【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>Diz
zy Sunfist「メロディックパンク愛を
受け取ってくれー」

2018年はEVIL STAGEの大トリを飾り、「(EVIL STAGEの)トリをやらせてもらったからには、あっち(SATAN STAGE)のステージに行くしかないやんか!来年は、ここにいるヤツ全部連れて行ったるからな!」と力強く宣言したDizzy Sunfistがその言葉通り、2019年はSTAN STAGEに登場した。
彼女たちらしい、怖いものなしでぶっこんでいくライヴを期待したオーディエンスも多かったと思うが、ご存知のように先日あやぺた(Vo、G)が入籍と妊娠を発表し、今回は体調を考慮した形での出演。あやぺたも立ってはいるが、それほど動き回らず、もあい(Dr、Cho)の周りにはアクリル板が設置されていた。
しかし、だからといって、その熱量が落ち込むわけではないのが、現場叩き上げならではの強み。開口一番、「3年かけて、このSATAN STAGEに這い上がってきました。ウチらのSATANIC愛を、メロディックパンク愛を受け取ってくれー」とあやぺたが叫び、いつも通りのゴキゲンなテンションで「Someday」で口火を切ってから、畳み掛けるように「No Answer」や「Dizzy Beat」をドロップ。何か違うライヴにしたくないと、いやま(B、Cho)ともあいが普段以上に攻め立てる姿勢もよりムードを作っていき、オーディエンスもダイブやモッシュを繰り広げる。

その光景はメンバーにとって、とても力強かったはず。「SATANICはパンクシーンの甲子園、K-1…F-1?パンクロックだから、P-1?」と興奮しすぎたあやぺたが突飛なことを言い出すのもいつも通りで、何だかホッとする場面でもあった。
「ピンチをチャンスにできるヤツが最強になれる。ウチらが最強にしてあげる」とのあやぺたの言葉から渾身の新曲として「STRONGER」をプレイし、バンドとしての覚悟と強靭さを見せつける。それは、何に対してもガムシャラに、裏表なく突っ込んでいく彼女たちだからこそ感じさせるものだろう。
キレッキレの剛速球な「Joking」では雪崩みたいなダイブと高速サークルピットが出現するほどの状況。どうしても、どこか見守るような気持ちでライヴに臨んだオーディエンスも多かっただろうが、いつの間にか彼女たちに見入り、引っ張られていく。
そんな空気が象徴的に表れたのが代表曲のひとつでもある「SHOOTING STAR」だ。周りを見渡せば、ダイブやサークルモッシュはもちろん、拳を握りしめながら歌ったり、食い入るようにステージを見つめたり、どこまでも自由なライヴハウスらしい現象が同時多発的に発生していたのだ。

それでも物足りないという人がいるかもしれないが、間違いなく現状でのベストは尽くした彼女たち。2020年はSATAN STAGEに、という想いが実現しように、あやぺたがライヴ中に残した「最強のおかんになって、またSATANICに帰ってくるから。元気でいろよー」という言葉を信じて、次の機会をまた期待したい。
取材・文◎ヤコウリュウジ
撮影◎瀧本 JON…行秀

【Dizzy Sunfistセットリスト】

1.Someday
2.No Answer
3.Dizzy Beat
4.SULLEY
5.STRONGER
6.Summer Never Ends
7.Life Is A Suspense
8.Joking
9.The Dream Is Not Dead
10.Tonight,Tonight,Tonight
11.SHOOTING STAR
12.FIST BUMP


■<SATANIC CARNIVAL'19>

6月15日(土) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール
6月16日(日) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール
・物販開始 BOOTH AREA 開場 9:00
・LIVE AREA 開場 10:30 / 開演 12:00

関連サイト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。