幸せを歌うthe Howl、愛溢れる未来への大きな第一歩。【インタビュー:関西バンドの輪!】

幸せを歌うthe Howl、愛溢れる未来への大きな第一歩。【インタビュー:関西バンドの輪!】

幸せを歌うthe Howl、愛溢れる未来へ
の大きな第一歩。【インタビュー:関
西バンドの輪!】

the Howl について。
──では、自己紹介からお願いします。

海:the Howl のボーカル、ギター、ピアノ、小倉海です。よろしくお願いします。

風人:それに比べてベースだけの西村風人です。

全員:(笑)
── the Howl について教えてください。

海:紆余曲折を経てポップスに落ち着いたバンド。

──迷ってた?!(笑)

風人:いろんなとこ行ったもんな。

海:迷ってたというか、やってた時期はめちゃくちゃそれが the Howl の音楽や! と思ってたけど、今過去を振り返ってみると、かなりジャンルとかライブのスタイルの振り幅が大きかった(笑) まあ、でも結局それら全部を踏襲しつつ、進化した感があるので、無駄な期間はなかったかな。

風人:うん。そのおかげで武器はいっぱい持ってる(笑)

──ずっとお2人で活動されてるんですか?

海:元々は4人で活動開始して、ドラムが抜けて、ギターが抜けて、オリジナルメンバーはこの2人だけです。

風人:オリジナルってかっこええな。

──そんな the Howl のおふたりは昨年の 12 月に活動休止を発表されましたが、ついに活動再開ですね。おめでとうございます!

海・風人:ありがとうございます!!!

──お休みの間、どうでしたか?

海:長かった!(笑)

風人:うん、長かったな。期間的には、活動休止してから再開まで早いと思うけど、長く感じた。

海:でも、もっとだらーっと出来ると思ってたけどそれは全然出来ひんかった。

──ライブ活動自体は半年ほどされてなかったですが、お休みというより制作期間というかんじですね。

海:はい。曲作りが活動休止と同時に始まったので、結局歌えへんかったけど音楽のことはやってたし、歌以外でもやることはたくさんあったなぁ。

風人:休止してないよな。

──既に活動再開の目処はたっていたんですか?

海:はい。元々、復活の発表予定も遅めで考えてたんですよ、でも発表が遅すぎるといろいろ間に合わへんということで、発表のタイミングを1ヶ月前倒しにしました。正直言うと、活動休止ライブの日には、活動再開の日程、会場、どんなイベントにするかを決めていましたね。

the Howl が表現する音楽とは。
──6/15 リリースの両 A 面シングル「イトシキミライへ/ライカムーン」、早速聴かせていただきました。

海:ありがとうございます!

──海さんがピアノを…。

海:そう!ピアノが増えたの!大変だったよねー。

全員:(笑)

──ライブではどのように披露されるんですか?

海:この曲に関してはギターを置いてピアノを弾きます。僕、ギター、ピアノ、ボーカル、やから。ギピボやか
ら(笑)

──では、今回の作品の制作秘話があれば教えてください。

海:まず、活動再開にあたってメンバーを増やそう!ってなってんな。もう1人ギターを入れるかとか。でもギターじゃないな。僕たちがやりたいのを表現しようとすると、それならピアノを入れよう!ってなって、4ピースの形で復活しようかっていう話して、メンバー探そう、いない!っていうことで(笑)
それで、僕、お母さんの影響で3歳から高校生までピアノやってたんで、もう弾いたらいいんじゃね?みたいな流れです。どうせやったらめっちゃいいやつ買ったろうと思って Nord っていう赤いやつ、買ったんすよ。でも最初ブランクが凄いから全然弾けへんくて。「イトシキミライへ」はギターで弾いてたフレーズをピアノに落とし込んだんですよ。

これでだいぶ慣れて、「ライカムーン」を作ったときにピアノが爆発した。ピアノがあったからこそ「ライカムーン」が形になったっていうのは非常に大きいかな。初めてピアノを中心に作ったのが「ライカムーン」です。

風人:リフっぽいところもピアノ主体やったりするもんな。

海:うん。僕、ギターが苦手なんで…(笑) ギターよりピアノのほうが自由度がかなり上がりましたね。

──曲作りについても教えてください。

海:えっと、大体は、気に入ったフレーズが出来てから膨らませていくんですけど、「イトシキミライへ」やったら、サビの「愛しい未来の話をしよう」がメロディーと歌詞が同時に出来て、そこからは曲先行ですね。メロディー作ってから歌詞を死ぬほど考える。

