【インタビュー】BIGMAMA「僕らはず
っと邪道の邪道を逆張りし続けている
ところがある」

BIGMAMAが2019年第一弾作品として、1年ぶりのシングル『mummy mummy』を4月17日にリリース。同曲は4月から放送中のテレビドラマ『賭ケグルイ season2』の主題歌。前シリーズから2作連続での主題歌担当について、フロントマンの金井政人(Vo.Gt)はどのような姿勢で楽曲制作と向き合ったのか。2018年10月発表のメジャー第1弾アルバム『-11℃』以降の活動を振り返りつつ、現在のモードを語ってもらった。

■アルバム『-11℃』はフィジカルを意識し、音を入れすぎずに作った作品
■今作はそこのブレーキを外して意識的に前作から離れようとしている

──昨年10月のメジャー1stアルバム『-11℃』から半年経ちましたが、改めてあのアルバムは金井さんにとってどういう1枚だったんでしょう?

金井政人(以下、金井):最新作のリリース、それに伴うツアー、そのツアーで自分たちがどれくらいの熱量を生み出せたかというところと純粋に向き合う時間があったことがすごく有意義でしたね。特に前作ではすごくフィジカルなことを意識していて、どれだけ自分たちにできることがあって、できないことがあって、向いていることがあって、適性があって、やるべきことがあって、とかを考えて。ロックバンドの中にバイオリンの音色があるということをシンプルにやり遂げたかったし、それがちゃんとできたアルバムになったんじゃないかな。それは、例えばこの先10年、20年と日本にいろんなアーティストが出てきて、これをやり続けることに価値があるんだということを自分の中で再認識できるリリースでありツアーだったと思っています。

──では、BIGMAMAというバンドの在り方……原点とまでは言わないものの、こうあるべきというのをもう一度体現できたというのもあるんでしょうか?

金井:そうですね。このフォーマットに価値があるというか、自分たちが勝負をし続けられる土台を確実に作れているんだなということをはっきりさせられたのかな。これまでも、僕たちはどう歌詞やメロディにこだわるかということよりも、ロックバンドにバイオリニストがいるということを絶対的に一番に置き続けていたわけで。その価値をもう一度感じるタイミングだったと思います。

──そういうこだわりがブレる瞬間というのは、これまでの10数年の中でブレることはありませんでしたか?

金井:確実に好みの話だけでいうと、バイオリニストのいる音楽だけを聴き続けることはないと思うし、僕自身いろんなアーティストを聴くしいろんな音楽が好きだし。というところで、やっぱり自分が好きなものと実際に作るものとで、どうしてもそぐわないところが出てきてしまう。例えば、全曲にバイオリニストがいなくちゃいけないかというと、本来的にそんなことはないはずだし。ただ、この5人でやるべきこと、できること、カッコいいと思って人様に差し出せることというと、また線引きがあるので、それはその都度バランスの違いはありました。やっぱり全部が全部同じように作ろうとすると苦しくなっちゃうし、楽しくなくなってしまうので。
▲「mummy mummy」初回限定盤(CD+DVD)
▲「mummy mummy」通常盤(CD)

──なるほど。

金井:ただ、それがちょうど前作というメジャーへの“引っ越し”後の最初のイベントにおいて、自分たちで改めてお気に入りの家具を持っていく上で、シンプルにあまりモノを置きすぎないようにして、「ロックバンドにバイオリンがいることはカッコいいね、アリだね」っていうことを感じてほしかったんです。なので、ものすごく過剰包装する必要もないし、なるべくほかの要素を身に纏わないように削ぎ落とす作業を主軸に置いて。僕はそこでずっと勝負をし続けるために、ジャンケンをし続けないといけないと思っているんです。

──ジャンケンですか?

