首振りDolls 注目度上昇中の3人組に
ニューアルバム『アリス』制作秘話と
バンドのこだわりを訊く

5月22日にニューアルバム『アリス』をリリースした首振りDolls。音楽雑誌への露出や渋谷スクランブル交差点でのスポット放映など、注目度が高まっている彼らに、ニューアルバム『アリス』の制作秘話、バンドのこだわりを訊いた。
――5月22日にリリースされたニューアルバム『アリス』は、新体制初の首振りDollsを見せつけることが出来た最高の1枚になったね。
ナオ(Dr,Vo):そうですね。俺のルーツとする昭和歌謡やハードコアやガレージと、ジョニーがルーツとするKISSやニューヨーク・ドールズなどのハードロックやパンクのルーツに、ショーンくんがルーツとする新たなジャンルが加わったことで、すごく大きく音が変化したなって思いますね。
――ショーンの音楽ルーツというと?
ショーン・ホラーショー(Ba):ファンクやミクスチャーですね。
――なるほど。アタック感の強いリズミックなベースプレイが匂うルーツだね。
ジョニー・ダイアモンド(Gt,Vo):そう。俺とナオちゃんからは絶対に生まれてこないリズムの曲が『アリス』に入ったのも、ショーンあってこそだなって。「黒い太陽」とか、ショーンの作った「PSYCHO CLUB」や「ホール」はもちろん新しいんやけど、「lazy」とかも新しくて。このメンバーでやりたいなってなったんで、投げたら、ナオちゃんとショーンがいい感じにやってくれて。すごく良くなった。今回、「ティーネイジ」(『アリス』収録曲)は再録なんだけど、すごく変わったからね。
ナオ:そう! 本当にね、あんな風にあの曲を変化させられるのはショーンくんしかいないもんね!
ナオ(Dr,Vo)
――前作のアルバムに収録されていた「サンドノイズ」もライブで聴いたけど、相当ヤバイことになってるよね。
ショーン:あ、いやいやいや。そう言ってもらえると嬉しいです。でも、そうですね、自分が入ったからこその音を残せたんじゃないかなと思いますね。そういう意味でも、今回は前作の『真夜中の徘徊者〜ミッドナイトランブラー』よりも、ちょっとガレージ感が強く仕上がってますね。今回は本当にバンドっぽい音というか。
――大きな戦力を迎え入れた新生首振りDollsがさらにパワーアップしてるのを肌で感じるというかね。
ナオ:そう。本当にパワーアップしてる感じ。
――「ホール」の歌声なんて、まさに新しい挑戦でもあったんじゃない?
ショーン:ウィスパーな感じ。そうそうそう。あれは、作戦でしたね、ナオくんとエンジニアのKENさんとの。
ナオ:そう。これはショーンくんの曲なんだけど、なんかいろいろと遊べたよね。
ショーン:なんか、会話っぽくしても面白いかなと思ったりもして。
ナオ:そんな話もしたね! KENさんに、女の子の声みたいな感じに、ボイスチェンジみたいな感じでやってもらえないかなーとかって相談してたら、それよりもウィスパーでやってみたらって言われて、歌ってみたらハマって。前回のアルバムもエンジニアはKENさんだったんだけど、今回も本当に一緒に曲作ってる感じがしたよね。
ショーン:うん。すごく、上手く耳打ちしてる感じになってるんですよ、悪魔的なヤツが耳打ちしてる感じ。自分の中では、エンディングの絵まで浮かんでるんですよ、これ。絵コンテまで描けます(笑)! 好きなマンガがあって、それをイメージして作った曲なんです。それが完結したとき、ちょうど同時にアニメ化企画始動!みたいな感じになったので、それのエンディング曲として勝手に作ってみたんです(笑)。
――いいね。この曲もMV欲しいもんね。
ショーン:全曲作りたいですよね(笑)。でも、今回の『アリス』には、新しい感じのばっかりじゃなくて、昔からの名残りもちゃんとしっかり残っているというか。「地獄に堕ちた野郎ども」とか「カラリカラマワリ」とかのメロディラインって、首振りDollsっぽいんですよね。
――あぁ、そうだよね、分かる分かる。ちょっとアンダーグラウンドな匂いがする感じがね。
