D

D

D、会場限定5アルバムより
未発表曲「開眼 」の試聴スタート

Dが、4月29日から5月5日にかけて開催するゴールデンウィーク7日間連続ワンマン『Vampire story "7 Days force"』の会場限定で、Dが描くヴァンパイアストーリーのキャラクター5名をコンセプトとした5枚の音源『VAMPIRE STORY" Character Concept Album』をリリースすることがわかった。

このアルバムには既存曲にプラスしてそれぞれのインスト未発表曲を収録しており、さらにボーナストラックとして楽器隊メンバーが既存曲を歌うトラックも収録。ライブは各日のタイトル通りヴァンパイアストーリーの登場人物がそれぞれの日の主人公となることが決まっており、女性ヴァンパイア・ダリエを主人公とした「開眼 (未発表曲)」の試聴も開始された。

7Daysワンマンでは、それぞれのインスト未発表曲と歌の披露も決まっている。この期間以降はヴァンパイアストーリーのテーマ展開がしばしお休みなので、見逃さずに必ず足を運んでほしい。

なお、Dは他にも多数のライブがアナウンスされている。7月17日(水)新横浜公演を皮切りに、ダークなサーカスをテーマに掲げて全国を回るツアーは、ASAGI(Vo)の誕生日当日である8月29日(木)赤羽ReNY alphaにてファイナル公演を開催。そしてGOD CHILD RECORDSによる自社スタジオ・Studio Rosariumにて、HIROKI(Dr)、ASAGIのバースデーパーティーの開催も決定しており、2daysずつの開催で、二部制。Studio Rosariumはヨーロッパの古城や薔薇園をイメージし、世界観を重視した撮影スタジオ、イベントスペース、レンタルスペースとなっている。

7月13日(土)にはFC限定でファン投票制の二部制ライブ開催も決定。昼の部は静かな曲を中心に「しろろの森」、夜の部は暴れられる曲を中心に「くろろの森」として、セットリストを組み展開する。

そして現在、『D TOUR 2108 「Deadly sin」TOUR 』FINALの豊洲PIT公演を収録したLIVE DVDの予約を受付中。2018年の冬ツアーファイナル且つ結成15周年 メジャー10周年のGrand Finalであるこの公演では、シングル「Revive〜荒廃都市〜」「Deadly sin」の楽曲を中心に展開しつつ、ASAGIはヴァンパイアの息子・ジャスティス、そして父親であるヴァンパイアの王・ドライツェンの二役に扮しており、D史上初の組曲「狂王」も初披露。ライブならではの臨場感と深く重厚な物語を納めたこの映像作品から、Dの揺るぎない信念を感じ取ってもらえるはずだ。

ヴァンパイアストーリーの最新作であり、染み渡るような繊細な歌唱から突き刺さるような激しい歌唱も自在に操り、様々な感情や思いを込めたASAGIの歌声と歌詞が深く物語へと誘う、組曲「狂王」。全てが美しく完成された最高傑作と呼べるこちらの作品は通販受付中なので、ぜひ手に入れてほしい。楽曲を通して、ドライツェンの壮絶な様相が強烈に伝わるだろう。情景をイメージした楽器隊の織りなす音像やフレーズも、聴きごたえ抜群の仕上がりとなっている。

さらに、DはV系ロックバンド初となるDMM.comでのオンラインサロンをスタート。様々なコンテンツでファンと密な関係を築くことが出来る月額会員制のオンラインサロンは、クローズドなコミニュティで、まさに新時代を捉えた画期的なサービスだ。オンラインサロン名は“Sub Rosa”=秘密、と名付けられており、限定コンテンツがフルで用意されている「“VIP" Sub Rosa 〜Royal castle〜」(D FC会員のみ入会可能)、コンテンツの一部が楽しめる「“GA" Sub Rosa 〜Secret garden〜」(一般の方も入会可能)と、2つのコースがある。ここでしか見ることが出来ない動画や写真、ブログ等はもちろん豊富な内容である上に、オンライン上でメンバーとのやり取りも楽しめる。開設を記念して会員様限定無料キックオフイベント開催も決定しているので、ぜひチェックしてみよう。

