常に“今”を更新してきたSHE IS SU
MMERの歩み。次への一歩『MIRACLE F
OOD』とは

自分の見つめ直しから始まったSHE IS
SUMMER

ー今回のE.P.『MIRACLE FOOD』を出すタイミングで全楽曲配信解禁ということで、待ち望んでいた人も多いと思うのですが、改めて2016年頃から出した3年間の作品を振り返ってどうでしょうか。
ファーストアルバム『WATER』までを一区切りとして、SHE IS SUMMERってこういうものだと1つ提示できたかなっていう気持ちはあります。『WATER』までの3枚は、ソロになって活動するのが初めてだったので、どんなものが自分に合うんだろうとか、1から自分探しをして、自分ってもともとどんなものが好きだったんだろうって幼稚園のころまで辿って考えたりして本当に手探りで始めました。
ーバンド「ふぇのたす」の時とソロとでは活動の仕方が変わったんですね。
「ふぇのたす」でバンドとしてボーカルをしていた頃は、そのポジションになりきる形で活動していたんですけど、SHE IS SUMMERになったら自分が主体になって発信するしかないのでディレクターと二人三脚で考えましたね。
なので『WATER』までは純粋に“クリエイティブをすることの楽しさ”が表れた3枚だと思っています。手探りで迷いながらも、確実に自分の作品として残っていく楽しさが溢れているなと今見ても思うんですよね。ジャケットにしてもそうだし、テーマを作るのも、すごく楽しんでやっていました。
ー次のミニアルバム『hair salon』はどうでしたか?
それまでのSHE IS SUMMERから一歩踏み出してみましたね。昔から私のことを知ってくださっている人達が、私に持っているイメージなどは考えずに、自分が好きな音楽をやってみようと思ってプロデューサーに片寄さんをお迎えして作りました。
ー『WATER』までは“バンドをやっていたMICOちゃん”として見てくれている人をイメージしてた部分もあったんですか。
うーん、今思うと少しあったのかなって思います。でもやっぱり3年あると人間結構変わっていくじゃないですか。特に私は変わりやすい性格なので。
ー何が一番変わったと思いますか。
性格そのものが変わりました(笑)。苦手なものに年々気付けるようになったんですよ。苦手なものから目を背けるんじゃなくて、ちゃんと見つめてみて、そのうえでここが上手くできないとかを考えれるようになって。
SHE IS SUMMERの1年目は特にそれを感じました。自分の歴史を辿ったことが大きいのかなと思いますね。私は高校時代は活発なタイプではなくて内向的な性格だったので、ずっと色んなことに疑問をもって深く考えがちで、友達が出来にくかったんですよ。なので「ふぇのたす」に加入したときに自分の考えていることとは真逆のことしてみようと思ったんです。
ー今までの自分から少し離れて、別のアプローチを試したんですね。
そうです。それでボーカルというキャラクターになりきってみたら世界が広がった感じがして、楽しかったんです。ただその代わりに本当に自分が好きなものってなんなんだろう?っていう疑問もまた浮かんできてしまって。
そういう経験もあったので、「ふぇのたす」時の自分と、それ以前の過去の自分、そのちょうど真ん中をとれたのがSHE IS SUMMERだと思っています。
ー今のその状態は以前と比べてどうですか?
良いと思います!知っているものや経験が増えれば増えるほど良いものを選択できるようになるので、年々良くなるしかないですね。
過去の自分は経験の少なさから視野が狭くなってたのかもしれません。なのでSHE IS SUMMERをはじめて、やっと人間としてのスタートラインに立てたかなっていう感じがしています。世界の人はこういう風に見えてたのかって思うことが多いんですよ。
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。