ショーン:そうですそうです。「地獄に堕ちた野郎ども」は、もうジョニーさんのロックンロール節がすごいし。
ジョニー:そうやね。得意な感じやね(笑)。
――シャッフルの「カラリカラマワリ」は、一般層にウケそうな感じもするけどね。
ナオ:あぁ、分かるかも! 案外聴きやすいしね。
ショーン:そうそう。ポップ。すごいポップ。
ナオ:ね。構想自体は随分前から俺の中であって。出しどころどうしよう? って話したこともあったんだけど、結果、メロ変えたから、俺の中では新しい曲なんだよね。意外と歌詞もわかりやすいんだよね。飛びやすい歌詞。最初は、もうちょっと内容的に前向きな感じの曲だったの、元々は。でも、歌詞を書いてたときにいろいろなことが起こって。そのときの心境とかが本当にリアルに出ちゃった感じ。
――音を聴く前に歌詞を最初に見たから、歌詞の中に"あっそーれ"って書いてあったから、え? どんな感じの曲調なんだろう? ちょっと敢えて狙ったダサい感じなのかな? と思って。
ナオ:あははは。実際聴いてどうだった?
――いや、これは中毒性の強い曲だなと思った。
ナオ:強いと思った? そうなのよ。突拍子もないことしたほうが強いのよ! あそこでね、カッコイイ言葉を入れるより、インパクトあるのよ。"あっそーれ"の方が(笑)。
ショーン:「カラリカラマワリ」は、実際にライブでも一番盛り上がってますもんね。
ジョニー:いつか作ってみよっかね、「カラリカラマワリ」でもMV!
ナオ:いいんじゃない? 俺の中ではね、ギターソロの前に“あっそーれ!”って言ったところから、ジョニーのギターソロの間、ずっとゴー☆ジャスさんに国を探してもらってるっていうMVどうかなと思ってて(笑)。
一同:(爆笑)
ナオ:なんか、それしか頭に浮かんでこなくて(笑)。でも、いつかいろんな曲でMVを作れたらいいね。
ジョニー・ダイアモンド(Gt,Vo)
――首振りDollsのオフィシャルTwitterに上げてる「黒い太陽」のMVのショートVer.はジョニーが編集したんだもんね。
ジョニー:トークショーの後、ベロベロに酔っぱらった状態でね(笑)。フェードイン、フェードアウトしただけのね(笑)。
――そうそう(笑)。しかし、今回のアルバムも本当に振り幅が広いよね。ザッツ・ロックンロールな曲もあれば、ショーンが加入したからこそのリズミックな曲もあれば、「BROWN SUGAR」や「星くずのメロディ」や「産声」っていう、聴き入ってしまう曲もあって。
ショーン:「BROWN SUGAR」は俺も実は好きですよ、かなり。ベースも、これはすぐつけれたというか。サビとか結構ファインプレーがあって、自分で結構気に入ってますね。静かな中に、どう合うかって考えたんですけど、わりとすぐ出てきました。
――わりと抑えめだよね。
ショーン:そう。抑えめなんですよ。本当。白玉多くて。で、あとサビでちょっと動き出す、みたいな感じなんですけど、メロディに沿ってますね。
――差し込まれてくるジョニーのギターがまた最高で。3人の音のまぐわり具合がすごく気持ちいい。
ナオ:そうね。すごく心地よい曲になったなった。
ジョニー:意外と上手なんですよ、こういう曲やるの。
――「BROWN SUGAR」本当にいい曲だなって思う。こういう曲をロックンロールバンドである首振りDollsがサラッとやっちゃうとこがかっこいいなって。本当に優しい曲だよね。
ナオ:そうね。とにかく優しい歌にしたかったの。子供の頃のとか、若い頃のこととか、景色を思い浮かべながら聴いてほしいなっていう。時間的には夕方。夕方ってめっちゃ優しいと思うんですよ。朝でもなく昼でもなく夜でもなく、夕方が優しいんですよね。優しいけど夕方ってなんか寂しい。夕方ってすごくいい時間だなって思うの。北九州、黄砂すごいから、夕方めちゃくちゃクリーム色になったりするんですよ、空が。光が多分砂に乱反射して、空がクリーム色になる。めちゃめちゃ多感すぎた頃に、原付きで川沿い走ってると、なんか夕日に飛び込んで帰っていく感覚になったことがあって。そのころの景色を思い浮かべながら書いてたかな。
――紫川?
