L→R 齋木孝平(Gu&Cho)、渡井翔汰(Vo&Gu)、白井將人(Ba)、片山 僚(Dr&Cho)

L→R 齋木孝平(Gu&Cho)、渡井翔汰(Vo&Gu)、白井將人(Ba)、片山 僚(Dr&Cho)

【Halo at 四畳半 インタビュー】
新境地に挑んでも変わらない核心

4人では生まれなかったサウンド、
アレンジが新しい扉を開いた

ところで、「リビングデッド・スイマー」には編曲とサウンドプロデュースで出羽良彰さんが参加していますが、どういうきっかけで?

渡井
僕のラブコールです。昔からamazarashiの大ファンだったんですけど、ヴォーカルの秋田ひろむさんが作る曲のファンでもあると同時に、近未来感がある斬新なアレンジが好きだったんです。誰がやっているのか調べたら出羽さんによるものだと分かって。その頃は、まさかプロデューサーを入れて制作をできるなんて思ってなかったんですけど、今回“一緒にやりたい人いる?”と訊かれたので、“出羽さんです!”って言ったら快諾していただけたんです。

“この曲をお願いします”というかたちで、楽曲を渡したのですか?

渡井
はい。メンバー全員に影響を及ぼすぐらいがっつりとプロデュースしてほしいと思ったので、僕が弾き語りで作ったものを出羽さんに渡して、アレンジしたものを返してもらってから一緒に作っていきました。今まで4人で作っていた時には生まれなかったサウンドとアレンジになったので、新しい扉を開いてもらった気がしています。

弾き語りを渡して、このアレンジが返ってきたっていうのはすごいですね。

渡井
すごいですよね。最初はもっと電子音が入っていたんですけど、そこにハロらしさを足していって、どっちの意思も入った、本当の意味で共作と言えるバランスの曲になったと思います。

この場合の“ハロらしさ”とは?

渡井
主にギターですね。最初、イントロと間奏はガツンとくる感じではなかったんです。そこでハロの強みでもあるギターを前に出して、ギターロックでもありつつ、新しいサウンド感もありつつというふうにしていきました。

白井さんはベーシストとして、どんなふうにアプローチしていったのですか?

白井
自分なりに噛み砕いて変えたところもあるんですけど、フレーズがめちゃめちゃカッコ良かったので、基本的には出羽さんのアレンジをそのままやろうと思いました。これまではバンドサウンドでまとめてから、同期でシンセとかストリングスとかを乗せていたんですけど、出羽さんは全部の音が頭の中で同時に鳴っているタイプみたいで。同期ありのベース、逆にベースありきの同期のバランスが完璧だったし、フレーズも僕からはあまり出てこないような譜割の軽快さがあったので、自分らしさにこだわるよりも、まずはこれを吸収できるように頑張ろうと思ったんです。その結果、レコーディングはすげぇ大変でしたけど(笑)。基本、僕はきれいにプレイしたいタイプなんですけど、出羽さんが今回求めていたベースが荒々しいもので。だから、この曲だけベースが違うんですよ。

なんだか、今後のベースプレイの幅が広がりそうですね。

白井
他にもきっかけはあったんですけど、今回のレコーディングが終わってから、ピック弾きの練習を始めました。これまでは指弾きにこだわっていたんですけど、自分が表現したいことと曲が求めることは違うと理解した上で、曲を表現したくなってきたんです。曲が力を持っているのに、それを表現せずに自分のやり方しかやらないっていうのはエゴだと思って、曲が求めているものを表現できるプレイヤーになろうと。

同じようなことが、白井さん以外の3人にもあったのではないでしょうか?

渡井
ありましたね。ヴォーカリストとしては低音をちゃんと響かせることにチャレンジしている一方で、今までほとんどやってこなかったファルセットを「リビングデッド・スイマー」「スケイプ・ゴート」「綻びの果て」の3曲でやっているんです。白井のピック弾きと同じように、これまではやってこなかったんですけど、曲が求めているならと思って挑戦してみました。

さて、7月19日にはハロとしては最大規模となるZepp DiverCity Tokyoでワンマンライヴを開催するわけですが、ファンはどんなライヴを期待したらいいでしょうか?

渡井
ワンマンライヴとしてアルバム『from NOVEL LAND』を表現できるのは、実はこの1本だけなんです。だから、もちろん気合いは入っているんですけど、今年2月にマイナビBLITZ赤坂で映像を使っていろいろ新しいことを試した時、そういうことをやってもライヴの熱量が減ることはないし、ちゃんと伝えられる演奏力も付いたということが分かったから、あの時のライヴをさらに進化させたいですね。もちろん、演出もスケールアップさせたいし、だからってそれに頼るわけではなく、バンドサウンドもさらにパワーアップして、ライヴハウスで活動してきたバンドとしての意地も見せたい。もちろん新曲も披露しながら、昔のハロから新しいハロまで楽しんでもらえる時間になるんじゃないかと思っています。

取材:山口智男

ミニアルバム『from NOVEL LAND』2019年6月5日発売 日本コロムビア
    • COCP-40829
    • ¥2,100(税抜)

『NOVEL LAND LANDING』

7/19(金) 東京・Zepp DiverCity Tokyo

Halo at 四畳半 プロフィール

ハロアットヨジョウハン:2012年結成。千葉県佐倉市出身の4人組バンド。バンド名は銀河を取り巻く“Halo”と現実を象徴する“四畳半”の間に位置する存在という意味。ヴォーカルの渡井翔汰による力強さと温かさが共存する楽曲と圧倒的な歌、精力的なライヴ活動でオーディエンスを魅了し、着実に実力と実績を伸ばす。18年10月17日、初のフルアルバム『swanflight』でメジャーデビュー。Halo at 四畳半 オフィシャルHP

「リビングデッド・スイマー」MV

ミニアルバム『from NOVEL LAND』
トレイラームービー
“レコーディング編”

ミニアルバム『from NOVEL LAND』
トレイラームービー
“アーティスト写真撮影編”

ミニアルバム『from NOVEL LAND』
トレイラームービー
“Music Video撮影編”

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」