──降ってくる系ですね。

海:…絞り出す系?(笑) 街中を歩いてて、急に曲が全部できた!とかはほとんどないですね。一部が降ってくることはあっても。素材を普段から考えて、それを曲を作る頭にしてから、いろんな言葉を口ずさんで、メロディーと歌詞を組み合わせていく。歌詞をノートに書いたりしますね。かなり絞り出してるんで、天才肌ではないです。
それからスタジオで、曲のイメージを伝えるだけでメンバーはそれ以上のものを返してくれる。最初は「ここはこうしてほしい」とか言ってたけど、最近は言わんでも合わせてくれますね。ドラムはサポートやけど曲作りにも参加してくれるし。僕は、0から1を作って、1から10をみんなで作ります。それが得意なメンバーでよかったなと思います。
the Howl 「イトシキミライヘ」Music Video
海:「イトシキミライへ」は、活休前からあったんすよ。活休ライブで最後に「新曲です」ってやって復活のタイミングで発表するっていうのも頭の中で描いてて。復活に向けての曲。

海:これを歌うことで「絶対戻ってきますよ」っていうのを表現しました。

──必ず戻ってきますっていうのは強く言ってましたもんね。

海:そう。ちょうど僕たちが活休を発表する時期、脱退解散活休が、めちゃくちゃ多くて。平成最後に。ほんまに戻ってくんの?って不安がる人もおるやろし、わからんまま待ってもらうのもいややなって思ったんです。だからこそ「3ヶ月は歌いません!」って公表したし(笑)

──かなり匂わせてますね (笑)

風人:誘導してた(笑)

海:活休してるの知らん人もおるんちゃうかな?(笑)

──次に「ライカムーン」、これまた雰囲気の違う楽曲ですね。

海:そうなんです!違うんです!これはめちゃくちゃ曲調も変わったんで、一気に歌詞も変えてみようという挑戦の曲なんです。今までもラブソングっぽい曲は作ってたんですけど、今回初めてがっつりラブソング。
ただ…「好き」とか「愛してる」とか言うにはまだ早いというか…(笑) 少し抵抗があって。「ライカムーン」が、今、僕が表現出来るラブソングです。

風人:俺、最初歌詞見せてもらったとき「うわ、これめっちゃいいやん!」って。

海:そやねん、めっちゃいいやん!って思ってん、自分で。音も何もなく詞だけ風人に送ってん。「星が見えなくなるほどで 満天の夜も嫉妬するくらいです」のところがめっちゃいい!って言われて、わかってるなーって(笑)

風人:俺、わかってるやろ(笑)

海:僕も一番ここがいいと思ってたから。ほんまにこの曲作ってよかったな。

風人:頭の1行目「月が綺麗だね」も好きやけどな、俺。

海:最初はめっちゃありきたりにしようと思って、「月が綺麗だね」とか文学的ですけど、使い古されてる言葉をど頭に持ってくることでラブソング作ったんやってわかりやすく。そこからどんどん膨ませていきました。
恥ずかしいから、ラブソングは一切書きませんっていうスタイルだったんですよね。逆にラブソング以外でよくこんなにいっぱい曲作れたなあって思います(笑)
活動再開を機に、もっと音楽の幅を広げる為にラブソングを書こう!となったんですけど、いかんせん今流行ってるラブソングって結構失恋だったり女々しいものが多いと思うんですよ、僕そういう部分が一切なくて。経験的にも。
だから、嘘は書けないし、僕が醸し出せるハッピーさ、楽しさっていうものをラブソングに落とし込んでみることが今後の方針でもあります。今回リリースしない新曲の中にもラブソングがありますし…(小声)

風人:楽曲の幅はだいぶ広がったと思います。

──この「ライカムーン」もまだ未発表ですよね?

海:「ライカムーン」は誰も知らん。

──ということは 6/15 に初披露ってことですね!(笑)

海:…やります!(笑) 緊張するわー!ピアノ弾くの!

風人:みんなどんな反応するんやろ?

──以前の楽曲とは差別化した作品になっていますよね。

海:はい。ちゃんとピアノが入りましたってイメージ付けをしようと思って2曲に絞って2曲ともピアノボーカルの楽曲を選んで入れました。これが、1曲はギターボーカルだったらあんまりイメージが付きづらいし、もうピアノ入れてやるんですってがらっと変えて、今回エレキギターの音を1音も入れずに作りました。
それを進化と言っていいのかはわかりませんが…。芯、根本の部分は変わってなくて表現の方法が変化しただけ。伝えたいことを音楽を通して伝えるということは変わりません。

──以前の楽曲はギターで?

海:そうですね、今のところは。ただ、何曲かピアノのほうがいいかなってのもあるので、追々ピアノとか同期とかいろいろ使ってリアレンジして、昇華出来たらなと思います。「変わっちゃった」って思われるより「the Howlはそういうことも出来るんや!」って思ってもらえると嬉しいですね。
2人が思い描く「未来」。
──新曲「イトシキミライへ」にちなんで、バンドとしての「未来」を教えてください。

海:バンドとして…、売れたい!

