10-FEET、「ハローフィクサー」にツ
アーチケット先行受付シリアルナンバ
ー封入

10-FEETが7月24日、シングル「ハローフィクサー」をリリースする。そのレコ発ツアーとして、10月9日のZepp Tokyoを皮切りに最終日となる12月8日の沖縄・桜坂セントラルまで、約3年ぶり12都市12公演のワンマンツアー<10-FEET“ハローフィクサー”ONE-MAN TOUR 2019>が開催されることが先ごろ発表されたばかり。このたび、シングル「ハローフィクサー」全形態の初回プレス特典として、ツアーチケット先行受付シリアルナンバーが封入されることが明らかとなった。
ワンマンツアー<10-FEET“ハローフィクサー”ONE-MAN TOUR 2019>のチケット先行は、“超最速”として“オフィシャル0次先行抽選受付”が10-FEET MOBILE会員限定にて昨日6月1日に12時間限定で行われたが、10-FEET MOBILE会員ではないファンにとって、このCD封入先行抽選受付がチケットを最速でゲットできるチャンスだ。受付期間は、7月23日昼12:00から7月29日23:59まで。封入されるのは初回プレス分のみとなる。

また、完全生産限定盤と初回限定盤に付属する特典DVDには、長崎で先ごろ行われたばかりの自身最大規模の野外ワンマンライブ<10-FEET野外ワンマンライブ2019 in 稲佐山>のライブ映像とメイキングがいち早く収録される予定だ。「ハローフィクサー」は稲佐山ワンマンライブ以降のライブで演奏されているほか、ティザー映像でその一部を聴くことができる。

10-FEETは、自身主催<京都大作戦2019〜倍返しです!喰らいな祭〜>をはじめ、<百万石音楽祭 2019 〜ミリオンロックフェスティバル〜>、<SATANIC CARNIVAL’19>、<DEAD POP FESTiVAL 2019>、<KESEN ROCK FESTIVAL ’19>、<JOIN ALIVE 2019>、<NUMBER SHOT 2019>、<SUMMER SONIC 2019大阪/東京>、<WILD BUNCH FEST. 2019>、<Sky Jamboree 2019 〜one pray in nagasaki〜>、<SPACE SHOWER TV 30TH ANNIVERSARY SWEET LOVE SHOWER 2019>、<RUSH BALL 2019>、<山人音楽祭 2019>、<中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2019>、<PIA MUSIC COMPLEX 2019>といった数々のフェスに出演していく。

■<10-FEET "ハローフィクサー" ONE-MAN TOUR 2019>

10月09日(水) Zepp Tokyo
10月13日(日) 広島BLUE LIVE
10月17日(木) Zepp Fukuoka
10月22日(火・祝) Zepp Osaka Bayside
10月30日(水) Zepp Nagoya
11月03日(日) 仙台GIGS
11月09日(土) 高松festhalle
11月14日(木) Zepp Sapporo
11月18日(月) 新潟LOTS
11月25日(月) 京都KBSホール
11月30日(土) 富山クロスランドおやべ
12月08日(日) 沖縄 桜坂セントラル

■18thシングル「ハローフィクサー」

2019年7月24日(水)発売
【完全生産限定盤・白 (CD+DVD+GOODS)】UPCH-89409 ¥2,300+税
【完全生産限定盤・黒 (CD+DVD+GOODS)】UPCH-89410 ¥2,300+税
【完全生産限定盤・蛍光黄緑 (CD+DVD+GOODS)】UPCH-89411 ¥2,300+税
【完全生産限定盤・蛍光ピンク (CD+DVD+GOODS)】UPCH-89412 ¥2,300+税
【初回生産限定盤 (CD+DVD)】UPCH-89413 ¥1,800+税
【通常盤 (CD)】UPCH-80518 ¥1,000+税
※完全生産限定盤には“10-FEETロゴ・シューレース”付き
※完全生産限定盤 / 初回限定盤に付属する特典DVDには<10-FEET野外ワンマンライブ2019 in 稲佐山>よりライブ映像とメイキングを収録
※初回封入特典:<10-FEET“ハローフィクサー”ONE-MAN TOUR 2019>チケット先行受付シリアルナンバー (全形態の初回プレス分にのみ封入)
※受付期間:7月23日(火) 昼12:00〜7月29日(月) 23:59
▼CD収録曲
1. ハローフィクサー
2. heart blue
3. 123456789101112
■<京都大作戦2019 -倍返しです!喰らいな祭->

6月29日(土) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
6月30日(日) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
7月06日(土) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
7月07日(日) 京都府立山城総合運動公園 太陽が丘特設野外ステージ
開場 9:30 / 開演 11:00 / 終演 20:00予定

【出演アーティスト ※50音順】
▼6月29日(土)
【源氏ノ舞台】ORANGE RANGE / 四星球 / 10-FEET / 東京スカパラダイスオーケストラ / BRAHMAN / マキシマム ザ ホルモン / ヤバイTシャツ屋さん / ROTTENGRAFFTY
【牛若ノ舞台】ENTH / G-FREAK FACTORY / SHIMA / SHANK / Track's / ハルカミライ / FIVE NEW OLD
▼6月30日(日)
【源氏ノ舞台】ACIDMAN / クリープハイプ / Ken Yokoyama / dustbox / Dizzy Sunfist / 10-FEET / Dragon Ash / WANIMA
【牛若ノ舞台】THE冠 / Survive Said The Prophet / SIX LOUNGE / NAMBA69 / HAWAIIAN6 / Hump Back / FOMARE
▼7月06日(土)
【源氏ノ舞台】ウルフルズ / キュウソネコカミ / GLIM SPANKY / The BONEZ / SUPER BEAVER / 10-FEET / Dragon Ash / MAN WITH A MISSION
【牛若ノ舞台】EGG BRAIN / KOTORI / THE FOREVER YOUNG / SPARK!!SOUND!!SHOW!! / BUZZ THE BEARS / Five State Drive / HOTSQUALL
▼7月07日(日)
【源氏ノ舞台】サンボマスター / SiM / dustbox / 10-FEET / BEGIN / 04 Limited Sazabys / HEY-SMITH / My Hair is Bad
【牛若ノ舞台】WOMCADOLE / Age Factory / KUZIRA / GOOD4NOTHING / Crystal Lake / J-REXXX / LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS

【鞍馬ノ間】各週全8チームによるバスケットボールのトーナメント大会
6月29日(土)および30日(日):大阪籠球会 / O.R.K. / ALLBLUE / TEAM AKTR / TEAM-S / ちきゅう / HIGH WEST BALLERS / FRONTOOTH
7月06日(土)および07日(日):大阪籠球会 / O.R.K. / ALLBLUE / SOMECITY OSAKA / TABASCO / TEAM COLLEGE / TEAM NICK / 9 STATES

▼チケット(前売)
・6/29 1日券 ¥6,400 / 6/30 1日券 ¥6,400 / 7/6 1日券 ¥6,400 / 7/7 1日券 ¥6,400
・前2日券 ¥12,400 / 後2日券 ¥12,400
・4日通し券 ¥24,400
※全自由(整理番号無し)
※小学生以上有料/未就学児童は保護者同伴の場合無料
※表示金額は税別価格となります
※チケットはICカードによる入場、顔認証あり
▼公演に関する一般お合わせ先
サウンドクリエーター 06-6357-4400
▼チケットに関する一般お問い合わせ先
京都大作戦チケットセンター 050-5824-5141
※雨天決行/荒天中止
※アーティストは都合により変更になる場合がございます。その際チケット代金の払い戻しは行いませんので、予めご了承下さい。

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」