アルバム『MAXIMUM ROCK N ROLL: THE SINGLES』

アルバム『MAXIMUM ROCK N ROLL: THE SINGLES』

プライマル・スクリーム、
シングル・コレクションを5月に発売

グラスゴー出身、ボビー・ギレスピーを中心に1980年代から活動をしてきたプライマル・スクリームが、その35年に渡るロックンロールな歩みをふりかえり、シングル・ディスコグラフィのひとつを壮大なコレクションにまとめた『MAXIMUM ROCK ‘N' ROLL:THE SINGLES』を5月24日に海外発売することが決定した。

1987年のデビューアルバム『ソニック・フラワー・グルーヴ』から2016年の『カオスモシス』までの全11枚のオリジナル・スタジオ・アルバムから、「ジェントル・チューズデイ」、「ローデッド」、「ロックス」、「カントリー・ガール」など30曲を収録、さらにNMEが1986年にリリースしたコンピレーション・カセット『C86』に収録、「Crystal Crescent」のBサイドに収録されていた「ヴェロシティ・ガール(Velocity Girl)」を加えた合計31曲を最新リマスター音源にて収録し、CD2枚組仕様で発売。同収録曲を年代で分けた2種類のアナログLP、ダウンロード、ストリーミングも同日発売される。日本盤CDに関しての詳細は後日発表となる。

サイケデリック・ポップから退廃的なロックンロールまで、陶酔的なレイヴからインダストリアルな憂鬱まで、プライマル・スクリームはこの35年間あらゆるものを受け入れ進化を遂げてきた。彼らはパーラメント=ファンカデリックの中心人物ジョージ・クリントンやケイト・モスとアルバムを制作し、ストーン・ローゼズのマニやマイ・ブラッディ・ヴァレンタインのケヴィン・シールズを迎え入れ、個人的トラウマ、そして最愛のギタリスト、ロバート・“スロブ"・ヤングの死を乗り越え、数回にもわたって国民感情を形にしてきた。それらすべてを通じて、彼らは一貫してプライマル・スクリームらしいサウンドを出し続け、常に素晴らしいシングルを作り続けてきた。80年代後半から現在に至るまでのプライマル・スクリームの進化の歴史は、英国ロックンロール歴史とも言える。バンドは海外メディアに「『C86』に収録された耳障りなインディー・バンドから、アシッド・ハウス時代を定義づけるサウンドトラック提供者、そしてこだわりの過ぎた失意のロッカーへ。ボビー・ギレスピーとその仲間たちは、ひたすら自分の道を歩み続ける」(ザ・ガーディアン紙)、「30年もの間、プライマル・スクリームはレイヴし、ロックし、わめいてきた。いずれも同等に」(NME誌)「この国で最もクリエイティヴで野心に溢れたロック・バンドのひとつ」(ザ・テレグラフ紙)と評されている。