また、和をコンセプトにソロとしての活動も展開しているASAGIが、『"浅葱"単独公演「妖狐の嫁入り〜京都炎上編〜」』を9月22日(日)に京都MUSEにて開催する。妖狐に扮した浅葱がどのような物語を繰り広げるか、燃え上がるようなライブを期待していてほしい。

2006年にオール・ギターインストゥルメンタルの音源をリリースし、コンスタントにソロとしての活動を行ってきたギタリストRuizaのニューミニアルバム『refrain』は、泣きのギターフレーズやワウを駆使したソロ、メタリックで重厚なサウンドなどが聴きごたえ抜群の仕上がり。こちらも通販受付中なので、メンバーのソロ作品も要チェックだ。
■アルバム『Dahlie』収録曲 「開眼 (未発表曲)」試聴URL
http://www.d-gcr.com/discography/discography2.html
※こちらは試聴版として音声データを圧縮しております。製品版はさらにハイクオリティーな音質にてご視聴いただけます。
アルバム『Dahlie』2019年4月29日発売
    • GCR-181/¥1,500
    • <収録曲>
    • 1.開眼
    • 2.隷獣~開闢の炎~
    • 3.My unborn baby
    • 4.赤き羊による晩餐会
    • 5.開眼(Instrumental)
アルバム『Kirchei』2019年4月29日発売
    • GCR-182/¥2,500
    • <収録曲>
    • 1.Misty(Instrumental)
    • 2.コールドスリープ
    • 3.Glacial melt
    • 4.Kの氷奏曲
    • 5.月と海の誓約
    • 6.氷の墓標
    • 7.Gemini ~片羽の報復~
    • 8.氷獄の魔獣
    • 9.Crystal Crown
    • 10.血に濡れた一角
    • 11.SECRET HANGAR
    • 12.STAR SAPPHIRE
    • 13.コールドスリープ(Kircheis(Ruiza) Vocal ver.)
アルバム『Rafaga』2019年4月29日発売
    • GCR-183/¥2,100
    • <収録曲>
    • 1.Determination~風の決意~ (Instrumental)
    • 2.翠緑の翼
    • 3.Memento~風のレイピア~
    • 4.風に嫁いだバイラオーラ
    • 5.Solitude~最後の手紙~
    • 6.Little Adventurers
    • 7.Ghost in the mirror
    • 8.翠緑の翼 (Rafaga(HIDE-ZOU)Vocal ver.)
アルバム『Carbuncle』2019年4月29日発売
    • GCR-184/¥2,300
    • <収録曲>
    • 1.凄艶(Instrumental)
    • 2.クヴァンデルの肖像
    • 3.ひび割れた柘榴石
    • 4.Luminous flame
    • 5.愛は棺の中に
    • 6.紅の蝋涙
    • 7.Dragon Princess
    • 8.微熱~雨の幻想曲(ファンタジア)~
    • 9.The Secret Rose Garden
    • 10.クヴァンデルの肖像(Carbuncle(Tsunehito) Vocal ver.)
アルバム『Wilderness』2019年4月29日発売
    • GCR-185/¥2,100
    • <収録曲>
    • 1.Vorreiter(Instrumental)
    • 2.Desert Warrior
    • 3.太古の牙(Instrumental)
    • 4.砂上のバラドゥン
    • 5.アネクメネ(Instrumental)
    • 6.猿王の腰掛け
    • 7.ザハブを継ぐ者(Instrumental)
    • 8.千夜一夜のダラブッカ
    • 9.Desert Warrior(Wilderness(HIROKI) Vocal ver.)
D
アルバム『Dahlie』
 アルバム『Kirchei』
アルバム『Rafaga』
アルバム『Carbuncle』
アルバム『Wilderness』

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」