VALSHE、通算100曲目のテーマは“象
徴が、一つとは限らない”

VALSHEが5月22日、12thシングル「「SYM-BOLIC XXX」」をリリースすることが明らかとなった。通算100曲目となる今作のテーマは、“象徴が、一つとは限らない”だ。
VALSHEは2018年、“和”をコンセプトに多層的な楽曲を生み出してきた。そして、2019年は“VALSHE”という根源的なものがコンセプトになるという。前述したとおり、<VALSHE LIVE TOUR 2018「YAKUMO」>で披露された最新楽曲「Are you Ready?」までにVALSHEが発表してきた楽曲は99曲。これまでの楽曲群を踏まえた上で制作された節目の100曲目は、“これまでの、そしてこれからのVALSHE”をあらゆる面で追求したものになる。

“VALSHE”を体現したというビジュアルワークは、ブルーを基調に金色のフリンジで彩られたフォーマルかつ先鋭的なものであり、VALSHEを象徴的するひとつ“金髪”ともマッチした仕上がり。同じ衣装ながら全く異なる2つが端的に表現したのは、“様々な表情を並列に内包した姿こそVASLHEである”というものだ。ミュージックビデオは対比を映像に盛り込むことで、そのメッセージ性がより強固になっているとのこと。

シングル「「SYM-BOLIC XXX」」に収録されるカップリングナンバーもバリエーション豊かだ。自身が作詞作曲を手がけたタイトル未定の新曲はストーリー性の強いゴシックファンタジー。盟友dorikoと共に制作した楽曲は両者共に新境地となるサウンドで、ミニマル感のあるアコースティッククラブサウンドに、エモーショナルなヴォーカルが映える。レーベルメイトの焚吐が初めてVALSHEに書き下ろした楽曲「空腹」では、声優としての活動も行うVALSHEの声がポエトリーに落とし込まれて魅力的な仕上がりとなった。

さらに、この夏、ライブツアー<VALSHE ACOUSTIC LIVE TOUR 2019[Unplugged DocumeNts.]>を開催することも発表された。アコースティックスタイルを想起させるライブタイトルがセンセーショナルだが、これまで5都市ツアーが最多だったVALSHEにとって、12ヵ所を巡る最大規模の全国ツアーとなることも特筆ものとなる。

■12thシングル「「SYM-BOLIC XXX」」

2019年5月22日(水)発売
【初回限定盤 WHITE (CD+DVD)】JBCZ-4048 ¥1,900(税込)
▼特典DVD
・「「SYM-BOLIC XXX」」Music Video
・Making of 「「SYM-BOLIC XXX」」

【初回限定盤 BLACK (CD+DVD)】JBCZ-4049 ¥1,900(税込)
▼特典DVD
100曲記念「VALSHEに聞きたい100のコト〜一番の理解者は誰だ?〜」

【通常盤 (CD)】JBCZ-4050 ¥1,400(税込)
▼CD収録曲 ※カップリング曲順未定
1.「SYM-BOLIC XXX」
lyrics by VALSHE music & arrangement by Shun Sato
・Prey
lyrics by VALSHE music & arrangement by 齋藤真也
・空腹
lyrics & music by 焚吐 arrangement by Shun Sato
・タイトル未定(仮)
lyrics & music by VALSHE arrangement by G’n-

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。