今週末は#ミューモンだ!DISK GARAG
E MUSIC MONSTERS -2019 winter-に出
演予定の注目アーティストをご紹介!
Vol.1

2月23日は渋谷に集合!
DISK GARAGE MUSIC MONSTERSは2012年から渋谷のShibuya O-EAST / Shibuya O-nest / Shibuya O-Crest / Shibuya O-WEST / duo MUSIC EXCHANGE / 7th Floorで行われている都市型フェスで「今、観てほしい”アーティストをブッキングする」をテーマに毎年夏と冬の年二回開催しています。
先日2月12日に出演アーティスト第3弾とタイムテーブルが発表され、今年もライブで聞いてみたくなるアーティストが多数参加しています!
全員紹介するととんでもないページ数になってしまうので、初登場の気になるアーティストを一部ご紹介。まだチケットは販売しているので、気になるアーティストがいる方はぜひ行ってみてはいかがでしょう??

タイムテーブル

出演アーティスト
まずは、出演前アーティストを網羅したミューモンの紹介PVをどうぞ!
この中でも初登場となるのは以下の19組!
【初登場】
Mellow Youth
Made in Raga-sa
RöE
ひかりのなかに
GRASAM ANIMAL
the shes gone
ravenknee
w.o.d.
さなり
WOMCADOLE
マッチョ29
ハンブレッダーズ
ニトロデイ
Maki
kobore
MINAMI NiNE
moon drop
KUZIRA
Laura day Romance
これらのアーティストの中から紹介していきます!
RoE
RoEについては詳しい紹介を他の記事でしているので、そちらをご覧ください!
(記事を書いてるライターは違うのですが先に私がハマったのは内緒です)
Mellow Youth
Mellow Youthは、ツインボーカル、ツインギター、ベース、ドラムの編成で、Acid JazzやRock,POPなど様々な音楽の要素を取り込んだ曲が特徴的。
ツインボーカルの似て異なる二人の声質も絶妙に混ざり合う世界観がとてもかっこいいですね!
Made in Raga-sa
ボーカルとギターが一卵性双生児でそこからついたキャッチコピーが「よく見ると4ピースロックバンド」。
キャッチコピーのセンスだけではなく、メリハリのついたRockがとても魅力的。MVにも力が入っていますね!
ちなみにバンド名の意味はまだ明かされていないのだとか。
ニトロデイ
バンド結成当時はメンバー全員が高校生だったということでも注目を集めた、横浜出身のオルタナティブロックバンド、ニトロデイも初登場。
青春の頃の葛藤をロックにしたら「こんな感じ」というのを、最近の邦ロック調に仕上げられています。
さなり
まだ若干15才。まさに天才ラッパーと行っても過言ではないでしょう。YouTubeへの投稿はなんと小学校低学年からとのこと。
ONE OK ROCKflumpoolTHE ORAL CIGARETTESなどのロックバンドの作品をリリースしてきたA-Sketchが、初めてラップアーティストの作品を提供するという注目のアーティスト。
the shes gone
1月23日発売のthe shes gone 1st mini album『DAYS』が1月度の”タワレコメン”選出などかなり注目されてるアーティスト。
「僕らの歌があなたの日常に寄り添えますように」というキャッチコピーの通り、思わず共感してしまう歌詞に注目です!
まだまだ注目のアーティストがたくさんいます!
本日紹介した5組だけでなくまだまだ注目のアーティストがたくさん出演しています!
当日までまだまだ紹介しますのでお楽しみに!

トレタメ:音楽

トレタメ:音楽は音楽に関する様々な情報をお届けしています。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」