majiko

majiko

【majiko インタビュー】
暗い場所から明るい場所を
夢見るような世界観を目指した

メジャー1stフルアルバム『寂しい人が一番偉いんだ』は、彼女の本質が前面に出た一枚。ただし、そこにはさまざまな過程を経てのスケールアップや、込めた想いをより上手く伝えるための方法論も付加されている。きっと多くのリスナーが曲ごとに想いを重ねることだろう。

助けや救いになるなら
そんなWin-Winなことはない

今作を聴いての感想は“驚いた!”でした。前作のミニアルバム『AUBE』で幅広く届けながら、逆に今作ではあえて“自身の本質”へと立ち戻った感があったので。

まさに今作の狙いはそこでした。私の中で前作は主に幅…“私はこんなこともできるんだよ”って風呂敷を大きく広げた作品だったかなって。もちろん、そうやって多方面に弾を撃つことも大事ではありますけど、今作ではあえてそれとは真逆で、同じポイントに向けて弾を撃つ作品にしたかったんです。だから、的は絞りました。結果、それが達成感や充実感につながったのも嬉しかったですね。

前作でいろいろな方面に弾を撃ってみたものの、あまり響かなかったってことですか?

いや、撃ってみたことで、改めて“ここだ!”というのが見えた気がしたんです。

それは自分探しをしている方々に向けて?

そうです。私も暗いし(笑)、majikoの音楽を好んで聴いてくださる方やライヴに来てくださる方々も、どちらかと言ったらそちらの属性が多いように感じて。“私はその人たちに向けて歌うべきだ!”と改めて気付かせてもらったんです。それもあって、自分の本質に立ち戻って構築していったのが今作なんです。

反面、ピンポイントに絞ることで、せっかく広げたゾーンがまたしぼんでしまう懸念はありませんでしたか?

まったくなかったです。私にはこれしかできないし、これが私だし、好きで気に入ってくれる方が付いてきてくれればそれで十分っていう、ある種の開き直りはありました。

分かります。今作からはすごくmajikoさんのアイデンティティーを感じて、改めての名刺代わりの一枚のようにも響きましたし、決意や覚悟も感じられたんです。

照れる~(笑)。余白や行間を作品内に入れ込みたかったんです。なので、歌詞も聴き手に結論を委ねたり、考えてもらったりする箇所が多くて。伝えたいことも散りばめられたので、この曲たちが各々の人生の過程にあったとして、聴いた人たちがどう感じて、どう受け止めて行動していくのかというのも非常に楽しみな作品になりました。

各曲が聴き手にとっての代弁者的な存在ということですか?

ですね。私が歌いたいと思っていることを求めている人がいて、それがその人の助けや救いになってくれていたら、そんなWin-Winなことはないでしょうから。曲はエフェクトだととらえているので、例えば私の曲を聴いて、自分を肯定してくれたり、鼓舞してくれたり、発見してくれたり…そんなふうに聴いてもらいたいってずっと考えていたので、その望みを込めて作ったところもあるし。そんな気持ちがこれまででもっとも強い作品になりました。

今作は各曲の至るところから、“私は私でいい”と自分への肯定が伝わってきますもんね。

「ミミズ」なんてまさにそれです。“これからも私は自分のスタイルで生きていく”っていう決意表明でもありましたから。自分を傷付けてしまう方もたくさんいますけど、とりあえず今まで生きてきたことを褒めてほしいし、褒めてくれよと思ってます(笑)。“生きていること自体すげぇことなんだぞ!”というのも言いたかった部分ではありました。今回の歌詞は「ミミズ」以降変わったし、向かっていく方向性や伝えたいコンセプトが明確になっていきました。
majiko
アルバム『寂しい人が一番偉いんだ』【限定盤 A(DVD+ダウンロードカード付)】
アルバム『寂しい人が一番偉いんだ』【限定盤 B(2CD)】
アルバム『寂しい人が一番偉いんだ』【通常盤】

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」