この日のテーマは「高架下、どうかした?」と題して、TOKYOの高架下の今をレポートしました。昔ながらの有楽町のガード下は、海外の客さんで大賑わい、観光地化しています。一方、都心から離れた梅屋敷の高架下には、地域のハブになるようなクリエイティヴなスペースが誕生していました。その「梅森プラットフォーム」を取材、高架下の新しい活用法を紹介しました。


休日のお出かけ気分が盛り上がるような楽曲を厳選してジャンルレス、タイムレスにコンパイルしました。

J-WAVE 81.3【CHINTAI COLOR OF WONDER】番組詳細
〇What game shall we play today / Chick Corea
ジャズ・ピアニスト、チック・コリアの歴史的名盤
『Return to forever』収録曲。ヴォーカルは、
フローラ・プリム。このアルバムに参加したことで
世界的に有名になったブラジル人シンガー。
その透明感ある歌声は唯一無二。さあ、今日は何をして遊ぶ?

〇Ordinary Pleasure / Toro y moi
カルフォルニアを拠点に活動する
アフリカ系の父親とアジア系の母親を持つチャズ・ベアーによる
プロジェクトであるトロ・イ・モワ。最新アルバム収録曲。

〇Perfect Angel / Minnie Riperton
春に聴きたいアーティストNo.1と言いたい歌姫。
可憐でどこまでも伸びやかなそのヴォーカルはまさに
パーフェクト・エンジェル。スティービー・ワンダーが
彼女の歌声に惚れ込んでプロデュースをしたことで知られる。

〇I’m All Right / Madeleine Peyroux
フランス系アメリカ人のシンガーソングライター、
マデリン・ペルー。〝21世紀のビリー・ホリデイ〟
〝ポスト・ジョニ・ミッチェル〟と称される。
そのオーガニックな歌声は休日にぴったり。

〇Birds of feather / Mocky
様々なアーティストのプロデュースでも知られる
カナダ出身のマルチ・プレーヤー、モッキー。
イタリア、イギリス、ソマリア、エチオピアなどの血を受け継ぐ
バックグラウンドを持ち、それが彼の音楽性に滲み出ている。
口笛を吹きながら春の散歩に出かけたくなるような1曲。

PARTY CHANNEL(パーティーチャンネル)

おしゃれでパーティー好きな人のためのWEBメディア。
EDM、クラブ、フェスの最新情報からアーティスト・DJのインタビュー、イベントのレポート、パーティーシーンを彩る流行りのファッションやアイテムなど様々な情報を分かりやすくお届け。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着