金井:はい。僕が言っている前作の出来事って、基本はグーなんですよね。確実に一番強くてまとまりのあるものとしてのグー。でも、チョキやパーもないと長く勝負は続けられない。それが例えば、よりポップスであることであったり、弦をもっと増やしていくことだったりすると。そうやって今の僕らは手を変えることができるんです。なので、自分なりのチョキとパーのタイミングというのはありました。

──バンドによってはグーを出し続けることが美徳とすることもありますけど、だからこそチョキやパーの大切さがより際立つと。

金井:そうですね。僕もグーの美徳というのはわかりますけど、それが時には10分の7なのか、あると思わせるだけでいいのか、その都度で変わることもある。そこはタイミングもあるし、そのときどういうことに興味を持っているかとか内在しているトレンドみたいなものもある。それに、受け手もずっとグーが来るとわかっていたらドキドキしなくなっちゃいますしね。どちらかというと僕はずっとグーを出し続けられなかったほうの人間なので、そこに関しては紆余曲折はそれなりにあったと思います。

──特にアルバムだといろんな球種を織り交ぜることもできますし、逆にひとつの塊として統一感を出すこともできます。一方で、シングルは数曲でひとつのフォーマットとして、聴く人に何かを提示する。BIGMAMAはこれまでもたくさんのシングルを発表していますが、そのフォーマットに対するこだわりは金井さんの中でどれくらいありますか?

金井:僕の中でシングル、アルバムっていうものを切り離して考えたことがなくて、そのたびに作品と思うようにしていて。まずリードとなる曲、この曲を単独で聴いてもらう。そこに何か添えることができるときは、リードとなる曲が基準となる作品とするべきだと思うんです。特にモノとして残しておきたいと思っている人に対しては、例えばシングルの場合、3曲あったら差し出す順番は考えます。それは手元に形として残しておきたいという愛情表現をしてくれる人に対して、自分なりの最低限の誠意ですね。でも、配信を含めていろんな形で音楽をゲットしてもらえても僕は全然いいし、聴いてもらえるだけでその思いは成就しているので。

──こだわりはあるものの、音楽を聴いてもらう上でいろんな道筋は残しておきたいと。

金井:はい。それが1曲単位だったら人様に差し出すときにすごい一品料理を作るつもりでいいのかもしれないけど、シングルの場合は、そのときの感覚で3品料理を作るときもあるし、1品を大切にするためにそれに合う飲みものと食器を揃えるときもある。今回のシングルはどちらかというと後者なんです。メインの1曲があって、あとは同じ湿度のものを揃える。それは具体的にいうと、ロックバンドとして音色の分量と打ち込みの素材の分量を揃えたものをあと2つ差し出すべきだということ。アルバム『-11℃』がフィジカルなところを意識した、なるべくいろんな音を入れすぎずに作った作品だとしたら、今作はそこのブレーキを外して、なんなら5人で演奏することにもまったくこだわらず、意識的に前作から離れようとしているところがあるんです。
──実は、今おっしゃっていたお話はまさに今回聞いてみたかったことでして。今回のシングル『mummy mummy』はアルバム『-11℃』と質感が異なりますし、フィジカル的な前作とは異なるクールさが全体を覆っていると感じていたので、今のお話ですごく腑に落ちました。

金井:作っている人たちは同じですけど、前作を作り終えてツアーを回ってまた何か作ろうというときに、自分の中でひとつ潮目が変わった瞬間があったんです。僕はライブの熱量と自分が聴くものとしての音楽の向き合い方に、ちょっとだけズレがあるんだなってことをずっと感じていて。自分が聴いて好きなものの割合をもう少し増やして作りたいと僕自身も思っていたし、それがほかのメンバーとそんなにズレがなかったので、じゃあ次はそういう意図を持って聴きやすいもの、熱量が快適で汗をかきすぎないもの……よりクールにというか、そういうことを意識して作れたらいいんじゃないかなと。そういうものを自分たちの中で次のビジョンとして意識していたいので、そのキックオフとして「mummy mummy」という曲を……今回はタイアップが付いていたので、この曲を選んでもらえたのは結果としてすごくよかったなと思っています。

