トム・デロング、ブリンク182とのリ
ユニオン「将来ある」

トム・デロングは、いつかブリンク182とリユニオンすると確信しているそうだ。
ワン・オフなのか、完全復帰なのかは不明だが、彼は英国の音楽誌『Kerrang!』のインタビューでこう話した。「俺を信じろ。俺はブリンクを愛してる。あのバンドは俺の人生において全てを与えてくれた。俺は将来、(リユニオンを)やる計画だ。でも、いまは無理だ。Angels & AirwavesがTo The Stars(デロングの会社)の一部となり、やることがあり過ぎる」

Angels & Airwavesは先月末、ニュー・シングル「Rebel Girl」をリリースし、秋に7年ぶりの全米ツアーを開催する。

また、デロングとマーク・ホッパスの関係は良好なようだ。『Alternative Nation』によると、ホッパスは最近、デロングのインスタグラムの投稿に「愛してるよ。これからもずっと」とコメントしたそうだ。2日前にはTwitterユーザーからの「トムと君はまた親友に?」との質問に「Urethra Chronicles 2(2002年にDVDでリリースされたブリンク182のドキュメンタリー)見てない? ベスト・フレンズ・フォーエバー」と答えた。
Ako Suzuki

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。