全英アルバム・チャート、『グレイテ
スト・ショーマン』が26週目の1位

今週の全英アルバム・チャートは、依然、映画『グレイテスト・ショーマン』のサウンドトラックが強く、5週連続、非連続26週目の1位に輝いた。
2位も変わらず、ジョージ・エズラの『Staying At Tamara’s』がキープ。レディー・ガガ&ブラッドリー・クーパー主演の映画『アリー/ スター誕生』のサウンドトラックが4位から3位へ再浮上した。

今週新たにトップ10入りしたのは1枚のみで、クリーン・バンディットが11月にリリースしたセカンド・アルバム『What Is Love』が、トップ100にチャート・イン後6週目にしてトップ10圏内(9位)まで上昇した。

また、ゴールデン・グローブ賞2部門を獲得し、クイーンの『ボヘミアン・ラプソディ』のサウンドトラックが6位から4位へ、クイーンのベスト・アルバム『The Platinum Collection』が14位から10位へ再浮上している。

シングル・チャートも先週と変わらず、Ava Maxの「Sweet But Psycho」が3週連続で1位を獲得した。2位も同じく、アリアナ・グランデの「thank u, next」がキープ。マイリー・サイラスをフィーチャーしたマーク・ロンソンの「Nothing Breaks Like A Heart」が先週の4位から3位へ再浮上し、これまでで最高位をマークした。

今週は、DaveをフィーチャーしたドリルMC、Headie Oneの「18HUNNA」が6位に初登場したほか、ジョージ・エズラの「Hold My Girl」が先週の14位から8位へ上昇し、新たにトップ10入りしている。

Ako Suzuki

BARKS

BARKSは2001年から15年以上にわたり旬の音楽情報を届けてきた日本最大級の音楽情報サイトです。