フジロック2019ヘッドライナーのおす
すめ楽曲9選!ケミカル、シーア、ザ
・キュアーをご紹介

フジロック2019 ヘッドライナーのおす
すめ楽曲9選

7月26~28日の3日間、新潟県の苗場スキー場を舞台に国内外から総勢200組以上のアーティストを迎えて開催される「FUJI ROCK FESTIVAL ’19」(フジロック・フェスティバル ’19)。今年は、ポップシーンを沸かせるスターやロック界のビッグネーム、さらには国内外の2019年最新のインディートレンドまで捉えたラインナップが魅力です。ヘッドライナーには
が抜擢され、昨年の新機軸から一転、ベーシックな路線へ回帰しています。今回はヘッドライナー3組それぞれのおすすめ楽曲をご紹介します。

ケミカル・ブラザーズ

Setting Sun

が1996年9月30日にリリースしたシングル。
をゲストボーカルに迎え、シングルチャート1位を獲得しました。このシングルをきっかけに、2枚目のアルバム『Dig Your Own Hole』が大ヒットを記録。ケミカル・ブラザーズがブレイクビーツとロックを融合させた「ビッグ・ビート」サウンドのパイオニアとして、地位を確立した代表的な楽曲です。

Hey Boy Hey Girl

1999年5月31日にリリースされたシングル曲で、3枚目のアルバム『Surrender』収録曲。曲タイトルでもある「Hey Boy Hey Girl」のコールが印象的で、リリースしてすぐに
のアンセムとなりました。ループを多用しじわじわと盛り上げるトリップ感のある楽曲で、この作品からサイケデリックなサウンドへ傾倒、レイヴ路線へ邁進しました。
の「The Roof Is Fire」のフレーズをサンプリングし、曲中で使用しています。

Got To Keep On

2019年4月12日にリリースされる
4年ぶりのアルバム『ノー・ジオグラフィ』から、先行公開されている楽曲。2月6日にYoutubeで公開されたMVは僅か2か月で420万回以上再生されています。また、同アルバム収録曲「Eve Of Destruction」には日本人ラッパーである
が参加することが公表され、日本国内でも大きな話題となりました。

シーア

Cheap Thrills

シーアが2016年2月11日にリリースした7枚目のアルバム『This Is Acting』の収録曲。同アルバムからシングルカットされた同曲は、世界中でロングヒットを記録し、米国ビルボードトップ100で1位を獲得、2017年グラミー賞ではベストポップパフォーマンス・デュオ部門にノミネートされました。オリジナルバージョンと、ジャマイカのレゲエ歌手ショーン・ポールをゲストに迎えたショーン・ポールバージョンがあります。

Chandelier

2014年7月4日にリリースされた
の6枚目のアルバム『1000 Forms of Fear』から先行シングルリリースされた楽曲。アルバムは2015年の第57回グラミー賞で、最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞、最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス、最優秀ミュージックビデオにノミネートされています。世界的に大ヒットする以前から
ら、超ビッグネームアーティストに曲提供をしていたシーアは、同曲のMVをきっかけにシーアの名でスターダムにのし上がりました。MVは現在20億回再生されています。(2019年4月時点)

Thunderclouds

2018年5月に始動したシーアディプロラビリンスによるコラボレーション・プロジェクト、LSDのシングル曲。4月12日にリリースされるデビューアルバム『ラビリンス、シーア&ディプロ・プレゼンツ・・・LSD』にも収録されています。映画『ワンダーウーマン』のサウンドトラック共作を含め、数年来の友人同士だったというシーアとラビリンスがスタジオで楽曲制作をしている際に、ディプロに声をかけたことをきっかけに結成されたスーパーグループです。

ザ・キュアー

Friday I’m In Love

1992年4月21日、
がリリースした9枚目のアルバム『Wish』収録曲。このアルバムで全英1位、全米2位を獲得しました。ダーク・ゴシックな音楽性が多いザ・キュアのキャリアの中でもポップなアルバムとして大衆からも幅広く親しまれています。
主演で
監督の映画『アバウト・タイム 愛おしい時間について』での使用や、
によるカバーなど、他著名アーティストからも愛される代表曲です。

Just Like Heaven

1987年5月25日にリリースされた7枚目のアルバム『Kiss Me, Kiss Me, Kiss Me』収録曲。
の曲の題材として度々つかわれる、ギターボーカルの
と妻
との関係を歌った楽曲です。同アルバムは18曲入りの超大作で、このアルバムからロバート・スミス以外のバンドメンバーも積極的に曲制作に参加するようになりました。

Pictures of You

1989年5月12日にリリースされた8枚目のアルバム『Disintegration』収録曲。バンドの音楽性をダークなポストパンクからはじめ、ダーク・サイケデリックな時期を通過、ポップと変容していく中でもう一度ダークな音楽性へ原点回帰した作品。同作品の次のアルバムにあたる『Wish』から再度ポップな路線へ邁進し、カルト性を保ちながら大衆からも支持されるモンスターバンドとなりました。「Just Like Heaven」と同様、
が妻
との関係を歌った楽曲です。
【関連記事】

DIGLE MAGAZINE

プレイリスト専門webマガジン「DIGLE MAGAZINE」。最新&話題の音楽プレイリスト情報、インタビュー、イベント情報をお届けします。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」