メタリカのジェイムス・ヘットフィー
ルド、俳優デビュー作の予告編公開

メタリカのフロントマン、ジェイムス・ヘットフィールドの俳優デビュー作、70年代アメリカを震撼させたシリアルキラー、テッド・バンディを描いた映画『Extremely Wicked, Shockingly Evil And Vile』の予告編が公開された。
ヘットフィールドはこの映画の中で、バンディを逮捕し、彼のさらなる犯罪を疑う鋭敏な警官Bob Haywardを演じた。予告編にはヘットフィールドが台詞を発するシーンは収められていないが、その鋭い眼光は見て取れる。
『Extremely Wicked, Shockingly Evil And Vile』は、ドキュメンタリー『Paradise Lost』シリーズ、メタリカの『Metallica: Some Kind Of Monster』(2004年)を手掛けたJoe Berlingerが監督。ザック・エフロンがテッド・バンディを、リリー・コリンズがバンディのガールフレンドを演じ、ジョン・マルコヴィッチ、ハーレイ・ジョエル・オスメント、ブライアン・ジェラティらも出演している。

今週末(1月26日)、米ユタ州で開かれるサンダンス映画祭でプレミアされる。

Ako Suzuki

関連記事

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。