

アルバム『daily』を携えて開催した『one-man live tour 2019 “daily”』は各公演とも即日ソールドアウト。ツアーファイナルとなる代官山UNITにはプレミアチケットを手にしたファンで溢れた。

「Blue Nude」で幕を開けたライブは全編を通して『daily』の世界観を表現。「Saturday Night Apollo」「Blanco」「Canvas」「Hikari」など、アルバム収録曲を次々に披露した。

アンコールで内澤崇仁(Vo&Gu)は“ライブハウスってのは本当に良いですね。この代官山UNITっていう場所は非常に思い入れのある場所で、「Voice」(2013年)のミュージックビデオを撮ったのもここでした。5周年のライブをやったのもここでした。初めてのワンマンライブをやったのもここでした”と想い出の場所でのライブを振り返った。

そして“僕らの音楽はいつでもあなたの側にいるつもりで作っていて、再生ボタンを押せばすぐ近くに行くので、すぐに鳴らしてください”と話し、「Home」を歌唱。andropの”今”を表すとともに、10周年におけるファンとの距離感を感じることができるライブとなった。

この日、公演のMCでは9月7日(土)東京・LIQUIDROOM公演を皮切りに、東名阪のライブハウスツアーを開催することを発表。本ツアー同様にこちらもチケットが争奪戦となることは間違いない。2020年1月に東京・人見記念講堂にて開催する10周年アニバーサリーワンマンライブ『androp -10th.Anniversary live-』もチケット先行販売にて高倍率となっており、こちらもすでに入手が困難となっている。
photo by 笹原清明

【ライブ情報】

■『one-man live tour 2019 "angstrom 1.0 pm"』
9月07日(土) 東京・LIQUIDROOM
9月16日(月・祝) 愛知・NAGOYA CLUB QUATTRO
9月23日(月・祝) 大阪・BIGCAT
<チケット>
スタンディング¥4,500(税込)※別途ドリンク代不要
※6歳以下の入場不可
※詳細はオフィシャルサイト(http://www.androp.jp/)をご覧ください。

■『androp -10th. Anniversary live-』
<2020年>
1月11日(土) 東京・人見記念講堂
1月12日(日) 東京・人見記念講堂
◎各プレイガイド先行実施中
チケット代:指定席¥6,000(税込)
※6歳以下の入場不可
※詳細ページ http://www.androp.jp/news/detail/3487

【アニバーサリーブック『androp 10th ANNIVERSARY BOOK(仮)』】

デビュー10周年を記念したAnniversary Bookの発売が決定!(数量限定販売)
マンスリー・マガジン『バァフアウト!』にて、2012年より継続して掲載してきた連載記事、同誌にてリリース毎におこなってインタビュー記事、これまでのライブ&バックルームフォトとオフショット、最新インタビューと撮りおろし写真などを収録する。

発売日:9月上旬予定
頁数:120P予定
定価:¥2,000+税
購入特典:購入者だけが観られる限定ムーヴィー (詳細は後日発表)

◎ご予約はこちら https://store.emtg.jp/androp/products/detail.php?product_id=19101

6月22日@東京・代官山UNIT
6月22日@東京・代官山UNIT
6月22日@東京・代官山UNIT
6月22日@東京・代官山UNIT
6月22日@東京・代官山UNIT
6月22日@東京・代官山UNIT
6月22日@東京・代官山UNIT
androp 10周年ロゴ

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着