3月18日東京・恵比寿LIQUIDROOM(ASIAN KUNG-FU GENERATION)

3月18日東京・恵比寿LIQUIDROOM(ASIAN KUNG-FU GENERATION)

アジカン、ツアー2日目は
恵比寿リキッドルームにて
Homecomingsと対バン!

ASIAN KUNG-FU GENERATIONが最新アルバム『ホームタウン』を携えて開催中のASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 2019 「ホームタウン」の東京公演が、3月18日に東京・恵比寿LIQUIDROOMにて開催された。全35本のうち二日目となった本公演では、フロントアクトとしてHomecomingsが参加し、花を添えた。

東京・恵比寿LIQUIDROOMに集まった満員のオーディエンスの大きな拍手に迎えられ、Homecomingsのライブがスタート。アルバム『ホームタウン』の収録曲「UCLA」にゲストボーカルとしても参加している畳野彩加(Vo)の力強く伸びやかな歌声に、福田穂那美(Ba)、石田成美(Dr)の作り出す時に爽快で時に優しいリズムと美しいコーラスワーク、そしてバンドの黒一点でもある福富優樹のギターが軽快に響く。

MCでは「みなさん、はじめまして。京都からきましたHomecomingsです。ASIAN KUNG-FU GENERATIONは中学生のときからずっときいてので、呼んでいただいて本当にうれしいのと、共演できるなんて思っていなかったので光栄です。ありがとうございます」とツアー参加への思いを話すと、「色々とお話ししたいこともあるんですが、今日は限られた時間の中でみなさんに曲を聴いていただきたいので、なるべくたくさん曲をやりたいと思います」とライブは終盤へ。「Blue Hour」を含め、数曲を演奏しオーディエンスの体を揺らした。短い時間の中ではあるものの、凛とした優しい空気を会場にしっかりと残していった。

一際大きな手拍子に迎えられ、ASIAN KUNG-FU GENERATIONの4人とサポートキーボードの下村亮介(the chef cooks me)がステージに登場すると会場の熱量が一気に高まる。サウンドデザインにも徹底的にこだわったアルバム『ホームタウン』を携えての今回のツアー。最新作からの楽曲はもちろん、ライブで披露するのが久々になる楽曲なども含め、新旧を織り交ぜたセットリストでオーディエンスを楽しませた。

「こんばんは、ASIAN KUNG-FU GENERATIONです。東京大丈夫?緊張してるようにみえるけど、リラックスして自由に最後まで楽しんで」という後藤正文(Vo&Gt)のMCから、イントロのギターフレーズとドラムの響きが印象的なアルバムタイトル曲「ホームタウン」を披露。サビではリズムに合わせ手拍子が会場に鳴り響く。ライブは前半から「モータープール」、「荒野を歩け」など最新の楽曲群の中に「ループ&ループ」など人気曲も織り交ぜて展開していく。アルバム制作を経てよりパワフルにそして重心の低くなった伊地知潔(Dr)のドラムと山田貴洋(Ba)がつくるリズムの上で喜多建介(Gt)のギターリフが鮮やかに鳴り響く。

中盤ではシングル「リライト」のカップリングとして収録された「夕暮れの紅」などライブでは久々になる楽曲も披露し、オーディエンスを沸かせた。また、MCでは後藤がシニカルな笑いも交えたトークを展開しつつ、「同じ時代を生きてこうして一緒にいれることって結構ラッキーなことだなと思うんですよ。いろんなバンドとの対バンとかもそうなんですけど。こうやって俺たちのツアーの二日目を見てもらえてとてもうれしいです。ありがとう」と集まったオーディエンスに感謝を述べた。

ライブ後半には、一昨年末に開催されたFEEDERとの対バンツアーで初披露したFEEDERグラント・ニコラスとの共作「スリープ」をエモーショナルに歌い上げ、アルバム「ホームタウン」での新たな試みにもなっている共作、提供楽曲で開いた新たなASIAN KUNG-FU GENERATIONの一面を見せた。また、「レインボーフラッグ」などの楽曲では今回のアルバム制作を経て進化をみせたバンドサウンドのボーカルへの影響が顕著にあらわれ、今まで以上にボーカル後藤の歌う歌詞の輪郭がはっきりとみえるようになり聴き手に優しく、力強く届く。特に「みんなにあえてうれしいです。ありがとう」という後藤のMCから語りだすように歌いだされた「ボーイズ&ガールズ」では、オーディエンスが言葉ひとつひとつを噛みしめながらじっと聴き入っていたように感じた。

一度ステージを後にしたのち、アンコールの歓声に迎えられ再びステージに戻ってくると「ソラニン」、「Re:Re:」を立て続けに披露。「ソラニン」のイントロのギターの一音が鳴った瞬間に会場からは歓声が沸き上がり会場のボルテージが一気に上がると、「Re:Re:」のサビではオーディエンスの大合唱が起こる。

そして最後に「魂が揺さぶられればなんでもいい。それが文学でもいいし、詩作でもいいし、絵画でもいいし、ダンスでもいいし、友だちといることでもいいし、それが一番大事だなと思っていて。自分が作るものがみんなのことを縛るものではなくて何かを解放するものであって欲しい」とメッセージを残して、新曲「解放区」を披露し、この日の公演の幕を下ろした。