風人:切実に!(笑)

海:世間一般に届けたい。ライブハウスに来てくれる人に届けるのはもちろん大前提で。ライブハウスに来てくれる人は音楽が好きで音楽に興味がある人だと思うんですけど、大半の音楽に興味がない人、ライブハウスに来ない人にも、届けたいんですよね。
例えば、普段会社に勤めてて家で晩酌してるような人がふとテレビを付けたら僕たちの音楽が流れてたり、ラジオから流れてたり。お店でも流れてるようなバンドになりたい。ライブハウスでやっていくのはもちろんですがやっぱりどこかで、一般の方々に向けていかに届けやすい音楽を作っていくか、っていう方向にだいぶ動いてる気がします。

風人:それに伴って曲調が変わってきてるもんね、だからこそ今回ピアノを入れたし。

海:うん。やっぱりピアノって偉大やなと。ピアノだけでオーケストラって言われる楽器でもありますし。そういう楽器を取り入れることでちょっとは届けられる範囲が広がったような感覚はあります。ライブが好き、ライブが大切というのに加えて、ライブハウスにいない人たちにも届けることを考えながら活動していきたい。

風人:こういう会話は、2 人でもかなり長いことしてきたんです。

海:うん。ずっと正解は見えへんくて。今、かなり近づいてきた感じですね。

──ありがとうございます!続いて、風人さんの「未来」についてもお願いします!

風人:んー、マッチョになりたいですね。

海:全然関係ないやん!

──(笑) 鍛えているんですか?

風人:はい。だいぶ上半身がごつくなりましたね。これバンドとは全然関係ないっすね。

海:何を目指してるねん(笑)

風人:音楽的なことでいうと、さっき話したことと被るんですが、ピアノがあまりにも完成されすぎてて、ベースの居場所にもピアノがおるやんみたいな状況があるんです。それをいかにベースとピアノの低いところを分離させて表現するか。もっと個人的にプレイヤーとしてのレベルを上げたいですね。

海:ボーカルとかギターって0点からスタートで「いいやん」ってなったら加点される。逆に、ベースとかドラムって、減点方式だと思うんです、「違和感なくて正解」、それが0点。で、「違和感あるな」ってなったらどんどん減点されていく。だから、ベーシストとしての正解は0点でいいんです。

風人:そう。違和感でマイナスを作らへんようにする。それで0点。

海:風人が0点を叩き出してくれたら、そこから僕が0点以上を付ける。ほんまにベースは可哀想。違和感なく弾いても「ベース鳴ってる?」とか言われるし。でもベースの音抜いたらスッカスカになるんで。見えないけどめっちゃ必要なんですよね。ベーシストは凄い。…僕、ベースじゃなくてほんまよかった(笑)

風人:でも、ピアノを入れたことで、逆に0点キープじゃなくて俺もプラスに引き延ばせられるくらいの表現が増えました。そこは有難いですね。「ベース、ここはもっとこういうかんじで」とか、求められることが多い。

海:うん、めっちゃ求めてる。

風人:(笑)

──最近は特に3ピースバンドが目立ってきた気がしますね。

海:確かに多いっすね。

風人:4人で熱量!みたいなバンドも多いけど。

海:3人って一般的なバンドの最小人数じゃないですか。the Howl はサポートドラムですが。3人やと、表現しきれなくなって同期とか入れがち。3ピースの表現はやっぱり難しい。だからこそもっと突き詰めていける。

──では、海さんの「未来」もお願いします。

海:僕は「クレヨンしんちゃん」の主題歌をしたい。

風人:これはもう一生言ってる(笑)

海:夢というか最大の目標というか。主題歌を担当して僕がキャラクターになって映画に登場したい。で、Mステでしんちゃんと一緒に歌いたい。…これ全部あいみょんがやっちゃってん(笑) でも僕の一番の夢。

──既存曲で「クレヨンしんちゃん」の主題歌になりそうな曲はありますか?

海:実は、今まで作ったことなかったんですよ(笑) これは、さっき話したバンドの夢にも繋がるんですけど。アニメだけじゃなく CM とかドラマとか「タイアップ曲」っていうのをいろいろ聴いてみたんです。
そういうところを目標にして、何かを題材にした楽曲も今後たくさん生み出していければいいなと思っています。早急に増やしていきたい。それこそ、「クレヨンしんちゃん」を題材にした曲でアルバムが出来ちゃうくらい(笑) 「勝手に主題歌作ってみたアルバム」!

