【インタビュー】首振りDolls、新作
AL『アリス』決定。ショーン・ホラー
ショー加入を振り返る

2018年4月25日にキングレコードからフルアルバム『真夜中の徘徊者~ミッドナイトランブラー』でメジャーデビューを果たした首振りDolls。彼らが放つ、ロックンロールやハードロック、昭和歌謡、ヘヴィ・メタル、メロディック・ハードコアといった様々な音楽要素が採り入れられた個性的な音楽性は、数多くの有名アーティストたちを魅了し、その奇抜なルックスとは裏腹な純度の高いロックンロールが業界内でも話題となった。

そんな彼らが、5月22日に待望のニューアルバム『アリス』をリリースすることを発表した。本作は昨年の11月にメンバーの脱退を受け、12月に新たに加入したベーシスト、ショーン・ホラーショーを迎えての新体制初となるフルアルバムだ。

マンスリーインタビュー第1弾は、ショーン・ホラーショー加入後初のインタビューをお届けする。
──昨年4月にリリースされたメジャーデビューアルバム『真夜中の徘徊者~ミッドナイトランブラー』は業界内でも相当話題になっていて、順調なメジャーシーン進出となった首振りDollsだけど、そんな中12月に突然ベーシストのジョンが脱退というニュースが流れて。さぁ行くぞ!ってときに、なかなか衝撃的な展開になっていたよね。

ナオ:あれ、びっくりしたね。みんなびっくりしたと思うけど、メンバーが一番びっくりしましたからね! “マジ!? 今!?”って(笑)。本当に!

ジョニー・ダイアモンド(以下、ジョニー):本当に! “マジ!? 今!?”って、全く同じ反応だった(笑)。

ナオ:マジで目が点になった(笑)。ドッキリかなって思ったくらい。

ジョニー:対バンも決まってたし、アルバムのレコーディングも決まってたからね。だいたいの日程の話も出ててレコーディングが具体的になってきたときにジョンが”辞めます”みたいな(笑)。今、こうして新体制で首振りDollsを続けられているから笑って話せてるけど、当初のショック感はヤバかったですね。

ナオ:解散とかはよぎらなかったけど、いや、少しは考えたかな。3ピースでメンバーが変わるって、結構デカイことだったからかなり絶望して。衝撃的やったね、あんときは。

──いつ聞いたの?

ジョニー:11月のツアーから帰ってきたとき。

ナオ:公式で発表した日の1週間前とかに聞かされたと思う(笑)。

──ジョニー的には解散はよぎった?

ジョニー:今のこの、バンドやってライヴしてっていう生活がなくなったらどうなるんやろう、俺……みたいな(笑)。どうしようって。

──人生の心配みたいなね。首振りDollsはもはや人生そのものだと。

ナオ:そうね。もう20代のオイシイ時間は全部バンドに注いでますからね。それはジョンも同じはずだったんやけどね。でも、ジョンも自分のやりたいことがあって、彼は彼なりにすごく考えたんだなっていうのが話してみてわかったから。最初は引き止めちゃろうかなって思ったけど、顔見た時にこれは引き止めたら可哀想かなって思ってね。決意の顔だったから。

ジョニー:そうだね。ずっと苦楽を共にして来た仲間でもあるから、これはもう言ってもしょうがないなってね。

ナオ:もう決めとるな、コイツはって感じやったね。揺るがない決心やなって。

──そっか。11月に発表して、ナオがショーンを誘ってみようと思ったのはそのタイミング?

ナオ:ジョンから11月に俺とジョニーに“話したいことがある。内容は脱退したいってことなんやけど、詳しいことは会って話したい”ってメールが届いて、お~マジか〜!ってなって。でも、バンドを止めるわけにはいかないから、まだ不確定な状態ではあったけど、まず最初に頭にショーンがパッと思い浮かんだんです。というか、ショーン以外いなかった。一択。

──ショーンとは知り合いだったの?

