GLIM SPANKY

GLIM SPANKY

GLIM SPANKY、「TV Show」が
ミュシャ展イメージソングに決定

7月13日(土)より9月29日(日)まで、Bunkamuraザ・ミュージアムにて開催される『みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ――線の魔術』展覧会のイメージソングとして、GLIM SPANKYの「TV Show」が決定した。「TV Show」は昨年11月に発売されたアルバム『LOOKING FOR THE MAGIC』に収録されている。

GLIM SPANKYは昨年5月に自身初となる日本武道館公演を大成功させ、7月の『FUJI ROCK』ではメインステージであるGREEN STAGEで大きな爪痕を残すライブを披露し、11月にLAレコーディングを実施した4th アルバム『LOOKING FOR THE MAGIC』をリリース。

全国24都市27公演によるツアー『LOOKING FOR THE MAGIC Tour 2019』も各公演で超満員の来場者を熱くさせており、FINALとなる6月8日豊洲PIT公演が完売となったため、急遽、7月7日新木場STUDIO COASTにて『LOOKING FOR THE MAGIC Tour 2019 "EXTRA SHOW"』として追加公演が発表されたばかり。さらに6月22日には台湾で『LOOKING FOR THE MAGIC Tour 2019 in Taipei」、6月29日には初の香港TTNで「LOOKING FOR THE MAGIC Tour 2019 in Hong Kong』でのワンマンライブも決定している。

■『みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ――線の魔術 』公式ホームページ
https://www.ntv.co.jp/mucha2019/

【松尾レミ(GLIM SPANKY) コメント】

私がミュシャを好きになったのは確か中学生のはじめの頃でした。
もともと、幻想的なものや1900年代初頭のヨーロッパのポスターや月ブーム(当時、ヨーロッパで様々なモチーフに月が使われた)が好きで、幻想の世界を追い求めていた時に何かのきっかけでミュシャを知りました。
とても好きだった作品は連作〈月と星〉(1902)という作品で、宵から明けまでの世界が表現されています。ミュシャの絵を模写するのも好きでした。
そんな中、私はロックに夢中になります!
1960年代中盤〜1970年代前半あたりのロックは特に、様々なカルチャーやアートが組み合わさって実験的に表現されていますが、なんと、当時のサイケデリック・アートにはミュシャのオマージュがたくさんあるのです!
ロックポスターやグラフィックの本で知りました。
全く違う場所で好きになったこの二つが、繋がっていたなんて!と驚き、嬉しかったことを覚えています。
そして今回自分の曲が、「みんなのミュシャ」イメージソングになるなんて…感慨深いし光栄です。
アール・ヌーヴォーを感じるのもよし、商業用ポスターとしての素晴らしき芸術性に感心するのもよし、
サイケデリック・ロックに重ねて見てみるのもよし、美しき幻想の世界に入り込むのもよし、様々な楽しみ方で、ミュシャを感じたいし、感じてください。

「TV Show」MV

『みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ――線の魔術 』

会場:Bunkamura ザ・ミュージアム(渋谷・東急本店横)
会期:7月13日(土)〜9月29日(日)
※7月16日(火)、7月30日(火)、9月10日(火)のみ休館
開館時間:10:00-18:00 
※毎週金・土曜日は21:00まで 
※入館は各閉館時間の30分前まで
<展覧会内容>
アール・ヌーヴォーを代表する芸術家アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)。 彼が紡ぎだした「線の魔術」ともいえる華やかなポスターは今もなお世界中の人たちを魅了し続けています。本展ではミュシャが手掛けたポスターなどのグラフィック作品はもとより、彼の作品に強い影響を受けた明治期の文芸誌の挿絵、1960-70年代を中心にアメリカ西海岸やロンドンで一大ムーヴメントを巻き起こしたグラフィック ・アート作品、そして、日本の マンガ家や グラフィック・アーティスト の作品などおよそ250点 を展示。作品を通じて、時代を超えて愛される画家の秘密をひも解く、かつてない展覧会です。

◎4月27日(土)より、各種チケットも続々と発売!
・会場でも入手できない!オリジナルグッズ(非売品)付スペシャルチケット
・山田五郎さんと巡る プレミアムナイトチケット

