<hide Memorial Day 2019>開催。h
ideヴォーカルトラックでPATA、I.N.
A.との共演も実現

5月2日、<hide Memorial Day 2019〜春に会いましょう〜>が開催された。
1998年のこの日、hide(X JAPAN、hide with Spread Beaver、zilch)の突然の訃報に日本中が大きな衝撃に包まれ、葬儀が行われた築地本願寺には5万人のファンが訪れるなど社会現象ともなった。そしてそれ以後、hideをより身近に感じてもらえるようにと趣向を凝らし開催されてきたのが<hide Memorial Day>だ。

21年となる今年はファンが花を手向けることのできる「献花式」と、「hide FILM ALIVE!」と題したhideの軌跡とソロライブの醍醐味を体感できる特別編集映像によるフィルムライブが行われ、会場のCLUB CITTA’にはおよそ3000名のファンが集まった。献花式開始前の会場では、祭壇を前に関係者による法要が行われ、hideマネジメント事務所(株)ヘッドワックスオーガナイゼーション 代表取締役 松本裕士が挨拶。献花式を待つファン達と共に1分間の黙祷を行った。
会場内のステージ中央に飾られたのは、hideの愛車『(ジャガー)ダイムラー ダブル シックス』。この車はhide自らが注文し、職人の手作業によって作られたもの。通常この車種のカラーはグリーンとされているが、hideのこだわりからブラックカラーに塗装された特注品で、その後、生産が中止になったことから歴史的にも貴重な1台だ。それを囲むようにhideが実際に着用してきた数々の衣装や、愛器のギター・コレクションが特別展示され、春を思わせる華やかな花に囲まれた祭壇と献花台が設けられた。ステージ上に設置された大型スクリーンには約100枚にも及ぶhideの写真やヒストリー映像がスライドショーとして上映され、来場者はスクリーンの映像に映る衣装やギターたちを目の前にしながら祭壇に花を手向けていった。
献花会場の中央では、音にこだわり続けたhideの想いを形にすべく、1年間の開発期間を経て遂に完成した『VDSR(注1)スピーカー』が初お披露目。ここから発信するサウンドをBGMに献花式が行われた。表面がスケルトンの筒型スピーカー内には、hideが実際に愛用していた「衣装」や「パソコン」など遺品の一部を収めたキューブ型のオブジェが設置されており、多くのファンが食い入るように見つめていた。

チケットが完全ソールドアウトとなった第二部の「hide FILM ALIVE!」は、1964年に生まれたhideの人生を振り返るヒストリー映像からスタート。約120分にもおよぶこの作品は、hideの活動を年代順に追体験できるように新たに編集された特別映像で、音響や照明も実際のコンサートと同じ迫力で展開された。会場に集まった観客は実際のライブを観ているかのように身体を動かし、hideの姿に大きな歓声を上げていた。
歴代のメモリアルイベントを映像で振り返りながらhideへのメッセージが流れ、松本がいつも支えてくれるファンへ感謝の言葉を伝えた。続いて松本の呼び込みで、hide楽曲の共同プロデューサーでありhide with Spread BeaverのメンバーであるI.N.A.が登場。さらに松本の「X JAPANのPATAさんって今日、来られていませんでしたっけ?」という声で、アコースティックギターを持ったX JAPANのギタリストであり盟友のPATAがサプライズゲストとして登場。hideのヴォーカルと共に、「HURRY GO ROUND(hide vocal Take2)」を披露した。

この音源は、20年間誰にも聴かれることなく眠っていたhideの未発表ヴォーカル音源。2018年に全国で上映されたドキュメンタリー映画『HUURRY GO ROUND』の主題歌に起用され、同時期に制作が進められていたトリビュートアルバム『hide TRIBUTE IMPULSE』にも収録された。また、2018年に開催された<LUNATIC FEST.2018>では、YOSHIKIのピアノ演奏とも共演した。そして今回、PATAの演奏、I.N.A.の協力で「HURRY GO ROUND(hide vocal Take2)」の初アコースティックライブが遂に実現したのだ。
続いて1996年当時、hideに見出されたバンド ZEPPET STORE、TRANSTIC NERVE(現:defspiral)、SHAME(現:SPEED OF LIGHTS)より木村世治、TAKA、CUTTが登場。会場に集まった約1500名のオーディエンスと共にhideの名曲をアコースティックライブで熱唱。最後の曲「TELL ME」では、再び松本に呼び込まれたPATAが突如登場。

楽器を持たずに登場したPATAはステージに飾られていたhideが実際に使用していたギターFERNANDES MG-X、通称“PAINT”を手に取り、ステージで演奏。hide自らペイントを施したこのギターはhideの代表的なギターで、ステージで演奏されたのは94年以来、なんと25年ぶり。客席からは大歓声が上がった。「いずれこういう時が来るかもしれない」と、継続的にメンテナンスされていたこのギターを通して、hideの想いとPATAの想いが繋がった。こうして献花式から10時間におよぶ<hide Memorial Day 2019〜春に会いましょう〜>は幕を閉じた。

なお、1998年にhideが発足したファンクラブ「JETS」が再度活動を開始することも発表された。永眠から21年経った今もなお、hideのストーリーは色あせることなく、形を変えながら、現在進行形として脈々と語り継がれている。
(c)HEADWAX ORGANIZATION CO., LTD. / photo by Hitomi Katada (nonfix creative) 

セットリスト

M1.MISCAST
M2.DOUBT
M3.SCANNER
M4.BLUE SKY COMPLEX
M5.DICE
M6.TELL ME
M7.CELEBRATION
M8.EYES LOVE YOU
M9.POSE
M10.BACTERIA
M 11.Beauty & Stupid
M12.FLAME
M13.POSE
M14.DOUBT
M15.ELECTRIC CUCUMBER
M16.ROCKET DIVE
M17.ピンク スパイダー
M18.ever free
M19.子 ギャル
M20.HURRY GO ROUND

~シークレット アコースティックライブ~
hide & PATA(X JAPAN) & I.N.A. (hide with Spread Beaver)
M21.HURRY GO ROUND(hide vocal Take2 )
木村世治(from ZEPPET STORE)/TAKA(from defspiral)/CUTT(from SPEED OF LIGHTS
M22.ピンク スパイダー
M23.ROCKET DIVE
M24.FLAME
M 25.TELL ME with PATA(X JAPAN) 

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」