D

D

D、DMM.comでオンラインサロンを開設
&自社撮影スタジオもオープン

今年バンド結成16周年を迎えるDがV系ロックバンドでは初となるDMM.comにてオンラインサロンを3月1日に開設することを発表した。

オンラインサロン名は「Sub Rosa」(=秘密)、と名付けられており、様々なコンテンツでファンと密な関係を築くことが出来る月額会員制のオンラインサロンは、クローズドなコミニュティであり、まさに新時代を捉えた画期的なサービスとなっている。FC会員のみ入会可能で 限定コンテンツがフルで用意されている「“VIP”Sub Rosa ~Royal castle~」、FC会員以外も入会可能でコンテンツの一部が楽しめる「“GA”Sub Rosa ~Secret garden~」と、2つのコースがあり、ここでしか見る事が出来ない動画や写真、ブログ等はもちろん豊富な内容である上に、オンライン上でメンバーとのやり取りも楽しめるということで、詳細をチェックしてぜひ参加して頂きたい。クレカ決済の方はお試し期間もありとのこと。

そしてこの春、撮影スタジオ「Studio Rosarium」のオープンも予定しており、ヨーロッパの古城や薔薇園をイメージし、世界観を重視した撮影スタジオ、イベントスペース、レンタルスペースとなっている。こちらのスタジオで、DのFC会員限定でオープン記念レセプションパーティーも開催決定! 3月30日、31日、4月6日、7日と、各日二部制で行われるのでお楽しみに。

また、バンド結成月である4月に東名阪ワンマン『D 16th Anniversary Special Premium Live 2019 東名阪ワンマン「狂王」』を開催。豊洲PIT公演で初披露となったD史上初の組曲「狂王」(通販受付中)は、Dが描き続けているヴァンパイアストーリーの最新作であり、染み渡るような繊細な歌唱から突き刺さるような激しい歌唱も自在に操り、様々な感情や思いを込めたASAGIの歌声と歌詞が深く物語へと誘う、全てが美しく完成された最高傑作と呼べる作品になっている。楽曲を通して、ヴァンパイアの王・ドライツェンの壮絶な様相が強烈に伝わるのは間違いない。アートワーク、そして各楽章の副題からもASAGIが描くこの組曲の物語の壮大さや奥深さが感じ取れるはずだ。情景をイメージした楽器隊の織りなす音像やフレーズも、聴きごたえ抜群の仕上がりとなっているので、ぜひ手に入れてヴァンパイアの王・ドライツェンを主軸に捉えたツアー、16周年を記念した特別なライブへも足を運んでほしい。

さらに、4月29日~5月5日にかけて、D結成16周年を記念してゴールデンウィーク7Daysワンマンが決定した。『Vampire story“7 Days force”』と名付けられたこの7日間連続ワンマンは、各日のタイトル通り、Dが描くヴァンパイアストーリーの登場人物がそれぞれの日の主人公となるので、披露される楽曲はもちろん新曲を含めたライブの構成にも要注目だ。

D official online salon 『Sub Rosa』

2019年3月1日OPEN
※詳細近日発表。
■D official online salon “VIP"
Sub Rosa ~Royal castle~
※Very Important Person(FC会員のみ入会可能)
※2月20日時点でD official fan club「Ultimate lover」に入会されている方対象(当日消印有効)
※3月1日~詳細解禁・入会受付開始
※3月8日~決済開始・運営開始
■D official online salon “GA"
Sub Rosa ~Secret garden~
※General Admission(一般の方も入会可能)
※3月1日~詳細解禁・入会受付開始
※3月8日~決済開始・運営開始

-DMMにてD official online salon、OPEN-
「Sub Rosa=秘密」オンラインサロンとは月額会員制のクローズド・コミニュティ。Dとファンを繋ぐ秘密の花園への扉はまもなく開かれる。鍵を手にした者だけに与えられる新たな世界は、これまでの常識を覆すことでしょう。夢は現実に変わり、再び新たな夢が動き出す。この春、我らは森の奥にある古城の中で円卓を囲み、Dという一輪の薔薇の下、永遠を誓い合うのです。

◎詳細はこちら
http://www.d-gcr.com/news/

『Studio Rosarium』

2019年春OPEN。ヨーロッパの古城や薔薇園をイメージし、世界観を重視した撮影スタジオ、イベントスペース、レンタルスペース。コンセプトごとに2F(シュバルツバルトの獣)、3F(ヴァイスヴァルトの花嫁)の2フロアで展開。 オープンを記念しStudio Rosariumにて、D Official Fan Club Ultimate lover限定レセプションパーティー開催決定。
日程:3月30日、3月31日、4月6日、4月7日(各日二部制)
場所:都内某所

