サンタナ、R・ルービン・プロデュー
スでアフリカン音楽にインスパイアさ
れた新作発表

(c)Maryanne Bilham

サンタナが6月7日、2016年リリースの『Santana IV』以来3年ぶりとなるスタジオ・アルバム『Africa Speaks』をリリースする。
リック・ルービンをプロデューサーに迎え、アフリカのメロディ、サウンド、リズムにインスパイアされた音楽が誕生したという。マリブにあるルービンのスタジオ(Shangri La Studios)で行われたセッションを「楽しく、刺激的な10日間」と表しており、わずか10日間で計49曲もレコーディングしたと言われる。多くの曲が1テイクで録音されたそうだ。

『JameBase』によると、彼らは8ピースのバンドを編成し、カルロス・サンタナの奥さん、ジャズ・ドラマーのシンディ・ブラックマンがドラムをプレイしたという。また、スペイン・マヨルカ島出身の女性シンガー、ブイカがヴォーカリストとして参加している。

現在、サンタナのYouTubeチャンネルで、彼女をフィーチャーした1stシングル「Breaking Down The Door」のミュージック・ビデオを公開中。同曲は先週末(4月13日)レコードストア・デイに7インチのヴィニール盤が発売された。
『Africa Speaks』は、サンタナにとって今年早くも2作目のリリースとなる。彼は1月に、セルフ・プロデュースで3曲(+別ヴァージョンの計5曲)入りのEP『In Search Of Mona Lisa』を発表した。当時、これは夏にリリースするフル・アルバムの序文のようなものと表していた。

現在、北米ツアー中のサンタナは、この夏、2つのウッドストック50周年記念イベント<Woodstock 50>と<A Season of Song & Celebration>でパフォーマンスする。

Ako Suzuki

サンタナ『アフリカ・スピークス』|『
Africa Speaks』

2019年6月7日(金)世界同時発売
UCCO-1207 ¥2,600+税
【収録予定曲】
1. アフリカ・スピークス
Africa Speaks
2. バトンガ
Batonga
3. オイエ・エステ・ミ・カント
Oye Este Mi Canto
4. ヨ・メ・ロ・メレスコ
Yo Me Lo Meresco
5. ブルー・スカイズ
Blue Skies
6. パライソス・ケマドス
Paraísos Quemados
7. ブレイキング・ダウン・ザ・ドア
Breaking Down The Door
8. ロス・インヴィシブルス
Los Invisibles
9. ルナ・エチケーラ
Luna Hechicera
10. ベンベレ
Bembele
11. カンドンベ・クンベレ
Candombe Cumbele
12. ミエントラス・タント ※
Mientras Tanto
13. ディオス・ベンディーガ・トゥ・インテリオール ※
Dios Bendiga Tu Interior

※日本盤ボーナストラック

CD予約:
https://store.universal-music.co.jp/product/ucco1207/
iTunes予約:
https://itunes.apple.com/jp/album/1457886268?app=itunes&at=10I3LI

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。