FRSKIDのHIYOKO a.k.a. CHICK BOY選
曲プレイリスト『ブランニュー』RAT
BOY、DMA’Sなど|4月連載2/3

FRSKIDのHIYOKO a.k.a. CHICK BOY選曲
プレイリスト

Ugly Cherries / PWR BTTM

HIYOKO a.k.a. CHICK BOYセレクトコメント:
ニューヨークのド派手デュオ、パワーボトムと読みます。既にあるものをいかに新しい組み合わせでやるか、それが僕のNEWと、冒頭語りましたが、その組み合わせ、バランスが完璧だと思います。パンクでシンプルな曲構成に、早弾きバカテクギター、ネオグラムなド派手ルック、NEWです。

REVOLUTION / RATBOY

HIYOKO a.k.a. CHICK BOYセレクトコメント:
UKエセックス出身の
。ロックとヒップホップのミクスチャーはもはや普通だけど、これぞイギリス、ブリットポップなメロディーにスケートカルチャーのミックス含め、組み合わせがNEW。大好きな
をより僕好みに最強にした感じ。

TV / Superfood

HIYOKO a.k.a. CHICK BOYセレクトコメント:
の様なサウンドのバンドは日本含め大量にいるけど、同じだけ有名な
のサウンドを引き継いでいるバンドはあまり見かけない、特に日本では。(
は引き継いでいます)それはやっぱり、やりたくても出来ないんですBlurって。デーモンのソングライティングもグレアムのギターもやっぱ凄すぎて、やってみて実感。ですがこのUKの
は、Blurやマッドチェスターの空気、サウンドを最高のセンスで、今の音でリバイバル出来たバンドです。

Your Low / DMA’S

HIYOKO a.k.a. CHICK BOYセレクトコメント:
Oasisフォロワーは大量にいると前述しましたが、その分“そのまま”になってしまうバンドも多い中、オーストラリアの
はそれを突き抜けて、ギャラガーチルドレンの称号を手にした羨ましいバンド。adidasやUKブランドの服で揃えて、ピンの立ちボーカルで、思いっきりそれを連想させるけど、日本同様、UK、USの中間的なサウンドと、泣けるメロディー。新しいと思います。

Cool Kids / Ivory Wave

HIYOKO a.k.a. CHICK BOYセレクトコメント:
こちらもUKのバンドですが、割と詳細不明。Spotifyでディグリ中に見つけてぶっ飛びました。
タイプのマッドチェスターで、ミッドテンポで一生踊れるトラックに、
以降の空気も持ち合わせた録音や歌で、くぅ〜!この組み合わせはヤラレタ〜!って感じでした。

HIYOKO a.k.a. CHICK BOY選曲プレイリ
スト

フォロー

FRSKID(ex.SESAME) Profile 2017年9月結成。 2018年4月、4TRACK 1STシングル『NA NA LAND/VAMPIRE BOYS』をリリース。 2018年10月、4TRACK 2NDシングル『NATURAL BORN LOVE KILLERS/ANGEL-A』をリリース。 <MEMBER> Gt&Vo&Songwriter HIYOKO a.k.a. CHICK BOY Ba&Vo KYORO Guitar Hero SASAO★SEKAI Dr&Mc NAN-JOE MadchesterやBrit pop、Grungeサウンドを日本人としてハイブリッドに鳴らす4人組ロックンロールバンド。

【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」