■レセプションパーティーのお申し込みはこちら
http://www.god-child-records.com/rosarium/receptionparty.html
■『Studio Rosarium』オフィシャルHP
http://www.god-child-records.com/rosarium/
組曲「狂王」2018年12月21日発売
    • GCR-175/¥2,500(税込)
    • ※会場、通販限定販売
    • ※会場販売:2018年12月21日豊洲PITより販売開始
    • ※通信販売:2018年12月22日12:00~通販受付開始
    • http://www.rosen-kranz.jp/shop/
    • <収録曲>
    • 01.組曲「狂王」第一番 ~灯火(とうか)の雄馬~
    • 02.組曲「狂王」第二番 ~死の影を運ぶ鳥~
    • 03.組曲「狂王」第三番 ~美醜なる不死の獣~
    • 04.組曲「狂王」第四番 ~黒羊は忠誠の夢を見る~
    • 05.組曲「狂王」第五番 ~落陽に哭(な)く蝙蝠~
    •  
    • ■通信販売 : 12月22日12時~通販受付開始
    • http://www.rosen-kranz.jp/shop/
アルバム『Vampire Chronicle ~V-Best Selection Vol.2~』2018年12月19日発売
    • 【初回生産限定盤】(2CD+2DVD)
    • YICQ-10408~9/B~C/¥10,000+税
    • ※豪華写真集28P+12inch LPサイズ特殊仕様BOXパッケージ
    • <収録曲>
    • ■CD DISC-1
    • 01.Vampire Missa
    • 02.月と海の誓約
    • 03.翠緑の翼
    • 04.ひび割れた柘榴石
    • 05.千夜一夜のダラブッカ
    • 06.ザハブを継ぐ者(Instrumental)
    • 07.Stray children(Instrumental)
    • 08.赤き羊による晩餐会
    • 09.DAY WALKER
    • 10.太陽を背にして
    • 11.Face
    • 12.Sleeping beautiful beast
    • 13.月夜の恋歌
    • 14.繭月の棺
    • 15.Der König der Dunkelheit
    • 16.無垢なる薔薇の祈り
    • ■CD DISC-2
    • 01.In the name of justice
    • 02.Underground road
    • 03.Grand Master
    • 04.断罪の銃士(ガンナー)
    • 05.Arabesque
    • 06.what is Going On with The Human
    • 07.氷の墓標
    • 08.Kの氷奏曲
    • 09.Ghost in the mirror
    • 10.愛は棺の中に
    • 11.Desert Warrior
    • 12.Quartet~真夜中の四重奏~
    • 13.Sleeper
    • 14.Nocturnal
    • 15.夜の眼と吟遊詩人
    • 16.鬨の声
    • 17.Dandelion
    • ■DVD DISC-1
    • 2018.4.22「Narrow Escape」Final Live at SHINAGAWA INTERCITY HALL
    • 01.Night-ship“D”
    • 02.Fanfare
    • 03.闇より暗い慟哭のアカペラと薔薇より赤い情熱のアリア
    • 04.太陽を葬る日
    • 05.Rosette Nebula
    • 06.花惑
    • 07.弾丸
    • 08.Underground Revolution ~反逆の旋律(メロディー)~Dr. solo、リズムセッション~
    • 09.Bon Voyage!
    • 10.DEAD ROCK
    • 11.Dearest you
    • 12.Guardian
    • 13.至高の美の崩壊
    • 14.Tightrope
    • 15.時空航海記~光の彼方へ~
    • 16.Narrow Escape
    • ■DVD DISC-2
    • 01.BIRTH
    • 02.7thRose~Return to Zero~
    • 03.7th Rose
    • 04.EDEN
    • 05.春の宴
    • 06.Dandelion
    • 【通常盤】(2CD)
    • YICQ-10414~5/¥3,000+税
    • <収録曲>
    • ■CD DISC-1
    • 01.Vampire Missa
    • 02.月と海の誓約
    • 03.翠緑の翼
    • 04.ひび割れた柘榴石
    • 05.千夜一夜のダラブッカ
    • 06.ザハブを継ぐ者(Instrumental)
    • 07.Stray children(Instrumental)
    • 08.赤き羊による晩餐会
    • 09.DAY WALKER
    • 10.太陽を背にして
    • 11.Face
    • 12.Sleeping beautiful beast
    • 13.月夜の恋歌
    • 14.繭月の棺
    • 15.Der König der Dunkelheit
    • 16.無垢なる薔薇の祈り
    • ■CD DISC-2
    • 01.In the name of justice
    • 02.Underground road
    • 03.Grand Master
    • 04.断罪の銃士(ガンナー)
    • 05.Arabesque
    • 06.what is Going On with The Human
    • 07.氷の墓標
    • 08.Kの氷奏曲
    • 09.Ghost in the mirror
    • 10.愛は棺の中に
    • 11.Desert Warrior
    • 12.Quartet~真夜中の四重奏~
    • 13.Sleeper
    • 14.Nocturnal
    • 15.夜の眼と吟遊詩人
    • 16.鬨の声
    • 17.Dandelion

【ライヴ情報】

『D 16th Anniversary Special Premium Live 2019 東名阪ワンマン「狂王」』
4月12日(金) 愛知・名古屋Electric Lady Land
4月14日(日) 大阪・ESAKA MUSE
4月17日(水) 東京・TSUTAYA O-EAST

『D 16th Anniversary Special Premium Live 「Vampire story "7 Days force"」』
会場:高田馬場AREA (全公演)
4月29日(月・祝)「Dahlie」
4月30日(火・祝)「Wilderness」
5月01日(水・祝)「Carbuncle」
5月02日(木・祝)「Justice」
5月03日(金・祝)「Rafaga」
5月04日(土・祝)「Kircheis」
5月05日(日・祝)「Dreizehn」

D
ASAGI(Vo)
Ruiza(Gu)
HIDE-ZOU(Gu)
Tsunehito(Ba)
HIROKI(Dr)
組曲「狂王」
アルバム『Vampire Chronicle ~V-Best Selection Vol.2~』【初回生産限定盤】(2CD+2DVD)
アルバム『Vampire Chronicle ~V-Best Selection Vol.2~』【通常盤】(2CD)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • Key Person
  • PunkyFineのそれでいきましょう!~V-MUSICジェネシス日記~
  • Listener’s Voice 〜Power To The Music〜

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada presents / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」

新着