ピンク、ネガティブ・コメント殺到に
「もう子供の写真はシェアしない」

ピンクは、ネガティブなコメントが殺到したことに涙し、もう子供の写真はSNSでシェアしないと誓ったそうだ。
彼女は数週間前、庭にペリカンが迷い込み、子供たちと一緒に食べ物を与える瞬間を収めた写真をインスタグラムに投稿したが、2歳の息子がおしめをつけていなかった(下半身丸出しだった)ことから炎上。児童相談所に連絡するとまで言われたそうだ(その後、ピンクは息子の下半身を塗りつぶし、画像を再投稿した)。

月曜日(4月22日)アメリカのトーク番組『The Ellen Show』に出演した彼女は、愉快な瞬間をシェアしたつもりが、予想外の反響が巻き起こったことに「泣いたわ。すごく泣いた」「私はそういう風には見てなかった」と話した。「世間の目にさらされているんだから、もっと気をつけなきゃって言われるのは理解できる。それは正しい。でも、ナイスな言い方があるでしょ。親切な言い方ってあるし、そういう風に言うべきじゃないの?」

ピンクは、修正した写真を再投稿した際、厳しい言葉で批判してきたユーザーを“キーボード戦士”と呼び、「あなた達の多くは真剣にどこかおかしい」とコメントしていた。
これまで、最も誇りに思う子供たちや家族との時間をSNSでシェアしたいと考えてきたが、「もうしない」と決めたという。娘が7歳になり、いいタイミングだとも思うそうだ。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。