内田真礼

内田真礼

【内田真礼 インタビュー】
ガツン!と“内田真礼らしい”と
呼べる楽曲

みんなを引き連れて
次のステップに行きたい

声優デビューしてもうすぐ10年、ソロアーティストとしては4月にデビュー5周年を迎えましたが、それを踏まえ、今はどんなお気持ちですか?

これまで大きな波にもまれながらやってきて、やっと“これがあるから頑張れる”という基盤ができてきたのではないかと思います。

それが音楽活動であると?

音楽活動もそのひとつという感じです。音楽活動をスタートした時は、役としてキャラクターソングを歌うことはできても、自分自身の声で歌うことには自信が持てずにすごく悩みました。でも、今はステージに立てば“ここにいるのが好きだな”と思えるし、みんなを引き連れて次のステップに行きたいですし、もっとみんなを楽しませたい。その責任を負うことすら、楽しいと思えるんですよね。座長というか、それこそ船長みたいな。そんな私に、みなさんが頑張って力を貸してくれるから、チーム内田真礼として大きなものを作っていくことが楽しくて。私の力になるし、ある意味で癒しでもあります。

良い循環ができているということですね。

はい。声優という職業はストイックな面があって…例えば戦争ものなど人の生き死にを描いた作品に携われば、心を持って行かれますし、青春の恋愛ものだったとしても、役の一喜一憂に心を揺り動かされる。だからこそ、本来の自分自身と向き合う場所を持つことが大切で、私にとって内田真礼名義の音楽活動がその場所です。どちらもあることで自分が保てているようなところがあり、役者というものに依存しすぎないでいられると思っています。

声優も音楽活動も…それこそ野球も、内田真礼という車を動かす車輪のひとつということですね。

まさしくそういう感じですね。車輪がひとつでも欠けると走れなくなるように、私には全部が必要です。最初はバンやワゴンのような車に仲間数人と乗っていたけど、どんどん乗る人が増えていきました。そうやって基盤ができたことで、今は大きな船に乗り換えることができたという感じです。

武道館の次の目標はありますか?

以前から言っているのは、横浜アリーナでワンマンをやることです。アーティスト活動で初めて立った大きなステージが横浜アリーナだったんですよ。それまではリリースイベントなどで400人くらいの前で歌っていたので、横浜アリーナの大きさと観客数のギャップに驚いてしまって、これから1万人以上の前に立つのかと思ったら、怖くて震えてボロボロになってしまいました。その後もイベントなどで何度か横浜アリーナには出ていますが、あのステージに立つと苦い経験を思い出して、今でもソワソワしてしまうんです。そういう思い出の地でもあるし、リベンジと言うわけでもないですけれど、自分の名前を背負って立ってみたい会場ですね。

そういう失敗のほうが、よく覚えているものですよね。

そうですね。昨年のツアーでは最終日の大阪公演で、開演前から大泣きしてしまって(笑)。

早すぎ!

メンバーと円陣を組んでいる時に“うぇ〜ん”って(笑)。実は本番中もお客さんに気づかれないようにしながら、ずっと泣いていたんです。でも、ライヴは、私の場合は声優がメインにあるから常にあるものではないんです。ツアーと言っても多くて3本ですし、“もしかしたら今年はこれが最後のライヴかもしれない”と思うと、その1本に込める想いが桁違いに重くなるんです。今日出会えたファンと次に会えるのは半年後だと思ったら、この1本はなんて貴重なんだろうと。

その想いが伝わっているから、ファンも付いて来てくれるんでしょうね。

だからこそ、もっと全力で!と思っちゃうんです。これからも一本一本に想いを込めるし、想いのこもったステージという部分には自信を持っているので、期待していてほしいですね。

取材:榑林史章

シングル「鼓動エスカレーション」2019年7月10日発売 PONY CANYON
    • 【初回限定盤(DVD付)】
    • PCCG-01789
    • ¥1,750(税抜)
    • 【通常盤】
    • PCCG-70456
    • ¥1,250(税抜)
内田真礼 プロフィール

ウチダマアヤ:12月27日生まれ、東京都出身。TVアニメ『さんかれあ』で初主役を務めると、TVアニメ『中二病でも恋がしたい!』で知名度を上げ、2014年の『第8回声優アワード』にて新人女優賞を受賞した。また、14年4月にシングル「創傷イノセンス」で歌手としてもデビューを果たし、19年1月1日には日本武道館単独公演を成功させた。内田真礼 オフィシャルHP

「鼓動エスカレーション」MV
(Short ver.)

「Flag Ship」(試聴ver.)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」