EXILE ATSUSHI

EXILE ATSUSHI

EXILE ATSUSHI、
平成最後の日にリリースする
ベスト盤は“日本の心”がテーマ

EXILE ATSUSHIが、平成最後の日で自身の39歳の誕生日でもある4月30日に“日本の心”をテーマにしたベストアルバム『TRADITIONAL BEST』をリリースすることを発表した。

日本に生まれたアーティストとして、日本という国を想い、日本に生きる人々を想う。その活動の中で“日本の心”というテーマが生まれ、そのテーマのもとに現在まで活動を展開してきたATSUSHI。2009年には、天皇陛下御即位二十年をお祝いする国民祭典にて天皇陛下への奉祝曲奉呈を初め、日・ASEAN友好協力40周年記念事業『日・ASEAN音楽祭〜災害復興への祈り〜』や、ベトナムとの外交関係樹立45周年記念事業『日越友好音楽祭』、『イスラエル大使館 建国70周年コンサート』といった、日本と海外の友好の記念式典の数々で歌唱している。その一方では、法務省矯正支援官として刑務所や少年院などの矯正施設を訪問しての慰問活動も行なってきた。

今回リリースされるベストアルバム『TRADITIONAL BEST』は、ATSUSHIが“日本の心”という想いを込め、愛を込めて歌い継いできた楽曲を13曲収録予定とのことで、自身の友人に子供が生まれた際にお祝いに贈った童謡「ふるさと」、日本歌謡の歴史的楽曲である美空ひばりの「愛燦燦」のカバーなど日本で歌い継がれてきた楽曲や、日本を代表する音楽家である久石 譲と共作した「懺悔」「天音」、天才ピアニスト辻井伸行と共作した「それでも生きてゆく」が収録される。

また、『第81回 NHK全国学校音楽コンクール 中学校の部』の課題曲として書き下ろした「桜の季節」や、EXILE AKIRAと大森南朋がダブル主演で臨み100年前の童謡誕生の史実を描いた、1月11日に全国公開となる映画『この道』の主題歌「この道」も初収録! ATSUSHIの愛と想いの全てが詰まった今作で、EXILEのヴォーカルATSUSHIとはまた違ったATSUSHIを感じてほしい。
アルバム『TRADITIONAL BEST』2019年4月30日(火)発売
    • 【CD+DVD】
    • ¥3,980
    • 【CD】
    • ¥2,980
    • <収録曲>
    • ■CD
    • ・この道
    • ・ふるさと
    • ・赤とんぼ
    • ・煌きの歌
    • ・愛燦燦
    • ・懺悔 / EXILE ATSUSHI & 久石譲
    • ・道しるべ
    • ・天音 / EXILE ATSUSHI & 久石譲
    • ・糸
    • ・それでも生きてゆく / EXILE ATSUSHI & 辻井伸行
    • ・言葉にできない
    • ・桜の季節
    • ・道しるべ -Orchestra Ver.-
    • ※収録内容は変更になる可能性がございます。
    • ※曲順不同
    • ■DVD
    • ・この道 (Music Video)
    • ・ふるさと (Music Video)
    • ・煌きの歌 (Music Video)
    • ・愛燦燦 (Music Video)
    • ・懺悔 (Music Video) / EXILE ATSUSHI & 久石譲
    • ・道しるべ (Music Video)
    • ・天音 (Music Video) / EXILE ATSUSHI & 久石譲
    • ・それでも生きてゆく (Music Video) / EXILE ATSUSHI & 辻井伸行
    • ・桜の季節 (Music Video)
EXILE ATSUSHI

OKMusic編集部

全ての音楽情報がここに、ファンから評論家まで、誰もが「アーティスト」、「音楽」がもつ可能性を最大限に発信できる音楽情報メディアです。

連載コラム

  • ランキングには出てこない、マジ聴き必至の5曲!
  • これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!
  • これだけはおさえたい洋楽名盤列伝!
  • MUSIC SUPPORTERS
  • the Homeground
  • Key Person
  • 気になるワードでディグる! 〇〇なMV

ギャラリー

  • Tsubasa Shimada(PRIZMAX) / 「Wet Crate」
  • SUPER★DRAGON / 「楽楽★PAINT」
  • Yun*chi / 「Yun*chiのモヤモヤモヤ」
  • OLDCODEX / 「WHY I PAINT ~なぜボクがえをかくのか~」
  • 魔法少女になり隊 / 「魔法少女になり隊明治のあったりなかったり」
  • みねこ美根 / 「映画の指輪のつくり方」
  • 嘘とカメレオン / 「猫を抱いて蝶と泳ぐ」
  • エドガー・サリヴァン / 「東京文化びと探訪」