ナオ:ショーンとは、ショーンがやっていたバンドとよく対バンをしてたんで知り合いだったんです。一緒にツアーも回ったこともあって。そのときからショーンのベース、ヤベェなって思ってて。遊びに行ったりする仲ではなかったんだけど、ただ対バンをしただけの友達じゃない感じというか、特別な感じで。ショーンは首振りDollsが東京でライヴやったときによく見にきてくれてたし。実は前にバンドに危機があったときも、ショーンに電話したことがあって。相談をしてた仲でもあったんですよね。ショーンからも心配して電話をしてきてくれたことがあったりもしたし。

──ショーンは首振りDollsを昔からかっこいいバンドだと思ってたって言っていたよね?

ショーン・ホラーショー(以下、ショーン):そうですね。一緒にツアーを回ってたライヴのアンコールのときに首振りDollsの「ロックンロール」って曲でセッションに参加してたりしてたから、今、正式にメンバーになって、ライヴで「ロックンロール」を弾いてるのがなんか不思議な感じというか。あ、これだったんだって感じるというか。

──そのピースのハマり方すごいよね。

ナオ:そう。本当に不思議。ショーンとは年に2回とかの連絡頻度やったんやけど、夜の12時過ぎぐらいに急にジョンから抜けたいっていうLINEがきて、突然ショーンに“電話していい?”ってLINEしてから電話して、“まだ話をちゃんと聞いてないから分からないんだけど、実はジョンが抜けるって言ってて、もしかしたら、もしかするかもしれない”って相談したら、すごく冷静に“うん。わかった。また、連絡待ってる”って言ってくれて。

ショーン:ジョンくんを引き止めようとしていたというのも、ナオくんはちゃんと正直に話してくれていたし、抜ける“かも”っていう未確定な話だと思ったので、“どっちに転んだとしても覚悟決めとくね”って言ったんです。

ナオ:今バンド止めるわけにはいかんけ、サポートでお願いするような形になるのか、正式加入でお願いする形になるのか、もしくはジョンが抜けないのか、どうなるか分からんけどって、正直にショーンに相談したら、“どっちに転んでも大丈夫なようにしておくから”って言ってくれて、なんて神様のようなやつなんだ、救世主すぎるって泣きそうになった。

ジョニー:ナオから、“一緒にやるんだったらショーンしかない。どう思う?”って言われたとき、“間違いないね”って即答したくらい、俺の中でも選択肢は一つしかなかった。そこで行けたら間違いないわって思って。その後すぐにナオがショーンに連絡取って。そこからまたナオから電話かかって来て、“なんかいけそう”ってなったときは、逆に“え!? 行けるの!?”ってびっくりしたくらい。すごいタイミングだなって。

ナオ:で、本当にジョンが抜けるって決まった時に、ジョニーと一緒にショーンに電話したんですよ。スピーカーで電話かけて、“ジョンが正式に抜けることになったから、正式メンバーとして加入してもらいたいんやけど、お願いできるかな?”って。そしたら、“これ断ったら音楽家じゃないよね”って言ってくれて。

ジョニー:あれは本当に嬉しかった。

ショーン:いやいや、俺こそ嬉しかった。喜んでくれたことが本当に嬉しくて。ナオくんから最初に電話もらったときから、断る理由がないと思ってて。俺もバンドがやりたくて上京していたのに、バンドが止まってしまって路頭に迷ってたのもあったから。

ジョニー:いやでも、本当にめちゃめちゃ救われた。

ナオ:めちゃめちゃ救われたよね。俺たちは大丈夫だって確信したというか。ショーンが熱い気持ちを持って入ってきてくれるんだっていうのも分かったし。メンバーが一人脱退して、新しい体制で動き出すときっていろんなところを整えていかなきゃいけなくて、やりっぱなしにはできないことがたくさんあって。実際には、もう動いていなかったバンドだったとはいえ、ちゃんと筋として、ショーンのバンドメンバーには直接会って話をすべきだと思ったから、俺とジョニーとで挨拶に行ったんです。忘れもしない。11月22日だった。