「1985年のデビュー作“オール・フォール・ダウン"からというもの、僕たちはシングルを美的な選択肢ととらえてアプローチしてきた。バンドとしての僕たちの意思表示としてね」とボビー・ギレスピーは語る。「僕たちはラジオから(デヴィッド・ボウイの)“サフラジェット・シティ"や(T・レックスの)“メタル・グルー"が流れてくる中で育ってきた。セックス・ピストルズの4枚のシングルは素晴らしかった。PiL(パブリック・イメージ・リミテッド)の“パブリック・イメージ"は他のどんな曲とも違って聞こえた。プリンスやマドンナは見事なヒット曲を生み出してきた。そういうのが僕たちのアプローチであり続けたんだ。僕は昔からトップ40もののポップ・ラジオが大好きだったし、ザ・フーの『ミーティ・ビーティ・ビッグ・アンド・バウンシィ』みたいなグレイテスト・ヒッツ・アルバムが大好きなんだ。アラン・マッギーが「ハイヤー・ザン・ザ・サン」についてこんなことを言っていたのを憶えているよ。これはヒットにはならないだろうけど意思表示にはなるだろうってね。素晴らしいシングルは世の中に出て、主流じゃない考え方もあるってことを人々に見せることができる。孤独感を和らげてくれるんだ」。
アルバム『MAXIMUM ROCK N ROLL: THE SINGLES』2019年5月24日発売(海外発売日)
    • ※仕様:2枚組CD/最新リマスター音源
    • <収録曲>
    • ■CD1
    • 1. Velocity Girl(「Crystal Crescent」B面 1986年)
    • 2. Gentle Tuesday(『Sonic Flower Groove』 1987年 )
    • 3. Imperial(『Sonic Flower Groove』 1987年)
    • 4. Ivy Ivy Ivy(『Primal Scream』 1989年)
    • 5. Loaded(『Screamadelica』 1991年)
    • 6. Come Together(『Screamadelica』 1991年)
    • 7. Higher Than The Sun(『Screamadelica』 1991年)
    • 8. Don't Fight It, Feel It(『Screamadelica』 1991年)
    • 9. Movin' On Up(『Screamadelica』 1991年)
    • 10. Rocks(『Give Out But Don't Give Up』 1994年)
    • 11. Jailbird (『Give Out But Don't Give Up』 1994年)
    • 12. (I'm Gonna) Cry Myself Blind(『Give Out But Don't Give Up』 1994年)
    • 13. Kowalski(『Vanishing Point』 1997年)
    • 14. Star(『Vanishing Point』 1997年)
    • 15. Burning Wheel(『Vanishing Point』 1997年)
    • 16. Swastika Eyes(『XTRMNTR』 2000年)
    • 17. Kill All Hippies(『XTRMNTR』 2000年)
    • ■CD2
    • 1. Accelerator(『XTRMNTR』 2000年)
    • 2. Miss Lucifer(『Evil Heat』 2002年)
    • 3. Autobahn 66(『Evil Heat』 2002年)
    • 4. Some Velvet Morning (with Kate Moss)(『Evil Heat』 2002年)
    • 5. Country Girl(『Riot City Blues』2006年)
    • 6. Dolls (Sweet Rock and Roll)(『Riot City Blues』 2006年)
    • 7. Sometimes I Feel So Lonely(『Riot City Blues』 2006年)
    • 8. Can't Go Back(『Beautiful Future』 2008年)
    • 9. Uptown (Weatherall mix)(『Beautiful Future』 2008年)
    • 10. 2013(『More Light』 2013年)
    • 11. It's Alright, It's OK(『More Light』 2013年)
    • 12. Goodbye Johnny(『More Light』 2013年)
    • 13. Where the Light Gets In (With Sky Ferreira)(『Chaosmosis』 2016年)
    • 14. 100% or Nothing(『Chaosmosis』 2016年)
アルバム『MAXIMUM ROCK N ROLL: THE SINGLES VOL.1 1986-2000』【LP】2019年5月24日発売(海外発売日)
    • ※仕様:2枚組LP/最新リマスター音源
    • <収録曲>
    • ■SIDE A
    • 1. Velocity Girl
    • 2. Gentle Tuesday
    • 3. Imperial
    • 4. Ivy Ivy Ivy
    • 5. Loaded
    • ■SIDE B
    • 1. Come Together
    • 2. Higher Than the Sun
    • 3. Don't Fight It, Feel It
    • 4. Movin' on Up
    • ■SIDE C
    • 1. Rocks
    • 2. Jailbird
    • 3.(I'm Gonna)Cry Myself Blind
    • 4. Kowalski
    • ■SIDE D
    • 1. Star
    • 2. Burning Wheel
    • 3. Swastika Eyes
    • 4. Kill All Hippies
アルバム『MAXIMUM ROCK N ROLL: THE SINGLES VOL.2 2000- 2016』【LP】2019年5月24日発売(海外発売日)
    • ※仕様:2枚組LP/最新リマスター音源
    • <収録曲>
    • ■SIDE A
    • 1. Accelerator
    • 2. Miss Lucifer
    • 3. Autobahn 66
    • 4. Some Velvet Morning(with Kate Moss)
    • ■SIDE B
    • 1. Country Girl
    • 2. Dolls(Sweet Rock and Roll)
    • 3. Sometimes I Feel So Lonely
    • ■SIDE C
    • 1. Can't Go Back
    • 2. Uptown(Weatherall mix )
    • 3. 2013
    • 4. It's Alright, It's OK
    • ■SIDE D
    • 1. Goodbye Johnny
    • 2. Where the Light Gets In(with Sky Ferreira)
    • 3. 100% or Nothing
アルバム『MAXIMUM ROCK N ROLL: THE SINGLES』
アルバム『MAXIMUM ROCK N ROLL: THE SINGLES VOL.1 1986-2000』【LP】
アルバム『MAXIMUM ROCK N ROLL: THE SINGLES VOL.2 2000- 2016』【LP】

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜
  • Editor's Talk Session

ギャラリー

  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 〝美根〟 / 「映画の指輪のつくり方」
  • POP TUNE GirlS / 『佐々木小雪のイラスト花図鑑』
  • POP TUNE GirlS / 『涼水ノアの、ノアのはこぶ絵』
  • SUIREN / 『Sui彩の景色』
  • ももすももす / 『きゅうりか、猫か。』
  • Star T Rat RIKI / 「なんでもムキムキ化計画」

新着