北澤ゆうほ(the peggies)の東京シ
ティ散歩 | vol.2 鈴木友菜

東京の好きな街を散歩しながら、気にな
る人・好きな人とトークセッション

ロックバンド・the peggies(ザ・ペギーズ)の北澤ゆうほさんがゲストを迎え、東京の街を散歩しながら対談する連載『東京シティ散歩』。第2回は、人気モデルの鈴木友菜(すずき・ゆうな)さんが登場。

約5年間専属モデルを務め今年4月に卒業した女性ファッション誌『non-no』の対談連載「NOMUSIC, NOYUUNA.」で、友菜さんがthe peggiesをゲストに迎えたことをきっかけに意気投合。その後は飲み仲間になり、『サマラブ超特急』MVにも出演するなど公私ともに仲良しのふたり。

今回、街歩きに選んだのは、ポップカルチャーの発信地である中野。「サブカルの聖地」とも言われる複合ビル・中野ブロードウェイで待ち合わせ、ぶらりと散歩しながら、「ずっと行きたいと思ってたけど、いつも行列ができてて入れない」とゆうほさんがおすすめする餃子屋『中野餃子やまよし』へ向かいます。

Photography_Yuki Aizawa
Interview & Text_Sotaro Yamada
Edit_Alex Shu Nissen
(the peggies『サマラブ超特急』MV)

中野ブロードウェイは「元カレを撒いた
場所(ゆうほ)」「子どもの頃に来てい
た場所(友菜)」

ゆうほ : 中野といえば、むかし付き合ってた人とブロードウェイでケンカして、2階の女子トイレに1時間こもったことがある。でも待ち伏せされてて、無視しても追いかけてくるから、ブロードウェイを鬼ごっこしてるみたいになっちゃった。

友菜 : なんでケンカになっちゃったの?

ゆうほ : きっかけはたしか、髪型がヘンって言われたこと。

友菜 : (笑)。

ゆうほ : ずっと追いかけてくるから、ドンキに入って撒いて、その後タクシーで帰ったという。そんな思い出の場所。友菜ちゃんは中野に思い出ある?

友菜 : ブロードウェイは子どもの頃に家族でよく行ってたんだよね。地下のソフトクリーム屋さんに行くのが楽しみだった気がするけど、もう20年以上行ってないからほとんど覚えてないし、まだあるのかどうかもわかんない。

ゆうほ : じゃあそこも行ってみよう! ふだん中野にはよく来るの?

友菜 : 大人になってからは時々飲みに来るようになったよ。お酒を飲むとボーリングしたくなるから、中野サンプラザにあるボーリング場もよく行くし。実は今日、ちょっと緊張してて。だってゆうほちゃんと昼間に会うのって、『non-no』の対談以降は初めてじゃない? お酒も飲んでないし、ちゃんと話せるか……。

ゆうほ : 大丈夫、この連載は好きな人と散歩しておいしいもの食べるだけだから(笑)。今日はブロードウェイをまったり歩いて、餃子食べに行くぞ!

友菜 : おおーっ! たのしみー!

1軒目『ガチャガチャ専門店 HAL SHOP』
(2F)

ふたりが最初に立ち止まったのは、ガチャガチャ専門店『HAL SHOP』。各種スクイーズやカプセルトイなど100台以上のガチャを設置。ガチャのみで埋められたスペースは、それほど広くないのに壮観なものがあります。変わったものでは、野性爆弾くっきーさんのガチャなんかもありました。

ゆうほさんが選んだガチャは『GAME BOX neo Skeleton』。シューティング、ブロック崩し、ドライブなど、全26種類、カラー6種類の液晶ミニゲームがあたるガチャ。さっそく回してみると……?
なぜか、ガチャが落ちてこない。詰まっているのか壊れているのか、もしくは白昼夢を見ているのか、回せども機体を揺らせども反応なし。

ゆうほ : ……ま、まあ、300円なんて安いもんよ! もう1回!!
今度は出てきた!

友菜 : え、めっちゃかわいいじゃん!
2回目は成功(というのも変だが)し、ピンクのミニゲームをゲット。それを見て友菜さんもチャレンジし、同じものをゲット。さっそくスイッチをオンにして遊んでみるものの、「遊び方がイマイチわかんない」というふたり。結局、アクセサリーとしておそろいでバッグにつけることになりました。

(※詰まって出てこなかったガチャは、後ほど回収しました)

この日はお昼前に集合したということもあり、人はまだまばら(中野ブロードウェイがオープンするのは11時)。人気店『まんだらけ』の前には、12時のオープンを待つお客さんもちらほら見え、スタッフの朝礼を店の外からちらっと見ることもできました。「これはこれでレアな光景だ」とゆうほさん。「ひとつのカルチャーを今目の当たりにしている」
ガチャガチャ専門店 HAL SHOP
住所:東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ2F
電話:03-5942-9814
営業時間:11:00~20:00

2軒目『デイリーチコ』(B1F)

友菜さんが子どもの頃に行っていたというお店がココ。20年ぶりですが、ちゃんとありました。なんとこのお店、ブロードウェイが開業した1966年から営業しているそう。1966年……ということは昭和41年! 
名物は特大ソフト。味はバニラ、チョコレート、ストロベリー、カフェオレ、ローズ、キャラメル、抹茶、ラムネの8種類で550円。友菜さんが「大きすぎてひとりでは食べられない。もはや“映え”のためにあるようなソフトクリーム」と言うだけあって、8段重ね、重量約70グラムのソフトクリームは迫力満点。クリームの高さだけで30センチあります(コーン含めると70センチ)。
……デカイ!! いや、友菜さんの顔が小さすぎるのか?? 遠近感ワケわからんくなるな。
ゆうほ・友菜 : 甘い!!
というわけで一般的なソフトクリームより甘みが強いそう。特にラムネ味の部分。

ゆうほ : この大きさを食べきるのはハードル高い……あさってくらいまでかかるね……。

(※ミーティア編集部がおいしくいただきました)

デイリーチコ
住所:東京都中野区中野5-52-15 中野ブロードウェイ B1F
電話:03-3386-4461
営業時間:10:00~20:00

>次ページ:いよいよお目当の絶品餃子を実食!

北澤ゆうほ(the peggies)の東京シティ散歩 | vol.2 鈴木友菜はミーティア(MEETIA)で公開された投稿です。

ミーティア

「Music meets City Culture.」を合言葉に、街(シティ)で起こるあんなことやこんなことを切り取るWEBマガジン。シティカルチャーの住人であるミーティア編集部が「そこに音楽があるならば」な目線でオリジナル記事を毎日発信中。さらに「音楽」をテーマに個性豊かな漫画家による作品も連載中。