ショーン:そう。その日、すごい偶然にもみんなが集まれる日で。

ナオ:そう。なんだか怖いくらい偶然がハマりまくってる。21日の東京でのライヴの後にショーンと一緒にスタジオ入って、いけるねって確信して、22日にキングレコードに、ジョンが脱退することになったって報告しに行って、その夜だったね。みんなで一緒にご飯食べに行ったの。こっちからしたら、ご両親に“娘さんを下さい!”って言うぐらいの気持ちで出向いたと言うか。

ジョニー:そう。一発殴られるぐらいの覚悟でね。酒をぶっかけられて、“帰れっ!”て言われるかもぐらいかもしれないって気持ちで出向いて。

ナオ:そう。そんぐらいの気持ちで“ショーンくんを下さい!”って言ったんですけど、メンバーもすごい首振りDollsのことをを応援してくれてて、ショーンに対しても行ってらっしゃいっていう感じで送り出してくれたんです。

ショーン:ナオくんから連絡が来たときにまず話さなきゃいけないのはボーカルだったので、すぐに電話したんです。そもそも俺を最初に見つけてくれたというか、一緒にやろうってそのバンドに誘ってくれたのもボーカルだったので。ちゃんと話をしたくて、まず電話したんです。

──ナオとジョニーは北九州在住だけど、ショーンは現在東京在住なんだよね。

ショーン:はい。でも、出身は宮崎なんです。そのボーカルも宮崎で一緒に上京したんです。音楽やるなら東京しかないなってことで。僕自体、そのバンドにも後から加入だったんですけど、誘われたときは既に上京していたんで、誘われてから宮崎に一回戻って5、6年ぐらい宮崎でバンドやってたんです。けど、そこからやっぱり東京でしょってことで、メンバーと一緒に上京したんです。

──なるほど。ショーンにもここに至るまでのドラマがあったんだね。

ショーン:そうですね。だから、そのボーカルは一番恩がある人だったので、ちゃんと話したくて。正直に相談したら、“行きな! 行きな!”って言ってくれたんです。“もったいねぇよ、断る理由なんかねぇよ!”って言ってくれて。

ナオ:かっこいいな。泣けてくる、何回聞いても。

──ほんとにね。大切に思ってる人の背中を押せるって本当の愛情だよね。

ジョニー:めっちゃいい人なんですよ、本当に。
──素敵な話だね。最初に3人で音を合わせたときの手応えはどうだったの?

ナオ:初めてスタジオに入って音を出した瞬間、勝ちを確信したんですよね。

ジョニー:そうやね。それで全ての不安がなくなったといっても過言ではないぐらいやった。もう、“俺たちが首振りDollsだ!”みたいな感覚(笑)。

ナオ:自然とニヤケちゃった。でも、あのときずっと笑顔になれたのは、俺もジョニーもすげぇずっと不安だったからだと思うんですよ。ジョンに脱退したいって言われてからずっと不安で不安でたまらなかった。でも、ショーンが全部の不安を取り除いてくれたというか、音で“俺イケまっしゃろー!”って感じで来てくれて(笑)。

ジョニー:バンドって、どんなに仲良くても、音を出さんと分からんから。音がダメやったら全員分かるんだよね、バンドって。“ダメかもしれん”みたいなことが肌で分かる。でも、そういうのが一切なかったからね。

ナオ:うん。なんなら、俺たちすごくね? かっこよくね? みたいな感じだったよね。

──初めてな感じがなかったんだね。

ナオ:そう。それに、そのとき、ジョンが辞めることが決まったのもすごく急だったのに、初めて音を合わせたスタジオまでに、ショーンは9曲も覚えて来てくれたんですよ!