ナオ:そう。紫川。俺、紫川沿いに住んでたから、ずっと。紫川を下って仕事場に通ってたから、毎日。紫川見ながら作った曲たくさんある。思い浮かべて書いた曲とか作った曲とかもたくさんあって。
――なんで「BROWN SUGAR」なの?
ナオ:甘そうなんですよね、クリーム色の空って。夕焼け空にクリーム溶かした、ってなるとなんかそのまんまだから、なんかちょっと甘くて優しい感じの表現ないかな? と思って。BROWN SUGARっていいなって。
――すごく景色が浮かんでくるね。景色が浮かぶといえば、ジョニーが作った「星くずのメロディ」は、ジョニーの人間性がにじみ出てるよね。
ジョニー:歌詞とか?
――そうそう、歌詞とか!
ジョニー:うんうんうん(笑)。ジョニーらしいのができたと思います!
――自分でもそう思う?
ジョニー:うん(笑)。ずっと作りたかったのがあるんですよ。ミスチル(Mr.Children)みたいな曲。いっつも狙って作るんだけど(笑)。この曲はね、今までの俺の中で一番ミスチル感出てる気がする(笑)。元ネタはこれ実は洋楽なんですよ。
――具体的にあるの? イメージが?
ジョニー:うん。オンリー・ワンズってバンドの、俺が一番好きな曲があるんですけど。それの日本語訳を勝手にイメージして作った。歌詞も。
――そうなんだ。なんかワードもなんか、すごいちょっとキュンとするというか。"世界は俺から逃げていく"…ってとことか。
ジョニー:その歌詞は英詞を勝手に日本語訳するイメージで書いたの。実際和訳は見てないですけど、勝手にイメージして作った。
――その手法、SHOW-YA寺田恵子さんもやるって言ってたなぁ。
ジョニー:俺も結構やります、それ。
ナオ:ジョニーっぽいし、本当にいい曲よね。
ショーン:俺は、「星くずのメロディ」にはGLAYを感じたんですよね。メロディに、なぜかGLAYを感じて。ベースは意識せずとも、そんな雰囲気が出しちゃったんですよ。
――メロウな感じだよね、ベースも。
ショーン:そうですね。この曲は、ハネずに曲に馴染むように書きましたね。
ショーン・ホラーショー(Ba)
――いいね。ちょっと切ない。あ、切ないといえば、「シャボン玉」の歌詞とか切ないよね。
ナオ:うん。俺もそうだけど、首振りDollsって、ずっと同じ街に生活してるから、街にたくさん思い出があって。シャボン玉が浮いてるみたいに、ここに来たら、あの人を思い出したり、あそこに行ったら、あの人を思い出したりっていうのを、自分の中で物語にしていったの。女の子が彼のことを忘れられない、みたいな話のイメージで書いたんですけどね。忘れられない、部屋に染みついた思い出とかね。まぁ、色恋なんてシャボン玉みたいなもんで、弾けてなくなっちゃいますからね。そういうところを歌に落とし込みたかったんですよ。メロディから出来て行ったんだけど、メロディの感じが切なかったから、そっちに引っ張られるように物語書いたって感じかな。
――なるほどね。話を聞いた後に聴くと切なさが増すかもね。「産声」は、サポートギターのRakuカワサキ曲で。すごくいい曲だよね。
ナオ:そうそう。前のアルバムの時にカワちゃんが持ってきてくれてたんだけど、入れられなくて。でもすごくいい曲だし、俺も好きでずっと聴いてたのもあったから、今回入れてみようかなって。歌詞の内容的にも、今の状況とかもピッタリだったし。
ジョニー:新しい首振りDollsとして初の音源だし、カワサキの曲も1曲あってもいいんじゃないかなと。
――なるほどね。
ナオ:『アリス』は、今まで首振りDolls好きやった人も、これから首振りDolls聴く人も、間違いなく納得の1枚、これが首振りDollsだっていう1枚ができたと思っておりますので、是非聴いてください! そしてツアーに遊びに来て欲しいです!
