LOVE PSYCHEDELICO キャリア初のア
コースティック作品を配信&映像作品
としてリリース

LOVE PSYCHEDELICOが初のアコースティック作品『“TWO OF US”Acoustic Session Recording at VICTOR STUDIO 302』を、4月24日に音楽配信、5月26日にBlu-rayとしてリリースすることを発表した。
今作は、5月26日の横浜ランドマークホールを皮切りに開催される全国18都市20公演のツアー『LOVE PSYCHEDELICO Premium Acoustic Live “TWO OF US” Tour 2019』に先駆け企画されたもので、気の遠くなるような時間をかけて作品制作を行ってきたLOVE PSYCHEDELICOにとって、初の試みとなるスタジオでたった1日のセッションをライブレコーディングした作品となる。
レコーディングは、1969年の設立以来、数々の名作を世に送り出してきたビクタースタジオ302studioにて3月6日に行われた。そのセッションレコーディングは、前段階として緻密に構築された原曲のアレンジを全て取り払い、2人のボーカル、コーラスとアコースティックギター、エレキギター、マンドリンで演奏できるようにリアレンジ。そこからリハーサルを重ねながら、使用するマイクや楽器、エフェクター、アンプを吟味、チョイスした。さらには録音のために、自身のGOLDEN GRAPEFRUIT STUDIOからビンテージ機材を持ち込むなど、彼ららしく微細な音のニュアンスにまで徹底してこだわり、レコーディングされたという。
スライド奏法でプレイされるNAOKIのアーシーかつブルージーなアコースティックギターにKUMIの生々しい歌声が拮抗する2000年のデビューシングル曲「LADY MADONNA ~憂鬱なるスパイダー~」から、子守歌のように優しく弾き語られる2018年の最新配信シングル曲「Sally」まで、全6曲の極限までそぎ落とされたアレンジは、KUMI、NAOKIのボーカリスト、ギタリストとしての卓越した技量と表現世界の豊かさを際立たせている。
映像作品は1カットで構成され、二人の息づかい、声、空気、笑顔、セッションレコーディングの時間を共有できる特別で贅沢な空間(ドキュメント)となっている。なおBlu-rayは『LOVE PSYCHEDELICO Premium Acoustic Live“TWO OF US”Tour 2019』のライブ会場及びレーベル公式サイトのみで限定販売が予定されている。

SPICE

SPICE(スパイス)は、音楽、クラシック、舞台、アニメ・ゲーム、イベント・レジャー、映画、アートのニュースやレポート、インタビューやコラム、動画などHOTなコンテンツをお届けするエンターテイメント特化型情報メディアです。