風人:これ「オトナ帝国」、これ「ロボとうちゃん」みたいな。

海:(笑)

the Howl が注目しているバンド!
──the Howl のお 2 人が特に注目しているバンドを教えてください!

風人:my beautiful slumber ですね。若手で勢いがあって、ライブもかなり熱量があるイメージ。

海:僕も、最近何回かライブを見る機会があったんですが、みるみる良くなってる。もう普通にかっこいい。メキメキって言葉が当てはまるバンドですね。

風人:スマートやのにパワーがあるし。

海:元々、キムと真晴とホシエは前身バンドから知り合いで…6年か7年前くらいに出会って、お互い形がいろいろと変わって、1回真晴がバンドを辞めたんです。僕、真晴の歌がすっごい好きやったから、マイスラになって戻ってきてくれて「昔の仲間と一緒にやります、マイスラです!」って。そんなんもう、すげー!かっこいいー!って(笑) まずイケメンやからな、腹立つけど。その顔くれ!ってなる(笑)

風人:いやー…でもな、ちょっと俺とキムがキャラ被ってるねんな。お互い金髪やったし、急にあいつが黒にしたら俺も黒なるし。

──真似してる?(笑)

風人:そんなつもりないねん。だって金髪はあいつが真似したし(笑)

──(笑) 仲良しなんですね。

海:全く同い年のバンドが少ないんで。こんなふうに新たに産声を上げたバンドがマイスラで、嬉しいですね。僕たちの企画にも呼んだし。確か、vijon で半分酔っててマイスラのライブを観た後に「めっちゃいいやん!今度企画出てや!」って(笑) ほんだら真晴が「まじで!ありがとう!」って言って。次の日、ホシエから「あれ酔ってたけどほんまにいいん?」って連絡が来た(笑) いいライブしてましたね。イベントもめっちゃ楽しかったなー。

風人:最後ベロベロやったけどな(笑)

──去年の the Howl 主催の「ばっちばちフェス」ですね!

海:はい。活動開始から毎年夏秋くらいにやってるイベントです。

──! ということは…?

海:…今年もします!まだ言えないですけど(笑)
my beautiful slumber 「あなたに」

海:もう1組は CRAWLICK というバンドなんですけど、こちらもめちゃくちゃ歴史が長くて。

風人:せやな、めっちゃ長いし濃いよな。

海:僕が高校生の時から知ってるバンドで、ドラムのキミカが僕の同級生で同じクラス。

風人:同じクラスやったん?!(笑)

海:中3のときに塾で出会って高1、高2は同じクラスやったしバンドも一緒にやってた。なのでキミカは僕の元メンバーです。そのバンドが終わって、僕は the Howl になってキミカはCRAWLICK になってスタートしていってそれからもずっと仲良くさせてもらっています。CRAWLICKは兄貴みたいな存在。けーちゃんの歌がすげーいい。で、またイケメンや!

──(笑) 今の体勢になって更にかっこよくなりましたよね。

海:うん。だから、キミカと僕は あの頃に離れて正解やったな。って今は思いますね。CRAWLICK にとっても、the Howl にとっても今の形がベストやと思います。
CRAWLICK 「ダイヤモンド」 MUSIC VIDEO

海:CRAWLICK はいいよね。曲もキャッチーで…メンバーが愉快(笑) 1 人 1 人の個性がちゃんとある。司会進行しっかりしたけーちゃん、ひたすらボケ続けるけんちゃん、クールでさらっとしてるけどたまにキチガイなさとみくん。低音すぎて何言ってるかわからん智。アホのキミカ。今後も一緒にやっていきたい仲間たちです。

活動再開に向けて。
──この記事を読んでいる皆様にメッセージをお願いします!

海:今は活動休止してるんですけど、6/15 をもって、the Howl 活動再開いたします!!

全員:(拍手)

海:それに伴って、リリースをします。「イトシキミライヘ/ライカムーン」という両 A 面シングルを会場限定で販売しようかなと思っております。その 6/15 の企画を皮切りに「愛しき未来へ」と題打って、名古屋、東京でも自主企画を行います。6/15 に福島 2nd LINE、6/25 に新栄 RAD SE7EN、6/27 に下北沢 MOSAiC、と東名阪で!復活だー!

風人:お祝いじゃー!

──最後に、一言ずつ意気込みを!

風人:少し緊張してます。普段から緊張しいなんで…。でも、それを感じひんくらい楽しいライブが出来るんじゃないかなと!全力で来てくれたみんなを楽しませたいです。

海:本当にお待たせしました!今年一年頑張りますし、the Howl、今後も音楽を続けていきますので、よろしくお願いします!

ARTIST PHOTO キクタニ、おーらい、そら
TEXT すずさや(Twitter@su__saya)

UtaTen

歌詞検索・音楽情報メディアUtaTen

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」