──「mummy mummy」を聴くと、すごくスタイリッシュだなと思いました。どこか品があるというか。そこがアルバムとはちょっと違っているなと感じたんです。

金井:これは基本的なことで、「上品かつ下品であれ」と思っているんです。そもそもロックバンドって乱暴さというか、粗雑さや荒さがすごくカッコいいんですよね。でも、そこに弦楽器ひとつをプラスすると緻密さを求められるようになる。それはチューニングだったりリズムだったりと、人が増えると難しさも増える。バイオリンってやっぱり、ものすごくお上品な楽器じゃないですか。だけど、それを荒く、下品や雑に扱えるのも自分たちのメリットだと思っているんですね。そこはいろんなやり方で、自分たちなりに更新してきてはいて。その熱量と湿度みたいなものを“モア・クールに”という感覚でコントロールして『-11℃』を作ったんですけど、ライブではきちんと熱量のあることができていた。だったらもっとクールにやってやろうという方向に転んだのが、本作かもしれないですね。
■『賭ケグルイ』は駆け引きとか騙し合いのあるストーリー
■僕はいかに言葉で遊ぶか作品に近づきたいという意識があった

──「mummy mummy」はテレビドラマ『賭ケグルイ season2 』の主題歌。昨年放送された前シリーズでも「Strawberry Feels」が主題歌に起用されましたが、こういった要素は曲作りにどの程度影響してるんでしょう?

金井:僕の場合は単純にこのテーマがありがたいというか、やっぱり何もなしには曲が作れなくて。こういうものを書きたいとか、こういうふうにモノを作ったら新しいものができるんじゃないか、誰かが喜ぶんじゃないかっていう動機付け、モチベーションってすごく必要ですし、だからこそ誰かにお題をもらうことってすごくありがたいんです。それでいうと『賭ケグルイ』というテーマはまず、僕らのバンドの成り立ちにすごく近いものがあった。僕らはロックバンドの中でずっと逆張りをしているというか、正攻法ではないんですね。シンプルにドラムがいてベースがいてギターがいてボーカルがいて、ロックを背負って歌うことが王道だとしたら、僕らはずっと邪道の邪道を逆張りし続けているところがある。そういう意味では、このテーマ自体が僕らにぴったりだとすごく思っているし、逆にこのテーマだと「やりたいことをやってくれ」と言われているようなものなんです。今回は何曲か候補があった中で、最終的にふさわしいものを2曲選びました。片方は次のバンドのアンセムだと思っていた曲で、もう片方はもっと作品の世界に寄り添ったものを作るべきだなと思って作ったもの。結果的に選ばれたのは後者でした。

──前者よりも、作品にしっかり寄せた後者のほうがよりぴったりだったと。

金井:そうだと思います。前者は純粋に次の一歩として、僕らがこのタイアップを意識しない時期に作っていた曲で。僕としてもバンドとしてもどちらが選ばれても構わなかったので、純粋に「どっちが『賭ケグルイ』という作品を彩るのにふさわしいか、どうぞご自由に」っていうくらいの気持ちでした。

──歌詞の言葉の選び方や響きという点においても、かなり遊んでいる印象を受けました。

金井:だいたいこういう場合って、音楽的なところが最初に完成しているんですね。こういうメロディで歌おう、こういうリズムでこういうアレンジで作ろうというところがだいたい先に定まっている。その上で、僕は今回「長いものに巻かれていってしまうと、君が誰だかわからなくなっちゃうよ」ってことを主題に作詞したかったんですね。そこから〈狂ってないです〉とか〈ぐるって巻いて〉とか、そういうフレーズが浮かんできて、あとはどんどん広げていった。大概こういう歌詞って、僕の中では100%中身があることしかないんですけど、そこで中身があるように見せたらダメだなと思っていて。

──じゃあ僕はそれにまんまと乗せられてしまったわけですね(笑)。

金井:でも、そう聴いてもらえるのが僕の中での理想なんです。『賭ケグルイ』自体がそういう駆け引きとか騙し合いのあるストーリーですし、その上で僕はいかに言葉で遊ぶか、騙し合うかで『賭ケグルイ』という作品により近づくことができるのかという意識があったので、こういう場面にまた出食わせたのはありがたかったです。
▲「mummy mummy」初回限定盤(CD+DVD)
▲「mummy mummy」通常盤(CD)