ショーン:いやいや、9曲ぐらいだったらま~なんとか。サポートでやっていらっしゃる方とか、もっとすごい人はいますから。でも、その日、プロデューサーの戸城さん(ex.ZIGGYTHE SLUT BANKS・戸城憲夫)もいらっしゃってたのでドキドキで。

ナオ:そう。最初、戸城さんは、“首振りDollsの音にスラップは合わねぇよ”って頑なに拒否しててね。でも、それをショーンは音でねじ伏せたのよ! 頑なにスラップいらんって言ってたのに、後半、“スラップもっとやれよ!”って言ってたからね(笑)!

ジョニー:なんなら戸城さんが一番大喜びしとったよね(笑)。“いいじゃん! いいじゃん!”って(笑)。

一同:(爆笑)。

ナオ:“大丈夫だね”って言ってくれてね(笑)。それだけ、やっぱりショーンのベースプレイはすごいんですよ!

ショーン:いやぁ、嬉しかったですね。

──ショーン的にも手応えはあった?

ショーン:そうですね! バッチリとハマってるなっていう手応えを感じました。楽しー!って思いましたね(笑)。

ジョニー:あの日、わざと爆音にしとったんよ。ショーンがどんな反応するかなって思って。探りでもあって。俺ら基本的に音デカイから、どんな反応するかな? と思って。

ナオ:そしたらショーンがそれ以上の爆音にしてきてね(笑)。

ショーン:そうそうそう! 気持ちいい!って思った(笑)。

ナオ:あのとき誰も負けてなかったよね。俺もドラムの音もデカかったもんね。

ジョニー:も~はしゃぎにはしゃいとったからね(笑)。ガンガンに走っとったよ、俺も(笑)。

ナオ:興奮しまくって、ギャンギャンにスティック折れながらやってましたよ。リハスタでスティックばちばち折るなんてね(笑)。その日、ライヴの後やったのにめちゃめちゃ元気やった(笑)。

──根拠のない自信が湧くっていうけど、あった?

ナオ:あった、あった! すごい自信に満ち溢れるというか。

ジョニー:安心もあったけどね。

ナオ:うん。本当に安心した、本当に。ショーンのすごいのはそこから。既に決まってた年明けのMUCCミオヤマザキとの対バンや、SEX MACHINEGUNSとの2マンツアーもあって曲を覚えなくちゃいけなかったのに加えて、レコーディングも差し迫っていたのもあったから新曲を作らなくちゃいけないってのもあって、必死で個人練習にもいっぱい入ってくれてたからね。

ジョニー:マシンガンズとのツアーは本編の最後にセッションがあってそれもコピーしなくちゃいかんかったから、ショーンは相当大変やったと思う。セッション曲がKISSやったから、ショーンは自分のルーツには無い曲やもんね。

ショーン:セッション曲がツアーの前日に決まったのもあって、本当に大変でしたね。

ナオ:ベース弾きすぎて膿が溜まってましたからね。病院に行ったらもしかしたら切らなきゃいけないかもって話になって。

ショーン:溜まってたね、膿(笑)。左手の人差し指が腫れちゃって。親指みたいにパンパンになっちゃったんですよ(笑)。でも、先生がいい先生で、切らずに治してくれて。無事に難を乗り切ったという。でも、今も腱鞘炎で痛いですけどね、利き手が(笑)。

ジョニー:俺たちですら12月、1月とかめちゃくちゃキツかったもん。とにかく濃ゆい日々を過ごしとったからね。でも、ショーンはもっと濃ゆかったと思う。ほんとに大変だったと思う。

ショーン:濃ゆすぎて、まだあんまり時間経ってないっていうことに最近気づいて。まだ2ヶ月ぐらいなんすよね。1月が初ライヴですから(笑)。

ジョニー:濃ゆすぎるね! 1ヶ月ちょいしか経ってないのか(笑)。半年ぐらい経ってる感じ(笑)。

ナオ:本当に。でも、ショーンには感謝しかないね。ねぇねぇ、この場を借りて聞きたいんだけど、ショーンが首振りDollsに入る前の印象ってどんなだったの? 首振りDollsをどう思ってた?

