今週土曜はルーフトップ付のリノベホ
テルで音楽・アート・フードが楽しめ
るイベント<O.N.E>が楽しいかも

昨年11月に上野公園で野外音楽フェスを主催したことで話題になっているカルチャーコミュニティ『SHAKE HANDS(シェイクハンズ)』が主催するイベント<O.N.E>が6月22日に開催。音楽・アート・フードなど様々な楽しみ方ができる内容になっている。
まず音楽では、今年3月にデジタルシングルをリリースし話題になっている
のボーカル、
のソロセットや、横浜出身のメロウなトークボクサーこと
(
) 、東京のインディシーンを賑わすポップバンド
など、多彩なアーティスト6組がラインナップ。
会場は目黒にあるリノベホテル「CLASKA」の屋上とギャラリースペースとなり、開放的な屋上や装飾されたギャラリースペースでは、
のPV制作から
の写真展まで、動画~写真と幅広く活動するクリエイター「RISA NISHIMURA」さんや、アンティークのカルチャー誌の展示・販売を行う「本屋 風」など多数の展示が予定されている。
フードはPOPEYEにも掲載され各所で人気の「流しのビリヤニ」、台湾スイーツの豆花(トウファ)を提供する「DOUHUA SUPPLY」の出店、さらに音楽レーベル「Vegetable Record」が提案する、プレイリストが持ち帰れるクラフトビールなど、その他にも掲載しきれないほどコンテンツ盛りだくさんなイベントとなっている。
新進気鋭な音楽やアート・フード・カルチャーなど、見どころ盛り沢山の <O.N.E> へ、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

前回開催のアフタームービー

イベント情報 「O.N.E」by SHAKE HANDS 2019.06.22 sat.|@Hotel CLASKA|15:00-21:00 [Live] ・蔡忠浩(bonobos) ・鶴岡龍(LUVRAW) ・South Penguin ・浮(BUOY) ・森永陽実 ・SHIPSODA [DJ] ・DJ 最高の夏(Sunday Disco Session) ・KUWA(BYE CHOOSE) ・樹里(Parklife/BYE CHOOSE) ・馬場宏樹(SHIPSODA) ・fandation(phantom) ・Kazuki & Asshi(HISO) [Contents] ・RISA NISHIMURA(Photo Exhibition) ・本屋 風 / kazebooks(アンティークブックの展示・販売) ・HOOH(グラフィックデザイナー) [Food/Drink] ・流しのビリヤニ(POPEYE掲載、売り切れ御免の絶品ビリヤニ) ・美菜屋(モデルで料理家、浅野美奈弥さんの手料理を販売) ・DOUHUA SUPPLY(台湾スイーツ豆花の販売) ・Vegetable Record Food [空間演出] ・大島エレク総業 [Shoot] ・Photo|TOYOHIRO MATSUSHIMA(Photo Creator/コペルズ) 【Ticket Information】 前売り:2,800円(1drink別) 当日:3,500円(1drink別) 購入はこちらから https://one-summer.peatix.com/ 詳細はSNSで随時更新されます Instagram|Twitter — 心を動かす“ヒト・コト・モノ・オト”を「O.N.E」で共有しよう。 O.N.E by SHAKE HANDS(1月)の様子はこちらの動画でチェック! 動画Link —

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着