眼帯姿のA.B.C-Z五関晃一ほか、キャ
ストが勢ぞろいしたメインビジュアル
が解禁 舞台『奇子(あやこ)』

2019年7月19日(金)から28日(日)まで紀伊國屋ホール、ほか水戸・大阪にて上演する、手塚治虫原作の舞台『奇子(あやこ)』のメインビジュアルが解禁された。
本作の原作「奇子」が生まれたのは、戦後復興を遂げ高度成長期をひた走った日本社会が大きな曲がり角に差し掛かった1970年代前半。『ビッグコミック』(小学館)で1972年から1973年にかけて連載された。
物語の舞台は、敗戦直後の東北の農村地帯。大地主一族の遺産相続をめぐる骨肉の争いと恐ろしい欲望の果てにこの世に産み落とされた奇子を主人公に、少女監禁や近親相姦などセンセーショナルな描写も巧みに取り入れ、人間の心の闇や犯罪、グロテスクで過激な表現などを描いている。手塚治虫の「黒い」作品群の中でも、代表作ともいえる作品だ。
本公演の上演台本・演出を務めるのは中屋敷法仁。研ぎ澄まされた演劇感覚と、劇空間を効果的に使い手腕に定評のある中屋敷。どう「奇子」を表現するのか。血族という逃れることのできない、鎖のような「絆」で縛られた一族を、より鮮烈で演劇的に描き出していく。
また、主演を務めるのは、A.B.C-Zのグループでの活動のほか、舞台『シェイクスピア物語~真実の愛~』をはじめ精悍な佇まいで俳優としても注目を集める五関晃一。単独での主演は、今作が初となる。共演は、三津谷亮、味方良介、駒井蓮、深谷由梨香、松本妃代、相原雪月花といったフレッシュな感性と個性豊かな面々、さらに、独自の存在感で深みを増す中村まこと、硬軟自在の演技力が魅力の梶原善が集結した。実力派揃いの魅力的なキャスト陣が、人間の隠された欲望、誇り、絶望、憎しみが渦巻く「奇子」の世界を体現する。
発表されたメインビジュアルは、眼帯をつけた五関扮する天外仁朗のほか、キャスト陣が勢ぞろいしたもの。彼らが手塚治虫の妖しげな世界をどんな風に舞台化するのか期待が高まる。
東京・大阪公演のチケット一般発売が5月18日(土)より開始されるので、チェックしてみてはいかがだろうか。

アーティスト

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。

新着