小桜舞子、初の名古屋単独コンサート
開催「全国ツアーできたらいいな」

4月11日に小桜舞子が、愛知・名古屋市青少年文化センター アートピアホールで、初の名古屋単独コンサート<小桜舞子コンサート -熱唱!『他人傘』->を開催した。

第一部はドレスでオリジナル曲「恋する城下町」「おんなの湖畔」「悲恋華」「おんなの夜汽車」と、ヒット曲を立て続けに歌唱。その後、Yoko’s burlesque スペシャルダンサーズの二人に素晴らしい踊りを添えて、石原裕次郎の「ブランデーグラス」、水原弘の「黄昏のビギン」、森進一の「恋月夜」と、男性スターの名曲カバーに挑戦。「恋月夜」では、ダンサーの振りに合わせてツイストを踊りノリノリのステージを披露。そして、一部のラストは高橋真梨子の「for you ・・・」でしっとりと幕を下した。
第二部は和服に着替え、イメージを一新して登場。まずは赤と緑の振袖でオリジナル曲「他人傘」「女の雪国」「よされ三味線」、そしてNHK「新・BS日本のうた」やBS日テレ「歌謡プレミアム」の放送でも好評だった、島倉千代子の名曲「東京だョおっ母さん」をしっとりと歌い上げました。実は小桜が島倉千代子と初めて会ったのは、愛知県名古屋市で行われた東海ラジオでの公開録音の時だったというエピソードを披露。そして最後の衣装替えで水色の着物に着替えて、ステージから登場。客席で「小桜音頭」「おんなの素顔」「好きな人見つけた」をメドレー形式で歌い、観客との触れあいを楽しんだ。ステージに戻ると、再びオリジナル作品の中から「鎌足桜」「浜あざみ」「母娘じょんがら」を歌唱。そして、「堀部安兵衛の妻」では、作詞家・木下龍太郎との想い出を披露しつつ、俳優の速水映人が勇ましく妖艶な舞踊を添えた。最後はロングセールス中の「他人傘」をフルコーラスで熱唱しステージを終えた。
終始大盛況だった名古屋での初単独コンサート、小桜は最後の挨拶の時に「あと1曲歌ったらもうコンサート終わりなんだぁ」と、とても名残惜しそうな表情を浮かべつつ「また名古屋でコンサートをさせていただけるよう、そして全国へとつながって、いつかソロコンサート全国ツアーができたらいいなと・・・とまた夢が増えました。これからも良いステージをお届けできるよう頑張ります。」と、感謝と意気込みを語った。11月には4度目となるブラジル公演が計画されている。

<小桜舞子コンサート -熱唱!『他人傘
』->

2019年4月11日(木)@愛知・名古屋市青少年文化センター アートピアホール
セットリスト
■第一部
恋する城下町
おんなの湖畔
悲恋華
おんなの夜汽車
ブランデーグラス
黄昏のビギン
恋月夜
for you

■第二部
他人傘
女の雪国
よされ三味線
東京だョおっ母さん
お梶(速水映人)
小桜音頭
おんなの素顔
好きな人見つけた
鎌足桜
浜あざみ
母娘じょんがら
堀部安兵衛の妻
他人傘

ニューシングル『他人傘』

2018年12月12日 発売
CD:TECA-13895 / 1,204円+税
CD+DVD:TECA-15896 / 1,389円+税
[ 収録楽曲 ]
1. 他人傘
 作詞 仁井谷俊也 / 作曲 岡 千秋 / 編曲 前田俊明
2. 螢火の恋
 作詞 仁井谷俊也 / 作曲 岡 千秋 / 編曲 前田俊明
3. 他人傘(オリジナル・カラオケ)
4. 他人傘(メロ入りカラオケ)
5. 螢火の恋(オリジナル・カラオケ)

・DVD:「他人傘」ミュージックビデオ

関連リンク

全日本歌謡情報センター

歌謡曲・演歌に特化したエンタメ情報サイト