<KCON 2019 JAPAN>、過去最大規模
の来場者数を記録

5月17日(金)〜19(日)の3日間にわたり幕張メッセで世界最大級のK-Cultureコンベンション<KCON 2019 JAPAN>が開催され、歴代最大規模となる8万8000人の来場者数を記録した。

「CJ ENM」が2012年から毎年開催している世界最大級のK-Cultureコンベンション<KCON>では、華やかなK-POPコンサートをはじめ、ドラマ、映画、ビューティー、ファッション、食べ物など、韓国の様々なライフスタイル・コンテンツを海外のファンに披露してきた。これまで、北米、アジア、中東、ヨーロッパ、中南米、オセアニアなどで合計91万1000人の観客が<KCON>を訪れ、日本では2015年に初開催して以来、毎年成長を続けており、昨年は6万8000人の観客を動員。日本の累積観客数は、25万2500人に達している。

トピックの一つとして挙げたいのが、日本の10代の来場割合がこの2年間で4倍に増加したことだ。<KCON JAPAN>を訪れた10~20の世代は、2016年時点で全体の観客39%だったものの2018年には69%に増加しており、特に10代の来場者は過去2年間で4倍の規模に成長したという。なお2018年は、日本の47都道府県の内、島根県と鳥取県を除く45都道府県に住んでいる観客が<KCON>に参加したと集計されているとのこと。

今回の<KCON 2019 JAPAN>の人気は開催前から予想され、<KCON JAPAN>開催5周年を記念し東京・原宿と大阪・梅田地域に設けられたポップアップストアにも多くの人が集まり、SNS上では<KCON>を楽しみにしている人々の来店記念ショットが続いた。また、<KCON>のコンサートに行けなかった観客のために全国の89館の映画館スクリーンを通してK-POPアーティストたちの公演が観られるライブビューイングも実施され、同チケットも早々に売り切れようだ。

午前10時から18時まで進行されたコンベンションでは、ビューティー、音楽、フード、ファッションなど様々なK-Cultureをテーマにした236個のコンベンションブースと267個のプログラムが実施され過去最大規模を記録した。特に<KCON>で初披露となった「KCON GIRLS」に来場者の関心が集中したそう。この「KCON GIRLS」は、<KCON JAPAN>で主な観客層である女性層をターゲットに、人気ジャンルであるK-ビューティーやファッションをテーマにしたK-POPアーティストとコマースが結合されたコンベンションプログラムである。IZ*ONE、MOMOLANDなど韓国の人気ガールズグループや日本のAKB48メンバー、人気ビューティークリエイターが参加し、最新の韓国ビューティー&ファッションのトレンドやトークショー、ライブパフォーマンスなど多彩なイベントが行われた。IZ*ONEがモデルで活動中のコスメブランド「colorgramTOK」のブースを訪問した後には、現場販売分が即日完売したという。

また、俳優のチュウォン、ソ・ガンジュン、ヨ・ジング、コンミョン、イ・ジフン、イ・テファンなど韓流ドラマの話題の俳優たちが登場した「K-DRAMAファンミーティング」や、専門家と一緒にK-POPダンスを学ぶことができる「DANCE ALL DAY」、K-POPの評論家でもあり、韓流ファンにはおなじみの古家正亨の講演など、K-Cultureコンベンションの様々なプログラムが設けられた。 3日間で292人ものアーティストやパネラー、インフルエンサーらがコンベンションに参加したのであった。

そして、TWICE、IZ*ONE、MOMOLAND、MONSTA Xなど日本で人気のアーティストから、日本への進出を夢見るアーティスト28チームが、「M COUNTDOWN」のコンサートステージに登場。 1日券と3日券チケットは3月の前売りオープンと同時に全席売切れを記録し、日本国内でのK-POPの人気を決定づけた結果となった。

<KCON>を総括する「CJ ENM」シン・ヒョングァン音楽コンテンツ本部長は、「過去5年間、継続的に規模を拡大し、観客のニーズに合わせた<KCON JAPAN>を介して、日本国内での韓流がビューティー、ファッション、食文化など、「日常の韓流」として成長することができた」とし、「今年、日本人観客から反響が高かった「KCON GIRLS」の事例から、地元での人気韓流ジャンルを活かした<KCON>コンベンションプログラムのブランド化にて、各国での韓流拡大のため引き続き努力していきたい」とコメントしている。

6月には、マンハッタンにあるマディソンスクエアガーデンとジェイコブK・ジャヴィッツ・コンベンション・センターで<KCON 2019 NY>が開催される。続いて8月にLA、9月にはタイのバンコクにて、Kライフスタイルが世界の主流文化として位置づくことを目標に、北米や東南アジアでも継続して開催される予定だ。

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」