『ATL-MRトークライブ』

『ATL-MRトークライブ』
人気バーチャルアーティスト・IA&ONEが3月28日、リクルートテクノロジーズが運営するオープンイノベーションスペース「アドバンスドテクノロジーラボ」(以下ATL)にて、MR技術を活用したコラボイベント『IA & ONE ATL-MRトークライブ』を行った。

ATLはアーティストなどによる「ライブ」の新たな楽しみ方、体験づくりへの第一歩として、IA&ONEをメインアクトに迎え、現実空間・VR空間同時に約50名が参加したトークライブを開催した。このイベントはホロラボとATLが共同開発している、現実とVRをつなぎ空間を超えたコミュニケーションを実現する「ATL-MRイベントシステム」を活用することで実現。また、イベントの裏側では、まるでタイムマシンに乗って過去に戻ったかのように、 ライブ当日参加できなかった人も参加した人もその時その場所にいる感覚を後日いつでも好きなように楽しめる仕組みの実現に挑戦。例えば、これまでのライブというものは、実際に参加をすることによる「一度きりの体験」や、第三者が撮影・編集した映像による当日の「追体験」をするだけのものだったが、「ATL-MRイベントシステム」では、時間を問わず何度でも自由に自らの立ち位置を変え、さまざまな角度からライブを観賞し直すことが可能。時間と空間を超えた自由なスタイルで、これまでにないライブ体験を味わうことができる。

イベントではATLを現実とVR空間の舞台とし、現実側からはHoloLensをつけて約20名が現地参加、バーチャル側からはHTC VIVEやOculus Goを用いて20名ほどが任意の場所から参加。リアル・バーチャルともに参加者はログインアイコンとアバターで確認でき、空間を超えて実際に近くにいるように会話が出来る。VR空間内で行われたイベントではIA&ONEの2人がMCとのトークを行ったのち、ライブを披露。参加者は正面からや舞台の後ろからなど、さまざまな場所からパフォーマンスを観賞し、MRの世界を体感した。

音声のトラブルなどもあったが、参加者からは「タイムマシンというコンセプトはとても大事。進化に期待」「トラブルもあったが、それ以上に得られるものが大きかった」「IAちゃんONEちゃんが、目の前でトークしながら可愛く動いていて感動しました」といった声が上がった。

■ATL-MR全体のコンセプトムービー
https://vimeo.com/261243472
『ATL-MRトークライブ』
『ATL-MRトークライブ』
『ATL-MRトークライブ』

アーティスト

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着