ショーン:それはもちろん、音がカッコイイと思ってたから行ってたし、メイクとかステージングも個性的でいいなって思ってた。なんて言ったらいいか分からんけど、本当にカッコイイって思ってたからライヴにも行ってたし。人もいいし、普通に会いたいなって思って行ってました。それに、その頃から、自分の中で、首振りDollsの中で自分を生かせそうだなって思ってたのもあって。ライヴパフォーマンスも好きだし、顔に絵を描くのも好きだし。

ナオ:首振りDollsになるために生まれてきたんかな(笑)。

ショーン:こういう世界観もあったら面白かったなっていうのも見て思ってました(笑)。そしたら、まさか本当に自分が首振りDollsになるなんて(笑)。

ジョニー:最初にナオから電話あったときはどんな感じやった?

ショーン:きたか。みたいな。

一同:(爆笑)

ショーン:いやでも、本当に嬉しいけど、もっと周りにすごい人いるでしょ、みたいな感覚だった。

ジョニー:いや、さっきも話したけど、本当にショーン一択だったやからね、何故か。全くそこに迷いがなかった。

ナオ:うん。何故かね。ジョニーに“誰がいいと思う?”って聞いたら、ジョニーからも“ショーン”って上がってきてたからね。

ショーン:嬉しいですね。俺の居場所はここだったんですね。

ジョニー:それ勇者の台詞やん(笑)!

──(笑)。最初に合わせた曲はインディーズ時代の楽曲で「ニセモノ」だったけど、とにかく、初めて音を重ねたとは思えないグルーヴだったよね。

ナオ:実は、「ニセモノ」が首振りDollsで俺が一番最初に書いた曲。首振りDolls用に一番最初に書いた曲なんですよ。

──すごいサクセスストーリー!

ナオ:久しぶりにスタジオでジョニーと顔見合わせてニヤってしたもんね。二人で目があってニヤってしたの久しぶりやった(笑)。

ジョニー:スタジオで楽しかったのは相当久しぶりやったかも(笑)!

ショーン:本当に楽しかった。でも、そういう話聞くと、本当に改めて嬉しいですね。

──ライヴも楽しそうだもんね。たまに3人だけで楽しんでるときあるよね?

ナオ:たしかに。3人だけで楽しんでるときあるわ(笑)。

ジョニー:ジョンの脱退ライヴのときは、お客さんが泣きながら拳振り上げよったから、首振りDollsがやりたかったロックンロールなライヴではなかったから辛くて。やっぱりライヴは楽しくなくちゃダメだって再確認したというか。だからね、そういう意味もあって、俺の中では一回解散したぐらいの気持ちなんですよね。

ナオ:俺も気持ち的には別バンドのつもり。多分それぐらいの気持ちの方がいいと思うんだよね。

ショーン:自分に至ってはデビュー戦がボス戦だったんで(笑)。急にドラゴン出てきた感じで(笑)。一気に世界が変わった感じでしたからね。

ナオ:デビュー戦前から長い間北九州にきてもらって、毎日、午前中に集まって昼から夜までずっとスタジオ入って。それで夜は俺の家でショーンと曲作って。2ndアルバムの曲は全部ほとんどそのときに作った曲だったりするんです。そのときに作った曲が、今度のアルバムに入る「黒い太陽」だったりするんですよ。初めて2人で作った曲なんです「黒い太陽」。ショーンがドッカドッカっていうリズムの曲欲しいよねって言って、俺が試しに弾いて、“それいいね”って。それで、ショーンがラララで歌い出して、“その感じのメロディーだったら言葉繰り返しでいける!”ってなって歌詞をつけていったんです。2人で赤玉飲みながら作ったんです(笑)。

ショーン:2人で、キャッキャキャッキャ言いながら作った曲が「黒い太陽」なんです。今、もうライヴでもやっているんですけど、反響が良くてすごく嬉しいです。Twitterとかでも良かったって書いてくれてる人がたくさんいたのが、本当に嬉しかったですね。

ナオ:「黒い太陽」は、いままでの首振りDollsには無い曲調でもあるからね。

──さっき、ショーンのルーツにはKISS的なルーツは無いって話が出ていたけど、ショーンの音楽ルーツはどの辺りなの?