アルバム『LOOKING FOR THE MAGIC』発売中
    • 【初回盤】(CD+DVD)
    • TYCT-69132/¥4,600+税
    • 【通常盤】(CD)
    • TYCT-60123/¥2,700+税
    • <収録曲>
    • ■CD
    • 1. 4 Dimensional Desert
    • 2. Love Is There
    • 3. TV Show (「みんなのミュシャ ミュシャからマンガへ――線の魔術」展覧会イメージソング)
    • 4. ハートが冷める前に (アサヒ飲料「WILKINSON」コラボレーション曲)
    • 5. The Flowers (三越伊勢丹グループ『2018花々祭 WILD FLOWERS〜花を愛する人々〜キャンペーンオリジナルソング』)
    • 6. In the air  (モバイルのために生まれたオーディオブランド『GLIDiC』タイアップ曲)
    • 7. 愚か者たち (映画『不能犯』主題歌)(AbemaTV『格闘代理戦争2ndシーズン』主題歌)
    • 8. Hello Sunshine (メ~テレ『デルサタ』『デルサタ11』番組テーマ曲)
    • 9. All Of Us (テレビ朝日系列ドラマ『警視庁・捜査一課長 season3』主題歌)
    • 10. To The Music  (NHKワールドJAPAN・BSプレミアム『J-MELO』エンディングテーマ)
    • 11. Looking For The Magic (スノーリゾート2018-19タイアップ曲)
    • ■DVD
    • 2018.5.12「GLIM SPANKY LIVE AT 日本武道館」ライブ映像
    • ・アイスタンドアローン
    • ・焦燥
    • ・褒めろよ
    • ・MIDNIGHT CIRCUS
    • ・闇に目を凝らせば
    • ・BIZARRE CARNIVAL
    • ・The Trip
    • ・お月様の歌
    • ・ダミーロックとブルース
    • ・ミュージック・フリーク
    • ・いざメキシコへ
    • ・怒りをくれよ
    • ・吹き抜く風のように
    • ・美しい棘
    • ・ The Flowers
    • ・All Of Us
    • ・愚か者たち
    • ・NEXT ONE
    • ・END ROLL
    • ・In the air
    • ・サンライズジャーニー
    • ・大人になったら
    •  
    • ◎UNIVERSAL MUSIC STORE 数量限定販売商品
    • 【CD+松尾レミデザインTシャツ】 
    • ¥5,500+税 
    • ※CD : 通常盤(TYCT-60123)と同様
    • ※サイズ:男女兼用L / 着丈73cm、身幅55cm 
    • ※素材:綿100%
    •  
    • ■UNIVERSAL MUSIC STORE
    • https://store.universal-music.co.jp/artist/glim-spanky/
    •  

【ライブ情報】

『LOOKING FOR THE MAGIC Tour 2019』
4月04日(木)  静岡・静岡ark
4月06日(土)  熊本・熊本B.9 V1
4月07日(日)  鹿児島・鹿児島CAPARVO HALL
4月09日(火)  京都・京都磔磔
4月11日(木)  愛媛・松山サロンキティ
4月13日(土)  高知・高知キャラバンサライ
4月14日(日)  香川・高松MONSTER
4月26日(金)  長野・松本a.C
4月28日(日)  新潟・新潟LOTS
4月29日(月)  石川・金沢EIGHT HALL
5月03日(金)  北海道・札幌PENNY LANE24
5月04日(土)  北海道・札幌PENNY LANE24
5月11日(土)  愛知・名古屋DIAMOND HALL
5月12日(日)  愛知・名古屋DIAMOND HALL
5月18日(土)  大阪・大阪なんばHatch
5月24日(金)  広島・広島CLUB QUATTRO
5月25日(土)  福岡・福岡DRUM LOGOS
5月31日(金)  宮城・仙台Rensa
6月08日(土)  東京・豊洲PIT
<海外公演>
6月22日(土) 台湾公演『LOOKING FOR THE MAGIC Tour 2019 in Taipei』
6月29日(土) 香港公演『LOOKING FOR THE MAGIC Tour 2019 in Hong Kong』

『LOOKING FOR THE MAGIC Tour 2019 "EXTRA SHOW"』
7月07日(日) 東京・新木場STUDIO COAST

GLIM SPANKY
アルバム『LOOKING FOR THE MAGIC』

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。