JYOCHO

JYOCHO

JYOCHO、
ライブで定番の超絶凄テク曲
「sugoi kawaii JYOCHO」MV公開

JYOCHOが2018年12月にリリースした1stフルアルバム『美しい終末サイクル』の収録曲「sugoi kawaii JYOCHO」のMVが公開された。同曲はライブでも定番の“超絶凄テク”曲で、およそ2分の中で各パート折り紙つきのテクニックをたたみかけてくる高インパクトなナンバーを映像でも堪能してほしい。

また、アルバム特設ページでは、高野寛、佐藤千亜妃(きのこ帝国)、GEN(04 Limited Sazabys)、秋月琢登(感覚ピエロ)、石田スイ(漫画家 [東京喰種] )、伊藤潤二(ホラー漫画家)など、ジャンルを超えて様々なミュージシャンやクリエーターからアルバムへのお祝いコメントも寄せられているので、併せてチェックしよう。

JYOCHOは同作を引っ提げたワンマンツアー『美しい終末サイクル』を2月9日から開催し、8都市を回って3月9日に代官山UNIT公演でファイナルを迎える。現在チケットは一般発売中なので、こちらもお早めに!

■1st Full Album『美しい終末サイクル』特設サイト
https://www.nobigdealrecords.jp/jyocho1stfullalbum

「sugoi kawaii JYOCHO」MV

アルバム『美しい終末サイクル』発売中
    • 【初回盤】(CD+DVD)
    • NBPC-60/61/¥3,000+税
    • <収録曲>
    • ■CD
    • 1. from long ago
    • 2. つづくいのち
    • 3. Aporia
    • 4. 美しい終末サイクル
    • 5. わたしは死んだ
    • 6. sugoi kawaii JYOCHO
    • 7. family(Re-Rec ver.)
    • 8. my room
    • 9. my rule
    • 10. 太陽と暮らしてきた (Re-Rec ver.)
    • 11. pure circle
    • 12. こわかった
    • ■DVD ※初回限定盤DVD
    • 『JYOCHO ONEMAN tour 2018 “互いの定義"』2018.7.7 @渋谷WWW Live映像
    • 【通常盤】(CD)
    • NBPC-62/¥2,400+税
    • <収録曲>
    • 1. from long ago
    • 2. つづくいのち
    • 3. Aporia
    • 4. 美しい終末サイクル
    • 5. わたしは死んだ
    • 6. sugoi kawaii JYOCHO
    • 7. family(Re-Rec ver.)
    • 8. my room
    • 9. my rule
    • 10. 太陽と暮らしてきた (Re-Rec ver.)
    • 11. pure circle
    • 12. こわかった

『JYOCHO Oneman Tour 2019 「美しい終末サイクル」』

2月09日(土) 福岡DRUM SON
2月10日(日) 広島SECOND CRUTCH
2月16日(土) 札幌COLONY
2月23日(土) 名古屋ell.FITS ALL
2月24日(日) 梅田Shangri-La
3月01日(金) 仙台enn 2nd
3月03日(日) 新潟ジョイア・ミーア
3月09日(土) 代官山UNIT

JYOCHO
アルバム『美しい終末サイクル』【初回盤】(CD+DVD)
アルバム『美しい終末サイクル』【通常盤】(CD)

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」