ジョニー:いろんな対バンもあるからね。
ショーン:ここ最近本当にいろんなバンドさんと対バンもさせてもらっているので、対バンでの首振りDollsも観てもらえると嬉しいですね。
――そうね。いままでを振り返ると、NYFとかMary's Bloodとかとも戦って。
ナオ:やらせて頂きましたねぇ。Mary's Bloodはすごく美しいメタルバンドでしたね。でも、ファンの人たちがメタル好きな男の人たちばっかりで、首振りDollsにもすごく野太い声援を贈ってくれて。意外と冠さんとかマシンガンズさんとか、メタルバンドとの絡みはあるんですよね。
ジョニー:メタル、実は皆好きだし。
ナオ:うん。メタル好き。
――ショーンはあまりそこにルーツはないんだよね。
ショーン:うふふふ。あんまり聴いてはないかな(笑)。
ジョニー:ヘヴィロックとかも?
ショーン:ヘヴィロックはちょいちょいかな。
ジョニー:メタルに近いものがあるんじゃない?元祖はルーツにメタルが多分あるんやない?
ショーン:たしかにそうなのかも。
ジョニー:これまでの対バンはどのバンドさんも新鮮で。どれも。皆さん上手やなあって。Mary's Bloodとかなんて、上手すぎて全くパクるとこなかったですからね(笑)。本当に上手すぎて参考にならなかったっていう(笑)。
ナオ:本当にね(笑)。いままでも首振りDollsは異種格闘技みたいなことを、実はずっとやってきたんだけどね。なんというか、どこに行っても異種扱いなんだよね、俺たち(笑)。
――あははは。だいたい交わるところがないってことね(笑)。
ジョニー:そう。まあ大体アウェー。だから、アウェーは慣れてるっていうか。
ナオ:我々が異種扱いなんか、ねぇ。どこに行っても。
――たしかに、いないもんね、首振りDollsみたいなバンド。
ナオ:そう。いないのよ。首振りDollsみたいなバンドって。本当にいなくて。でも悲観的でなく、強みだと思ってるから、ずっとやってきたイベント荒らし的なことを、この先もやっていけたらいいなって思ってる。強敵相手にもこの戦いが通用するのか、戦えるのか、力試しですね。勝ちたいし、飛びたい。勝ち負けじゃないのはわかるんですけど。でも、感覚的にはそれくらい強い気持ちで臨みますよってことかな。
――そうだね。日本だけにとどまっていられないんだもんね(笑)。
ナオ:そうよ(笑)。日本だけにとどまってはいられないわ。
――ですって(笑)。
ショーン:素晴らしいですね(笑)。そのうち地球だけじゃなくなって…(笑)。
――そうね(笑)、ジョニーも最近飛行機1人で乗れるようになったみたいだし。今度はロケットで宇宙にね。
ジョニー:え!? ロケットは無理。
ショーン:あははは。ロケットで火星くらいまで。
ナオ:いいね! 火星人向けに! 初めて火星でライブをやったバンドが首振りDollsになったらいいな!
ジョニー:火星でフェス開く?(笑)
――てか、そこはまず、日本で開いてくれるかな。
ジョニー:ふふふ(笑)。そうだね(笑)。まずは日本から攻めていこうと思います!

取材・文=武市尚子

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」