07年12月に発売した前作から約1年5ヶ月ぶりとなる2ndアルバム『ファンキーモンキーベイビーズ2』が出荷枚数30万枚を突破し、未だロング・セールスを記録しているFUNKY MONKEY BABYS。現在敢行中の全国ツアー『FUNKY MONKEY BABYS 1ST JAPAN TOUR「Lovin' Live」』は全会場即日ソールド・アウトするなど彼らの勢いはとどまることを知らない。
そんな彼らがブログ・アクセス・ランキング18ヶ月連続No.1を獲得し、1000万アクセスを突破した大人気ブログ小説『ぼくたちと駐在さんの700日戦争』の映画主題歌を唄うことが発表された。本映画を手がける監督・プロデューサーの塚本連平が、昨年、映画撮影中に彼らの5thシングル「ちっぽけな勇気」を偶然聴き、楽曲に一目惚れしたのがきっかけ。依頼を受けたメンバーは、現在全国ツアーの合間を縫って主題歌を制作中だ。なお、挿入歌として2ndアルバム収録曲である「ちっぽけな勇気」も使用されており、まさにファンモンカラー全開の映画となる模様! 4月5日(土)より全国ロードショー公開される超話題作とファンモンの強力ヒット・タッグが誕生するので是非お楽しみに!
【ファンキー加藤(MC)のコメント】
『ぼくたちと駐在さんの700日間戦争』、一足早く試写を見ましたが、とても素晴らしい映画です。誰もが心の奥底にしまってある、「甘酸っぱい青春像」の原風景がそこには描かれていて、なんだか胸が熱くなります。かと思えば、テンポ感のいいシュールなセリフで笑わせてくれたり…とにかく何度観ても飽きない感じ。今まさに主題歌を作っている真っ最中です。
映画を見て感じたこと、そして僕たち自身の青春の日々を思い出しながら、僕たちなりの言葉とメロディーで音にしていこうと思ってます。お楽しみに。
俺も『ぼくちゅう』の登場人物みたいに日々を精一杯、生きたいなぁ……。

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

新着