【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>OVE
R ARM THROW、パンクの痛快さ、同時
にメロディの良さもギラギラ

SATANステージでWANIMAのライブがまだ続くなか、EVILステージのトリを任されたのがOVER ARM THROW
「横浜代表、ライブハウス育ち、OVER ARM THROW開催しまーす」
WANIMAのおなじみの開催宣言を、まんまパクるという大胆さでライブは始まった。ライブハウスで培ってきた力量をフルに発揮しながら、「By yourself」から「Dessert Window」などキラー・チューンを連発。菊池信也、鈴野洋平、寺本英司、彼ら3人が放つバンド・サウンドの小気味よさは、日本のメロディック・パンクの創世記を今に継承するスタイルだろう。変にスタイリッシュになることも、様々な要素をミックスして妙な色気に走ることもない。キレのある鋭利な音はパンクの痛快さを思いっきり感じさせ、同時にメロディの良さもギラギラに光る。

「あとはOVER ARM THROWとROTTENGRAFFTYで、来年はサタニックねぇから。再来年まで持たせるライブやるぞ。PIZZA OF DEATHから俺たちが表現できる自由な場所を設けてもらったから、みんなも自由にできる場所を大切にしてくれ。ただ、誰かの自由を奪ったら意味ねぇ。あいつの自由とオマエの自由と俺らの自由が混ざって、本当の自由だから」
客席エリアを埋め尽くすオーディエンスは完全にブチ上っていた。次々に前へ押し寄せ、さらにクラウドサーフも起こる。しかし全員がハジけるような笑顔で、カオスといった雰囲気は皆無だ。2019年で活動16年目となるOVER ARM THROW。一度は解散も頭をよぎる困難を味わっただけに、ポジティブさを曲や歌で放ってくる。作りもののメッセージではなく、気持ちの奥底から湧き上がる本当の意欲や前向きな姿勢。会場の隅々にまでOVER ARM THROWのその精神は伝わっていった。
「このステージはEVILなのか、LIVEなのか。左から読めって、オメーたち、決めてんじゃねえ。今日出たバンドがいいたいことは“ライブハウスで待ってる”だからな。本当のEVILステージが待ってるぜ。音楽の世界から抜け出せないEVILなライブハウスで俺たちは生きている。いつでも来いよ。いつでもみんなのことライブハウスは待ってる。俺たちはいろんなこと頑張って生きて、成長した2年後に、またこのステージで会いましょう」
そう言い放って、次々に曲を叩きつける。さらにやむことのない歓声に答えてアンコール「Across the fanfare」も。2年後、このステージにと言っていたメンバーだが、恐らくそれは無理だと思う。なぜなら、すでにSATANステージにふさわしいライブをOVER ARM THROWは見せつけてくれたからだ。

取材・文◎長谷川幸信
撮影◎半田安政(Showcase)、本田裕二

【OVER ARM THROWセットリスト】

1.ZINNIA
2.Dessert Window
3.Spiral
4.Welcome to the "GxHx"
5.Stardust
6.Blue
7.Dear my songs
8.Thanks
9.All right all wrong


■<SATANIC CARNIVAL'19>

6月15日(土) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール
6月16日(日) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール
・物販開始 BOOTH AREA 開場 9:00
・LIVE AREA 開場 10:30 / 開演 12:00

関連サイト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」