──また、この曲はダンサブルなリズムの上に乗ったギターリフがグイグイ引っ張っていく感じが、2000年代前半のダンスロックを彷彿とさせます。かといってそれが古臭く感じることなく、モダンなクールさを備えているんですよね。

金井:そこはやっぱり、うちのギタリスト(柿沼広也)の腕の良さだと思っています。それこそ今、最前線のトレンドではギターって鳴っていないと思うんですよね。「じゃあ僕らはどうするの?」っていうときに、この5人の中でやっぱりギタリストの存在がサウンドメイキングにおいてプライオリティが高い。それに彼の腕をすごく信じているので、この曲を作るときにそのリフが一番の基礎になるのかなと。僕と柿沼とドラムのリアド(偉武)の3人でこの曲のベースを作ったんですけど、僕は「音数を減らしてほしい」と最初に伝えて、そこからどんどん間を増やしていうことで曲作り自体が転がっていったのを覚えています。

──そういう曲に「mummy mummy」というタイトルが付いたわけですが。

金井:タイトル自体は、どうしてもこれじゃなくちゃいけないというときもあるし、わりと何でもいいなと思っているときもあるけど、その曲のアイコンというか名前をつける作業ってやっぱり見つけやすくしてあげることだと思うんです。ただ、この曲の「長いものに巻かれてミイラになる」っていうテーマはわりとありふれたものなので、そこをどう見つけてもらいやすくするかで奇抜になりすぎてもダメだし、恥ずかしいものでもダメ。実は今回、最初に全然違うタイトルを付けて提案したんですけど、周りから「違う」と言われて。じゃあどうしようか?っていうときに「結局この部分が論点でしょ?」って言われて、じゃあミイラ=mummyってところからタイトルを付けようかと。そこから、この文字が2つ並んでいたときにデザインとして可愛く見えたんですね。しかも、母の日に毎年Zeppでイベントをやらせていただいているんですけど、そこからの「mummy's day」というイベントタイトルまで何となく見えたので、こっちにしようということになりました。

──確かに2つ並べることによりキャッチーさが増すというのはありますよね。

金井:安易ではありますけど、嫌いじゃないです(笑)。

──で、1曲目に「mummy mummy」という推し曲が決まり、そこからカップリング曲を選ぶことになるわけですよね。

金井:普段だったらストックしている曲から引っ張ってくることが多いんですけど、「mummy mummy」は打ち込みの素材が際立つ作品になったので、それに合うものを用意し直しました。僕が主導権を持って打ち込みをしていた曲がいくつかあって、それをこのカップリング用に持ち込むことで一番温度感が揃う作品になるかなと思ったので、普段とは違う作り方をしているんです。「mummy mummy」はきちんとバンドから立ち上げて作っているんですけど、逆に2曲目「吸血鬼はAB型がお好き」、3曲目「Wolfgang in the moon」は先に打ち込みがあって、あとからバンドが入るというやり方をしている。そうやって、最終的に熱量を揃えたわけですなので、カップリング曲に関してはライブでやることを前提としていないというか。それもカップリングならではの遊び方だし、バンドとしての息継ぎの仕方かもしれない。遊ぶなら全力で遊ぶというか、そういう意識がすごく強い2曲ですね。

──サウンド面ではそういうトーンの調整があったと。では、歌詞に関してはいかがですか?

金井:リード曲が「mummy mummy」というタイトルに決まったことで、残りの2曲も作風的に揃えたものを作りたいなと思って、ファーストインプレッションとして「怪物から学べ」というテーマが浮かんだので吸血鬼と狼男で書いてみようと思いました。例えば「吸血鬼はどの血液型が一番美味しいと感じるのか?」とか「狼男が月に吠える理由は?」みたいな、本当にどうでもいいことを書いている。その答えなんて誰にもわからないし知る必要もないんだけど、そこに面白みを持って書けるわけです。基本的にロックバンドなんて遊びですから、歌詞を書くこともその遊びの合言葉を作るようなもの。そういう意味でも、どうボケてどう突っ込むかみたいなことに終始していたと思います。