なお、本ツアーは残すところ10本となる前半のライブハウス公演、そして13本のワンマンホールツアーを予定。ライブハウスの各公演にはゲストアーティストによるフロントアクトもあるため、各公演情報をチェックして欲しい。
アルバム『ホームタウン』2018年12月5日発売
    • 【初回生産限定盤】(2CD+DVD)
    • KSCL-3121~3/¥4,600+税
    • ※プレイパス対応
    • <収録曲>
    • ■CD1
    • 『ホームタウン』
    • 1.クロックワーク
    • 2.ホームタウン
    • 3.レインボーフラッグ
    • 4.サーカス
    • 5.荒野を歩け
    • 6.UCLA
    • 7.モータープール
    • 8.ダンシングガール
    • 9.さようならソルジャー
    • 10.ボーイズ&ガールズ
    • ■CD2
    • 『Can't Sleep EP』
    • 1.スリープ
    • 2.廃墟の記憶
    • 3.イエロー
    • 4.はじまりの季節
    • 5.生者のマーチ
    • ■DVD
    • ・『ASIAN KUNG-FU GENERATION America Tour Documentary Pt.2 (Latin America)』
    • 【通常盤】(CD)
    • KSCL-3124/¥2,913+税
    • ※プレイパス対応
    • <収録曲>
    • 1.クロックワーク
    • 2.ホームタウン
    • 3.レインボーフラッグ
    • 4.サーカス
    • 5.荒野を歩け
    • 6.UCLA
    • 7.モータープール
    • 8.ダンシングガール
    • 9.さようならソルジャー
    • 10.ボーイズ&ガールズ

『ASIAN KUNG-FU GENERATION Tour 2019 「ホームタウン」』

3月16日(土) 宮城 SENDAI GIGS
フロントアクト:Age Factory
3月18日(月) 東京 恵比寿 LIQUIDROOM
フロントアクト:Homecomings
3月21日(木・祝) 愛知 Zepp Nagoya
フロントアクト:Homecomings
3月28日(木) 大阪 なんば Hatch
フロントアクト:Homecomings
3月29日(金) 大阪 なんば Hatch
フロントアクト:ROTH BART BARON
4月08日(月) 東京 Zepp Tokyo
フロントアクト:MONO NO AWARE
4月09日(火) 東京 Zepp Tokyo
フロントアクト:ROTH BART BARON
4月12日(金) 北海道 Zepp Sapporo
フロントアクト:Tempalay
4月15日(月) 福岡 Zepp Fukuoka
フロントアクト:Tempalay
4月17日(水) 熊本 熊本B.9 V1
フロントアクト:折坂悠太
4月18日(木) 鹿児島 鹿児島 CAPARVO HALL
フロントアクト:折坂悠太
4月21日(日) 沖縄 ミュージックタウン音市場
フロントアクト:唾奇
〜以降ワンマン公演〜
5月18日(土) 埼玉 サンシティ越谷 大ホール
5月19日(日) 埼玉 サンシティ越谷 大ホール
5月22日(水) 神奈川 横須賀芸術劇場
5月25日(土) 宮城 仙台サンプラザホール
5月29日(水) 東京 中野サンプラザ
5月30日(木) 東京 中野サンプラザ
6月01日(土) 茨城 茨城県立県民文化センター
6月04日(火) 埼玉 大宮ソニックシティ 大ホール
6月07日(金) 北海道 札幌 わくわくホリデーホール
6月12日(水) 大阪 大阪フェスティバルホール
6月13日(木) 大阪 大阪フェスティバルホール
6月16日(日) 愛知 名古屋国際会議場センチュリーホール
6月21日(金) 広島 上野学園ホール
6月23日(日) 群馬 群馬音楽センター
6月29日(土) 石川 本多の森ホール
6月30日(日) 新潟 新潟県民会館
7月04日(木) 千葉 市川市文化会館
7月10日(水) 兵庫 神戸国際会館 こくさいホール
7月12日(金) 福岡 福岡サンパレス ホテル&ホール
7月14日(日) 香川 サンポートホール高松・大ホール
7月21日(日) 静岡 静岡市民文化会館 大ホール
7月24日(水) 神奈川 パシフィコ横浜
7月25日(木) 神奈川 パシフィコ横浜

■ツアー特設サイト
http://www.akglive.com/tour2019/

3月18日東京・恵比寿LIQUIDROOM(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
3月18日東京・恵比寿LIQUIDROOM(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
3月18日東京・恵比寿LIQUIDROOM(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
3月18日東京・恵比寿LIQUIDROOM(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
3月18日東京・恵比寿LIQUIDROOM(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
3月18日東京・恵比寿LIQUIDROOM(ASIAN KUNG-FU GENERATION)
3月18日東京・恵比寿LIQUIDROOM(Homecomings)
3月18日東京・恵比寿LIQUIDROOM(Homecomings)
アルバム『ホームタウン』【初回生産限定盤】(2CD+DVD)
アルバム『ホームタウン』【通常盤】(CD)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着