ジャスティン・ビーバー、トム・クル
ーズとのファイト「やったって、トム
にやっつけられる」

突然、トム・クルーズを挑発するツイートを残し、世間をざわつかせたジャスティン・ビーバーだが、別にクルーズに恨みがあるわけではなく、ランダムに彼の名前を選んだ冗談だったという。
ジャスティンは水曜日(6月12日)、LAにある妻ヘイリーの事務所を出る際メディアに囲まれ、挑戦状の意図を問われると、「ただのお遊び」と答え、「彼のこと知ってるわけじゃない。彼のインタビューを見て、彼の名前が頭に浮かんだだけだ。なんでかはわからない。ただのランダムなツイートだ。僕はそういうの、時々やってる」と釈明した。

また、もし闘ったとしても「トムは多分、僕をノックアウトする」のはわかっており、やるとしたら、まず「身体を鍛えないと」と話した。

アメリカの芸能ニュース・サイト『TMZ』は、この突撃インタビューの映像を同サイトで公開している。
ジャスティンは週末(9日)、「トム・クルーズにオクタゴン(*UFCのリング)での闘いを挑みたい。トム、もしこれを断るのであれば、君は臆病者ってことで、一生後悔するよ。この試合を主催したい人いる? @danawhite?(*UFC代表者)」と、つぶやいていた。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。