King Gnu『The hole』愛で心の隙間は埋められるのか

King Gnu『The hole』愛で心の隙間は埋められるのか

King Gnu『The hole』愛で心の隙間は
埋められるのか

彼らの歌う"愛"とは?
YouTubeにて突如センセーショナルなPVを公開し大きな反響を得たKing Gnuの『The hole』。
観る者を惹きつけるストーリーで高い評価を集めているが、注目したいのはやはりその歌詞。映像を見ながら言葉を噛みしめるように聴くと、一人でわーっと泣き出したくなるような煽情性がある。
彼らがこの曲で描こうとしたことは、人を愛するということは一体どういうことだろうか。
 
誰かを愛した時、自分の世界は変わる
例えば、誰かを好きになったときや、恋人同士になったとき、普段と同じはずの日常の景色がふと違って見えたことはないだろうか。
今まで何とも思っていなかったものに感動したり、妙に美しく見えたりすることがあるだろう。相手のことを考えるだけでどことなく優しい気持ちになれるものだ。
もちろん、世界そのものが大きく変わったわけではない。すべては、あなたの心の変化によるものだ。曲の序章を飾るこの歌詞は、そんな恋心を柔和に表現している。
恋の始まりは誰しも浮足立ってしまうものだ。しかし、そんなハッピーな状態は決して長続きすることはない。
相手を知れば知るほど、愛が深くなればなるほど、幸せな感情だけで解決できない事態に直面することになる。
 
守るべきは相手か、それとも…?
愛する人が何かに傷ついているとき、何か大きな悩みを抱えているとき、あなたならどうするだろうか。おそらく多くの人が相手を慰めようとあれこれ試行錯誤することだろう。
しかしそれは果たして、愛する「あなた」のためにやっていることだろうか。その人に対する自分の気持ち、「愛」を守ろうとはしていないだろうか。
大切な人を救いたい、支えになりたい、理解したいと思うことは人として正しいことだ。誰だってそうしたいと願い、行動してしまう。
だが、それが本当に相手のためになるとは限らない。相手があなたに望むことはもっと違うことかもしれないし、そもそもあなたの救いの手を求めているとは限らないのだ。
それでも人は、何とか相手のために何かをしてあげたいと思ってしまう。相手のため、相手のためと思いながら、自分の気持ちを守るために行動してしまう。
その結果、相手が望んでいない助言をしてしまったり、何かを押し付けてしまったりして、更に傷つけてしまうこともあるだろう。
そしてそれが更に空回りすれば、強い言葉で追い詰めてしまったり、思ってもいないようなひどい言葉を投げつけたりしてしまう事にさえなり得る。
一度開いた心の隙間を埋めることは難しい。小さくすることができたとしても、いつかまた大きく開いてしまう事もあるだろう。
そして、相手のそれを埋められるのは自分であるとは限らない。その隙間を埋めるために、相手が違う誰かを求めることもあるのだ。
大切な人の「傷口」になるということ
この曲の歌詞で最も印象的な、「僕が傷口になる」というキーワード。“誰よりもあなたの痛みを理解したい”、“あなたをその痛みから守りたい”、“誰よりもあなたの側にいたい”という切実な願いが感じられる。
きっと自分なら、傷口を癒し塞ぐことができる。いたずらに傷を抉ろうとする何かから、守ることができる。そんな純粋無垢な愛情から生まれた言葉なのだろう。
しかし、傷口は扱いを誤れば治らずに悪化することがある。ふとしたことで再び裂けることもある。傷が治っても、それが痕になって永遠に残ることさえある。
一歩間違えれば、相手をさらに傷つけてしまうかもしれない。自分も辛い思いをするだろう。それでも、“ただ、誰より愛しているあなたの側にいたい”、“あなたにそれを受け入れてほしい”という痛切な願いが込められている言葉なのだ。
彼らの"愛"は本物だった
PVの主人公である2人の男女。複雑な関係ではあるが、おそらくこのキーワードがすっかり当てはまるほど愛し合っているはずの2人なのに、悲劇的な結末を迎えてしまう事になる。
どうか、映像の美しさだけに流されることなく、歌詞を口ずさみながらもう一度観てほしい。彼らの物語が、ただの悲愛ではないことを確かめて頂けないだろうか。
TEXT 島田たま子

アーティスト

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen