『東京にあえて泊まってみたら?』をテーマに、東京の宿泊事情を掘り下げました。
東京では今、コンセプトのユニークなカプセルホテルが人気で、海外からのお客さんにも大好評。堀口ミイナも「MANGA ART HOTEL」に実際に宿泊してレポートしました。


記念すべき1回目の放送は、春、そして日曜日にぴったりな楽曲をジャンルレス、タイムレスにコンパイルしました。

J-WAVE 81.3【CHINTAI COLOR OF WONDER】番組紹介
〇Sunday Afternoon / Blossom Dearie
50年代から70年代にかけて活躍したアメリカのジャズ・シンガー。
春、そして日曜日にぴったりな天使のような歌声。
1973年発表の『Blossom Dearie Sings』収録曲。

〇It runs trough me (feat. De La Soul)/ Tom Misch
15歳の時から楽曲をインターネット上に公開してきた
イギリスが生んだ若き天才。HIP HOPもR&Bも軽やかに
取り入れてしまう洒脱なセンスが光る。

〇You can’t turn me away / Sylvia Striplin
HIP HOPのサンプリングのネタとしてもおなじみ、
知る人ぞ知るメロウ・ソウルの名曲。
ふわふわとした歌声が春の木漏れ日のよう。

〇Tints (feat. Kendrick Lamar) / Anderson Paak
あらゆるジャンルの音楽をシームレスに表現できる
ラッパーでありドラマーであり、プロデユーサーである彼。
こんな才能の持ち主が一時、
ホームレスであったこともあるというからびっくり。

〇Tristeza / Astrud Gilberto & Walter Wanderley Trio
カフェ・ミュージックとしても人気のあるボサノヴァの定番曲。
邦題は「悲しみよさようなら」で、落ち込んだ気分から
立ち直りたいと歌っている。冬が終わって春、到来。

〇Still feel like your man / John Mayer
4月の来日公演も大好評だったジョン・メイヤー。
ライブではギター弾きまくりですが、
スタジオ録音ではグッとこらえてメロウな仕上がり。

PARTY CHANNEL(パーティーチャンネル)

おしゃれでパーティー好きな人のためのWEBメディア。
EDM、クラブ、フェスの最新情報からアーティスト・DJのインタビュー、イベントのレポート、パーティーシーンを彩る流行りのファッションやアイテムなど様々な情報を分かりやすくお届け。