【速レポ】<SATANIC CARNIVAL>SHA
NK、その俊足ぶりも凄まじいステージ

<SATANIC CARNIVAL>初回から連続出演している常連バンド、SHANKの登場にSATAN STAGEを埋め尽くした観客はフロアを揺るがすような歓声をあげる。庵原将平(Vo、B)の「長崎、SHANKはじめます」という短い挨拶からすぐに「Set the fire」に突入すると、歓声や拍手をおくっていた観客がさらなる興奮の声をあげ、池本雄季(Dr、Cho)と松崎兵太(G、Cho)が刻むビートがスピードをあげると、ひっきりなしにダイバーが表われてモッシュピットの熱を上げていく。
間髪入れずに「Good Night Darling」、そして「Hope」と続けると、フロア前方はもはやカオス状態だ。その状況にどんどん燃料を投下するように、熱いヴォーカルで気炎を吐く庵原。自身のツアーやイベントで多くのパンク/メロコア・キッズを盛り上げるのはもちろん、多くのライブ猛者のツアーに呼ばれ、パンクからラウドの強豪バンドが揃うこのSATANIC CARNIVALのデカいステージも瞬時に掌握する、ライブバンドの腕力・筋力は相当に高い。
「お元気ですか」とか「40分自由にやるので、そちらも自由に楽しんで」など、MCと言えるものは簡潔だが、その分の時間で1曲でも多くの曲をという姿勢で、熱いフロアと真っ向勝負する姿が凛々しい。

「Life is…」から、グラマラスなギター・フレーズが冴えるスカ・チューン「620」、そしてド派手でドライブ感のあるリフで驀進する「Smash The Babylon」では、「かっこいい、今の曲。ヤバい!」と庵原は自画自賛する。長年ライブで演奏し、またこうしたイベントで定番としているキラーチューンのなかで、昨年秋にリリースした4thミニ・アルバム『WANDERSOUL』収録の「Smash The Babylon」や、後半に披露した「Wake Up Call」などが新たな魅力にもなっている。スカやパンクだけではない、さまざまなジャンルを横断したシンプルにして奥深いサウンドに、キャリアを重ねている今のバンドの姿がうかがえる。
中盤では「Take Me Back」、「Weather is Beautiful」をスピーディに聴かせた後に、変幻自在なビートを編む「Wall Ride」で、観客をタテにヨコにとジャンプやステップを踏ませる曲へとなだれ込む。「Departure」からキャッチーな「#8」、庵原が「ああ、生きてるって感じがする、そんな曲」と紹介する「Two Sweet」では硬質なギターリフが、フロアを切り裂いていく。という具合で休む間もなく曲が連打されるが、観客は元気そのもので爽快に汗を飛ばしている。疲れ知らずな観客もまた、恐るべしだ。
「サタニック、毎年ありがとうございます。気持ちよかったです。リスペクトと愛を贈ります」(庵原)。そう告げると、終盤は陽性の「Wake Up Call」で幕を開けて、「Love and Hate」「Submarine」と怒涛のごとく駆け抜けていった。40分間、恐らくは今日のどのバンドよりも多くの曲をプレイしたのではないか。凄まじいボリュームだったが、その俊足ぶりも凄まじいステージとなった。

取材・文◎吉羽さおり
撮影◎半田安政(Showcase

【SMORGASセットリスト】

1.Set the fire
2.Good Night Darling
3.Hope
4.Life is...
5.620
6.Smash The Babylon
7.Take Me Back
8.Weather is Beautiful
9.Wall Ride
10.Departure
11.#8
12.Two sweet coffees a day
13.Wake Up Call
14.Love and Hate
15.submarine


■<SATANIC CARNIVAL'19>

6月15日(土) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール
6月16日(日) 幕張メッセ国際展示場9-11ホール
・物販開始 BOOTH AREA 開場 9:00
・LIVE AREA 開場 10:30 / 開演 12:00

関連サイト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」