4月2日(火)@代官山LOOP

4月2日(火)@代官山LOOP

The Super Ball、ツアーファイナルで
4月より『ザ・ノンフィクション』
テーマソングを務めることを発表

The Super Ballが4月2日(火)、東名阪ツアーFINAL公演を代官山LOOPにて開催し、同公演中にフジテレビ『ザ・ノンフィクション』のテーマソングを4月の番組放送回から務めること、今夏に通算6枚目となるシングル作品を現在制作中であることをサプライズ発表した。

『Yogo Presents 東名阪ワンマンツアー“RHB28"』と銘打たれた今回の東名阪ツアー。FINAL東京公演は吉田理幹(Pf&Vo.)の誕生日にあたる4月2日。ツアー名の“RHB28"というのは、「R=Riki」「H=Happy」「B=Birthday」「28=28years old」の頭文字を取ったもので、相方の佐々木陽吾(Gt&Vo.)が主導となって企画/演出を行った初のツアーでもある。チケットは発売直後にSOLD OUTとなり、代官山LOOPは超満員。SEと共に2人が登場し「ヒカリグライダー」がスタートする。間髪入れずに路上ライブ時代から大切に歌い続けてきた「キラキラ」、最新シングルの「アイビー」で会場のボルテージを一気に上げていく。そして、今度は一転して2人の強みである爽やかで透き通るコーラスとハーモニーを届ける為、ギターとピアノの音色の完全アコースティック・セットへ。そうした中で披露した「純白のドレスを着た君の隣で」は、この日来場していた吉田の実妹が結婚を控えており、この場を借りて妹へ向け披露した。妹だけでなく、会場に集まった多くの女性ファンが聴き惚れさせていたのが印象的だった。後半戦は「Second」を皮切りに、再度アップテンポな楽曲を連投。「are you ready ?」では2人がマイク片手にステージ最前線に出てくると、両手を上げて会場を一体化させていく。本編最後となった「キミ by me」ではサビパートで客席から大合唱が起こり、感動的なシーンであった。

その大合唱は自然とアンコールを求める大合唱へと変わるは必然だろう。しかし、メンバーが登場するかと思いきや…。突如として「緊急発表!」の文字がステージに映し出され、会場が騒然となる。それもそのはず、フジテレビ「ザ・ノンフィクション」のテーマソング・アーティストを4月からThe Super Ballが務める事が発表された。この番組のテーマソングと言えば、多くの人が一度は耳にした事があるであろう「サンサーラ」という楽曲だ。先日までは宮田悟志がテーマソングを担当していたが、過去には中孝介、城南海、瀬川あやかなどが大切に歌い繋いできた名曲。既にレコーディングも済んでおり、4月7日の番組放送回から番組で使用されるとの事だ。会場を驚かせた後、メンバーが再び現れ、2人して興奮しながら歓喜の雄叫びを上げた。そして、“男の友情"をテーマにした「Juice」を披露すると、次は佐々木が吉田へサプライズ誕生日祝いを行う。客席からの「HAPPY BIRTHDAY」の歌声と共に、佐々木の用意したプレゼントを照れながら貰う吉田の姿は、彼らの変わらない人柄が垣間見えて微笑ましい時間となった。アンコールで3曲を披露し、公演が全て終了した直後、サプライズ発表第2弾が行われ、2019年夏にNEWシングルのリリースを予定しており、現在制作を進めている旨が発表された。こうした演出は今までにはあまり見られなかったのだが、音楽とライブに対して実直で勉強熱心な彼ららしさの証で、今後も大きな成長と更なる飛躍を確信するツアーFINAL公演だった。“佐々木陽吾presents"&“吉田理幹28歳最初のライブ"は大成功だったのではないだろうか。

【セットリスト】
1.ヒカリグライダー
2.キラキラ
3.アイビー
4.秘密
5.笑顔のカバー
6.純白のドレスを着た君の隣で
7.ラブソング
8.Second
9.are you ready ?
10.人生ゲーム
11.スーパーボール
12.君の夢は僕の夢
13.キミ by me
Enc1.Juice
Enc2.Good Night
Enc3.弘前公園
シングル「アイビー」発売中
    • 【初回限定盤】(CD+DVD)
    • TKCA-74767/¥1,389+税
    • <収録曲>
    • ■CD
    • 1.アイビー
    • 2.Juice
    • 3.流れ星の街(Piano ver.)
    • 4.アイビー(Instrumental)
    • 5.Juice(Instrumental)
    • ■DVD
    • 1. アイビー(Music Video)
    • 2. アイビー(Making Video)
    • 【通常盤】(CD)
    • TKCA-74768/¥1,111+税
    • <収録曲>
    • 1.アイビー
    • 2.Juice
    • 3.流れ星の街(Piano ver.)
    • 4.アイビー(Instrumental)
    • 5.Juice(Instrumental)
4月2日(火)@代官山LOOP
4月2日(火)@代官山LOOP
4月2日(火)@代官山LOOP
4月2日(火)@代官山LOOP
4月2日(火)@代官山LOOP
4月2日(火)@代官山LOOP
4月2日(火)@代官山LOOP
4月2日(火)@代官山LOOP
4月2日(火)@代官山LOOP
4月2日(火)@代官山LOOP
シングル「アイビー」【初回限定盤】(CD+DVD)
シングル「アイビー」【通常盤】(CD)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」