──なるほど。そのシングルと同時に、〈Complete Version〉と称したアルバム『-11℃』のリパッケージ版もリリースされます。このリパッケージの意図も聞かせていただけると。

金井:『-11℃』というアルバムがどういう作品だったか、まだ買っていない人やリリース時に聴きそびれた人、手に届かなかった人にもう一度、新しいシングル『mummy mummy』と一緒にアピールさせてもらうというアイデアをレーベルもらったときに、アリかなと思って。しかも、この作品にまつわる映像作品も作ってもらっていたので、それを含めてもう一度吟味もらえたらうれしいなというところですね。

──最近海外ではアルバムをリパッケージして、ロングスパンでプロモーションするケースが増えています。特に日本はリリースサイクルが短いぶん、ひとつの作品を長期にわたりプロモーションすることは難しい。そういう意味でも、この手法は興味深いと思いました。

金井:そこに関しては、僕の中でここ最近謎が解けたところがあって。海外のアーティストにはシングルという概念があまり強くないから、突き抜けたテーマのアルバムを作りやすいんですよね。でも、僕自身も含めて日本のアーティストって、シングルに引っ張られやすい。つまり、シングルに向けて曲作りをして、また同じことを繰り返し、そこからアルバム作りに向かうとシングル曲を含めてバランスを取る方向に陥ってしまう。意識していないと、純粋に写真集という意味合いのアルバムになってしまうことが多いわけです。自分もそういう日本のシングル文化にも飲み込まれていて、アルバムとして勝負するときにちょっと色や味が薄くなったりしたことがあったんじゃないかなと、自分の10年を振り返ったときに思うことがあって。それに対して、今は自分なりに傾向と対策みたいなものを考えた上で作品作りをしたいと思っているんです。

──確かに、アーティストによってはシングルをたくさん発表したことでベスト盤のようなアルバムになってしまうケースもありますし、逆にシングル曲を一切入れずにアルバムを制作するケースも少なくありません。

金井:このアルバムにこのシングル曲は入らないって、アーティスト本人にしかわからないこともあるじゃないですか。それって僕が言った話から起こることだと思うんです。僕はそこをうまくマネジメントした上で作る方法を考えたいと思うし、今だったらそれもできると思うんです。

──一度作ったアルバムをちょっと違った見せ方、聴かせ方で提示するで、より広がりを見せることもありますし。

金井:そうですね。ただ、根本的なところでファンを消耗させたくないという気持ちも常にあって。2枚買ってくれ、3枚買ってくれということはロックバンドとしてはしたくないんですね。だからそのために、きちんと前提としてこのタイミングに新しい作品も作りたかったし、と同時に作品としてきちんとプラスアルファのある違うものにすることだったり、完成度を高めることだったりはしたいなと思って、こういう形になったわけです。

取材・文●西廣智一

リリース情報

New Single「mummy mummy」
2019.04.17 Release
初回限定盤(CD+DVD)UPCH-7484 1,800円+税
通常盤(CD)UPCH-5959 1,200円+税
CD
1.mummy mummy
 MBS/TBSドラマイズム「賭ケグルイ season2」主題歌
2.吸血鬼はAB型がお好き
3.Wolfgang in the moon
DVD
「mummy mummy」Music Video

期間限定盤『-11℃ (Complete Version)』
2019.04.17 Release
4,800円+税 / UPCH-7483
CD収録曲:
01.YESMAN(extra cold)
02.Ghost Leg
03.Strawberry Feels
04.Insomniark
05.Jelly Miens
06.POPCORN STAR
07.Funbalance
08.Miffy’s Mouth
09.Step-out Shepherd
10.Happiemesis
11.CRYSTAL CLEAR
12.High Heels, High Life
13.Foxtail
DVD:
映画『つきとたいよう』完全版(全13話、58分)
「Step-out Shepherd」Music Video & Making-of Video

ライブ・イベント情報

BIGMAMA presents 「mummy's day」
5/12(日) Zepp Tokyo
問合せ:ライブマスターズ株式会社
tel. 03-6379-4744 (平日12:00-17:00) http://livemasters.jp

関連リンク

アーティスト

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」