3部(mono palette.)

3部(mono palette.)

mono palette.の3部が
歌唱時機能性発声障害により
一時活動休止を発表

mono palette.が5月19日、ワンマンツアー『mono palette. Spring Tour 2019 -amorous petal-』のファイナルである東京・TSUTAYA O-EASTにて、メンバーの3部が歌唱時機能性発声障害につき一時活動を休止することを発表した。

あげいん、Rim、雪見、3 部からなるmono palette.(モノパレット)は、動画投稿サイトで歌い手として活動している男性ボーカルグループ。昨年12月26日に行われたライブにて、グループのリーダー「あげいん」が声帯ポリープ手術で活動を一時休止することを発表。今年5月に東名阪をめぐったワンマンツアー『mono palette. Spring Tour 2019 -amorous petal-』で復帰を果たしている。

この日は第2部のステージで、3部が歌唱時機能性発声障害につき、復調するまでの間4人でのライブを見送ることを発表した。ステージ上にて、4人でライブができない間も精力的に活動を継続し、支えあっていくことを誓いあった。今後の活動については続報を待とう。

【セットリスト】※2部公演
M1. 花鳥風月
M2. 恋のABOア
M3. weeeek
M4. アンダーカレント
M5. 一騎当千
M6. ID/Rim&あげいん
M7. マリオネットラヴァーズ/雪見
M8. 禍禍≫Reflection/3 部
M9. ストリーミングハート/Rim
M10. ラブヘイトマジョリティ/あげいん
M11. end tree/Rim
M12. さよならテンダー/雪見
M13. メリーバッドエンド/雪見&3 部
M14. ビタースウィート/3 部
M15. ヒバナ/あげいん
M16. Again/あげいん
M17. 中ボスさん
Enc1. 厨病激発ボーイ
Enc2. 脱法ロック
Enc3. ロングタイムトラベラー
シングル「ロングタイムトラベラー」 発売中
    • 【限定盤】
    • COCC-1754/¥1800+税
    • ※p-chan描き下ろしmono palette.絵柄
    • <収録曲>
    • 1.ロングタイムトラベラー(作詞・作曲・編曲:堀江晶太)
    • ※TVアニメ「不機嫌なモノノケ庵 續」オープニングテーマ
    • 2.アンダーカレント(作詞・作曲:星銀乃丈 編曲:神田ジョン)
    • 3.ID(作詞・作曲:ぷす Rap 詞:nqrse 編曲:西坂恭平)
    • 4.PLATONIC GIRL(作詞・作曲:みきとP 編曲:山口たこ)
    • 5.ロングタイムトラベラー (off vocal)
    • 6.アンダーカレント (off vocal)
    • 7.ID (off vocal)
    • 8.PLATONIC GIRL (off vocal)
    •  
    • 【通常盤】
    • COCC-17547/¥1200+税
    • ※原作者ワザワキリ先生描き下ろし絵柄
    • <収録曲>
    • 1.ロングタイムトラベラー(作詞・作曲・編曲:堀江晶太)
    • ※TVアニメ「不機嫌なモノノケ庵 續」オープニングテーマ
    • 2.アンダーカレント(作詞・作曲:星銀乃丈 編曲:神田ジョン)
    • 3.ロングタイムトラベラー (off vocal)
    • 4.アンダーカレント (off vocal)
3部(mono palette.)

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」