ショーン:リズムを感じる音楽ですね。ファンクだったり、ミクスチャーだったりですね。

──ショーンのベースプレイが加わったことで、首振りDollsの曲の振り幅は確実に広がるよね。

ショーン:そうですね。古くからの首振りDollsのお客さんからしたら、首振りDollsの音が変わっちゃうんじゃないかって心配もあると思うんですけど、不思議とどんな曲を僕が持っていったとしても、ジョニーがギターを弾いて、ナオくんが歌ったら首振りDollsになるんですよね。本当に不思議なくらい。だから、そこは本当に何も心配してないんです、今は。

ナオ:そうだね。そこ不思議よね。例えMr.Childrenみたいな曲を作ったとしても、ジョニーがギターを弾いて私が歌ったら、首振りDollsになるっていう(笑)。そこにショーンのベースが加わったことで、より個性的になったって感じね。でも、本当に確実にグルーヴは変化したと思う。ノリを前面に出した曲だったり、ゴリゴリのリフで頭振るような曲だったり、本当にいろんな曲調があるよね。

ジョニー:曲を作るのがすごくスムーズで、めちゃくちゃ楽しかった。

ナオ:1日3曲くらいずつ仕上げていったからね、アルバムも。

ショーン:すごく楽しかったね。

──現在、ナオとジョニーは小倉、ショーンは東京っていう遠距離での活動だけど、不便はない?

ナオ:ずっとツアーしてるし、ほぼ一緒にいるから遠距離感ないかな(笑)。

ジョニー:誰よりも一番一緒におる感じやもんね(笑)。

ショーン:あははは。そうですね(笑)。

ナオ:でも、それが成立してるのもショーンの努力あってのことだと思う。本当に時間さえあれば個人練習でスタジオに入ってくれてるから。そりゃ膿も溜まるよね〜って。

ショーン:首振りDollsはパフォーマンスありきというか、ステージでの動きが激しいから、鏡のあるスタジオでそこも含め練習してるんですよね。

ジョニー:すごいストイック!

ナオ:やっぱなぁ〜。カッコイイもん、ショーンのステージング! たまにライヴでも見とれちゃう(笑)。

ジョニー:ショーンは俺が絡みに行くとちゃんと絡んでくれるからね(笑)。

ナオ:私が首振りDollsのファンだったら、間違いなくショーンのファンだと思う。本当に目を引くパフォーマンスと演奏力だから。首振りDollsは私がドラムボーカルだからライヴ中動きまわれないこともあって、いままではVJを入れたり、照明を落として私が花を食べたりする、魅せるための演出にこだわらなくちゃいけないと思っていた部分もあったんだけど、新体制になってからの首振りDollsにはそういうものは要らないのかもなって思えるくらい、音とジョニーとショーンのステージングで魅せていけるバンドになれた気がするの。とにかく、首振りDollsはライヴバンドなんで、ここから先もずっと走り続けていきますし、たくさんライヴをやっていきますので、是非、遊びに来てください! 

取材・文◎武市尚子
撮影◎FukcrecHbk!

■ライブ・イベント情報

3月9日(土)名古屋クラブロックンロール
3月21日(木)大阪南堀江ネイヴ
3月23日(土)小倉fuse
3月24日(日)岡山ペバーランド【one-man】
4月5日(金)大阪ファンダンゴ【one-man】
4月7日(日)東京下北沢クラブキュー VS Mary's Blood

関連リンク

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。